企業のHP制作やネット活用なら、Webコンサルによる分析提案から制作・運用までの幅広いサービスが最適です。

Web活用の基本

代表中山陽平ブログ「苦手意識を無くせばWeb活用はうまくいく!」

弊社では主に「がんばる中小企業」のWeb活用をサポートしています。今の時代、第3者である、制作会社や代理店におまかせでは勝てません。同じような商品・サービスが溢れる中、選んでもらうためのコンセプトを立て、それを実現するためにネットもリアルも総動員しながら戦う必要があります。

みなさんが世の中に・自社の従業員に実現したい幸せや提供価値を、しっかりと実現していくためには、みなさん自身が主役になり、私達のような専門会社が側面支援するのがベストです。

このブログでは御社が中心となってウェブ活用できるヒントを配信しています。お悩みの方はお気軽に問い合わせフォームからご相談ください。

最新の記事一覧

Web活用の基本

Web活用で陥りがちな罠「情報収集満足病」を避けて、着実に前に進むポイントとは?

何事も最初の一歩、創造するフェーズが最も難儀であるという意味で、ゼロ→イチ(0→1)が大変だと言われます。 これは中小企業・小規模事業者のWeb活用においても同様です。 いかにして、ゼロからイチに持っていくかは、挫折するかしないか、反響獲得などの目指す目的達成まで持っていけるかど...
Web活用の基本

【コラム】手段を10%洗練させるより、お客さんを3%でもいいから深く知った方が成果は出る

マーケティングの世界というのは、自分で決めない限り明確なゴールはありません。ラスボスもいませんし、何かをコンプリートできるわけではありません。 もっともっと良い成果をと、上を向いてひたすらに頭に汗をかいていくしかない世界ですね。これはマーケティングに限らずビジネスの世界全般に通じます。 ...
Web活用の基本

HP改善失敗の2大要因は「改善が定義されていない」「CV数だけ見ている」だと考える理由

ホームページ経由で問合せなどの成果を得たい、だけれどもなかなか成果が出ない…ということは、どんなサイトでも一度は経験することです。 どうしたら成果につながるか。これは一言でいえるものではない難しい問題です。 そんな時、まず最初に行うべきことはなにか?どこから始めるのが効果的なのでしょうか...
Web活用の基本

実践で役立つペルソナの作り方で重要な「一人称設定・具体化・フロー」

ペルソナは役に立つ、役に立たないのはやり方が悪いからだ、あるいは、役に立たない、ただのキャラ作りになってしまうから、時間の無駄だ…。マーケティングにおいて賛否両論・多種多様な意見がある物の1つが「ペルソナ(PERSONA)」作りです。
Web活用の基本

20万件のユーザーテストから導かれた、Webサイトのユーザビリティを悪化させる7大項目

リモートユーザーテストサービスの提供者として大手であるUserTesting.comが、20万件のユーザーテストのビデオを実際に見てはじきだした「ホームページのユーザビリティを悪化させる7つの項目」をSlideShareで公開しています。 ホームページのユーザビリティは大事です。なぜなら ...
Web活用の基本

【TOP6】ユーザにとって魅力的なWebサイトを作るための「制作の6ステップ」とは

ホームページが、生き残るためにやはり重要なのは「買い手(ユーザ)にとって魅力的かどうか」 もはや競争が全くないマーケットを探すのは至難の業、自分でブルーオーシャンを作り出していくしかありません。しかし、そのブルーオーシャンも、きちんとした参入障壁を考えずに始めると、あっという間にレッド化で...
Web活用の基本

あなたのWEBサイトがうまくいかない…その理由に気付くための4つの質問

「今は、インターネットを使って商売をすることができる時代だ、だからうちもネットを使って商売を加速させるぞ!」と、鼻息荒く始めたものの、その思いも虚しく成功しないケースは少なからずあります。むしろ成功するケースの方が少ないかもしれません。 それはなぜなのでしょうか。
Web活用の基本

そのFAQページ、ただ質問に答えるだけで終わってはいませんか?

恐らくどのサイトにでも有るであろうFAQページ。「よくある質問」ページという名前になっているかもしれません。 今まで問い合わせがよくあったような質問について、回答が並んでいるのが一般的な形式です。 しかし、FAQページというのは、本当にそれでいいのでしょうか。
Web活用の基本

サイトの回遊率・離脱率改善の第一歩は「行き止まり」を無くすところから

まず、サイトの改善を考える時に、大きくそれは3つの方向性に分かれます。それは 頭:ランディングページ(直帰率軸) お腹:キラーコンテンツを中心としたサポートコンテンツ(離脱率・回遊率軸) お尻:コンバージョンページ(CVR軸、あるいはコンバージョンページの離脱率) です。...
Web活用の基本

【成功事例】分かりづらいサービスを、見せ方を変えることでCVRを311%アップさせられた理由とは

StatusPage.ioというサービスがあります。 このサービスは、サーバが落ちた時に利用者との窓口となるような場所を作るサービスです。 ホームページからのサービス申し込みが主な顧客獲得手段です。 そのStatusPage.ioが、コンバージョンレートを約3倍(311%)にした事...