ビジネスパーソンなら気をつけたい「ツイート内容」×5

DreamGrowに、ビジネスパーソンだったらこういう点はツイートしない方がいいよという記事がありました。

厳密には「ビジネスパーソンだったら」というのは私の意訳なのですが、そういう切り口で捉えるのがいいのではと。

元記事はこちらです。

▼Your Twitter Use and Your Career | DreamGrow Social Media

20130130_business-twitter_img

項目は以下の5つです。少しコメントを付記しました。

  1. 宗教や政治などナイーブな問題は軽々しく口にしない。
    それ以外も「闘犬」などで動物愛護団体から批判を受けた例も。行うなら、そういった反応も予測して、ビジネスインパクトも予測して行う必要性。特に経営者層。いわゆる「炎上」へ。

  2. 上司についてツイートしない。
    外から見ても良い気持ちはしない、内側から見てもなおさら。

  3. 労働条件についてツイートしない。
    行うべきは内部で何をすべきか。内容によっては問題化することも多い。

  4. 無闇にTwitter上の戦いに参加しない。
    不毛な議論にわざわざ入り込む必要は無い。時間は限られている。

  5. 散らかった洗濯物を公開しない。距離感を大切に。

キーポイントは「結果の想定」と「距離感」

どれも「結果の想定」と「距離感」がキーポイントかなと思います。結果の想定については、自分のツイートがどんな結果を呼び起こす可能性があるかを、常に想定する癖をつける、また、問題になっている事件からNGポイントを知るといったことがあげられます。

「距離感」ですが、これが大切だなと思っています。

TwitterもFacebookもGoogle+も、相手との距離が遠いようで近いという、非常に微妙な距離感があります。

海外ではビデオチャットなど一般的なので、顔を見て声を聞いてとなると、ある程度相手の心持ちを考えられるのかもしれません。しかし、文字だけのつきあいがほとんどになりがちな日本では、なかなかそうはいきません。

「距離感」を理解するというのは、リアルの世界の営業なども含めて非常に大切ですよね。5番の「散らかった洗濯物を公開しない」というのも、相手との距離感を誤っている例です。

散らかった洗濯物という、相手の生々しい体に近い物体は、距離感が遠い相手にとっては「なんでそんな物見せるの」となります。逆に、例えば夫婦だったり親子だったり恋人同士であったり、距離感が近い相手にとっては「そんなの隠すなんて水くさい」という話になります。

距離感を誤ると、不快感を与えます、よね。

ソーシャルメディアで難しい点の1つがここです。先日動画セミナーも公開しました。

 

 

よろしければご覧下さい。

それ以外の動画はこちらから「WEB戦略オンライン|セルフデザインホールディングス

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム