NewImage

みなさんは、コンテンツが大事、中身が大事、大事なのは文章だと言われたことはありませんか?

または「デザインは化粧のようなもの、中身が伴っていないと意味が無い、まずは中身だ、文章を書こう!」と教わったりしていませんか?

結論からお伝えするとコンサル経験上、それは間違っています…。

Podcastでもお伝えしているのですが「デザイン」つまり「見た目の印象」というのは、成約率に大きく影響します。

なぜなら…というとその理由はたくさんあるのですが

  • デザインが一定のレベルより悪いと吟味の段階で「足切り」にあってしまう
  • デザインがしっかりしていないと、目的のページにユーザを連れていけない
  • そして「お客さんは自分が思っているレベル・姿のホームページからしか購入しない、なぜなら不安を感じるから」です。

つまり「足切りにあってしまう」のです。

今回は、それを解消する「バナープラス」というツールをおすすめします。

NewImage

足切りにあうとはどういうことか?

まずは以下の画像をご覧下さい。これは検索エンジン経由(SEO)でのユーザの心理と行動を表したものです。

NewImage

この左から2つ目、これが「足切り」です。

自分が検索している時のことを思い出してみてください。検索結果に出てきた全てのサイトを片っ端から見ていますか?見てないですよね。

それはあなたが「無意識の足切り」をしているからです。

無意識の足切りに大きく影響するのが「デザイン」

この無意識の足切りに大きく影響するのが「デザイン」なんです。どんないいことを書いても、正しいことを書いても、デザインという印象で決まってしまうのが現実です。

だとしたら、以下のことがいえます

「ちゃんとデザインをまともなレベルまで引き上げたら効果が出る」

なので、デザインは大事なんです。言い方は悪いですが、いかにも老舗っぽく木目などを多用した外観のラーメン屋って…美味しく見えて、そしてなんとなく美味しく感じますよね。それと同じです。

しかし、デザインは悩ましい…

とはいえ、簡単にきれいなデザインが作れるわけではありませんよね。私のコンサルのお客様もみなさんそうです。

私自身は、もともとグラフィックデザイナーからこの業界に入ったので、ブログからPodcastから動画から全部自分で作っています。

これは、自分で言うのもなんですが大きな強みです。なぜなら、

  • 作りたい時に作りたいものが作れる(スピード対応)
  • 費用が最小限に抑えられる(経費圧縮)
  • 納得行くまでトライ・アンド・エラーできる(PDCAの速度)

からです。これって、マーケティング的にものすごく強いですよね。

元デザイナーでなくても実現できる方法がある

結論から言ってしまえば、ソフトを使うことです。

えっ…Photoshopとか覚えるの…高いし大変だよ…と思った方、ちょっとお待ちください。そうではないです。もっともっと「簡単で」「安価な」ツールが有るんです。

それが「バナープラス」です。SEO系では有名なWEBライダーさんが開発したカクヤスツールです。

NewImage

これの素晴らしいところは、バナーの作成機能が使いやすいという点以外にもう一つあります。それは「素材がもともと盛り込まれているということ」それから「文字などの装飾が簡単にできるということ」です。

バナー作成サンプル

まずこのサンプルをご覧下さい。こんなものが、PCではOfficeくらいしか使えない方でも簡単に作れてしまうんです。こんなことができたら、とても楽しいと思いませんか?

NewImage

実際、見た目どんなに違うのか?

実際、以下の対比画像をご覧ください。きっと、画像によってどれだけ「クリックしたくなるか」が変わるのかを実感して頂けると思います。

NewImage

誘導画像でもヘッダーなどの画像でもクオリティが大事

これは、上記のようなバナーもそうですし、それからブログや各ページに仕込むアイキャッチ画像やヘッダー画像も作ることが出来ます。

今までは私はお客さんにはPowerPointのスマートオブジェクトやKeynoteのエフェクトを使って、それっぽいものを作ってもらっていました。

でもこのバナープラスのほうが全然いいので、今はお勧めしています。実際、使いやすくて便利だという声を頂いています。

ぜひ、ページを実際に見て、便利さや素材などをチェックしてみてください。

自分で画像を作れるようになると、PDCAサイクルはかなり加速します。

バナープラス」おすすめです!

NewImage

このツールで、お客さんを連れて行きたいページに連れていけるようになった、あるいはサイトの滞在時間が増えてコンバージョン率改善につながった事例もあります。ぜひ、一度使ってみてください。費用対効果やバナーのレベルが低いことに寄る機会損失を考えると、安いなと思う次第です。

私もコンサルの中では、私がバナーを作って張り替えてもらったりもしています。誘導率は簡単に2−3倍などになります(ひどいバナーだった場合特に)

追伸:今ならオンラインマニュアルと、バナーってどうやって考えたらいいの?という方への「バナー制作マニュアル」もついてるようです。親切です。