Atomを選ぶ人とRSSを選ぶ人の差

O’Reilly Radar > It turns out RSS and Atom really are differentは、O’Reilly Radarにおいて、RSSフィードを読んでいる人とAtomを読んでいる人の動きの差、という記事です。

結果を見ると、RSSで読んでいる人は「Google MapとYahoo! Traffic Back Online」とか「AppleとIntelのウワサについての面白い対談」のような大きなトピックを扱った話題を読むのに対し、Atom利用者は 「Ruby on Rails, and the Rails Beta Book」のような専門的な話題を読む、ということになっています。 その結果については、英語圏でのRSS購読サービスの挙動やらシェアやらが分かりませんので何とも言えないのですが(bloglineでAutoDiscoveryされるのが、Atomだったり)、コメントを見ていて気になったのは、例えばMatthew Gifford氏の2005 08:32 AMの発言の “RSS1とAtomのユーザとRSS2のユーザの層が違うのは、別に驚くようなことじゃないと思う。

それを調べようとすることは有意義なことなのに、子供じみた政治的言い争いになってしまっているのは残念” とかでしょうか。

RSSユーザとAtomユーザの対立が、”Politics”だということです。

RDFか否かの2種類の差は、ただフィードを読んでいるだけでは差を全然感じないのですが、どうも開発側では色々と有る様子(あまり差が無いから政治的なものになっているのかもしれませんが)。

[参考リンク]

1)Atom – RSS改訂の試み

Webコンサルタント中山陽平公式サイト お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム

One Response

  1. の使い方 2010年5月30日