国内・海外のWeb活用・ウェブマーケティング情報を2004年から10年以上発信中。Web戦略からSEO・コンテンツ作成・SNS・HP制作ノウハウ・SNSなど幅広く公開しています。実践したノウハウはコンサルや制作に注入。

カテゴリー: ホームページ作成・運用

第4回:集客につながるソーシャルメディアの使い方(弥生マルシェさま寄稿)

弥生会計さんのメディア「弥生マルシェ」さんでのインタビュー記事第4回です。今回は、非常に悩ましいソーシャルメディアについての話題です。 ソーシャルメディアに対する態度は二極化する傾向があります。1つは「万能・打ち出の小槌感」もう1つは「商売には役に立たない」です。どちらかが正しのでしょうか。

「失敗しない中小企業のHP作り」弥生マルシェ連載第3回

弥生会計さんのメディア「弥生マルシェ」さんでのインタビュー記事第3回です。 今回はSEOです。SEOはなかなかスッと説明するのが難しいのですが、今回は何より「良く分からない方にまず、大枠を知って頂く」ことを目指してお伝えしています。根本的な考えについておさえておきたいかたはぜひ!

Webサイトの構成とコンテンツを考える際、認知心理学的に押えたいポイント

広告などで、クリックはされないが何度も表示されていればきっと、頭に染み付くだろうという考えかが有りますが、どうやらユーザーテストなどを繰り返した結果、それは「興味を持たない」というよりは、もっと残念なことに「認知のレベルで脱落している、つまり「気づかれていない」かもしれません」

アクセス減をGoogleのせいにする前にチェックしたい5項目

アクセス数が急に減るとどうしてもすぐ疑ってしまうのがGoogleのアルゴリズム変更などです。確かにアルゴリズム変更によって急激に検索流入が変化することは多々あります。しかし、そんなに大きな変更はそれほど頻繁にはありません。多くの場合他に原因があります。

デザインやレイアウト変更後にテストを行うことのマーケティング的重要性

デザインでもレイアウトでも他のマーケティング施策と同様に、「テストをする前提」で変更することが重要です。伝統的なデザインを取らない時はユーザーテストやヒートマップなどでスプリットテストを行うことをお勧めします。具体的に、問題点を抱えたサイトと解決案をご紹介します。

トータルでマイナスにならないために…A/Bテストを行う際に押さえたい4つの考え方

ウェブサイトの改善を行う際に、敷居が低くかつ効果を上げやすい手法の1つに「A/Bテスト」があります。しかしこの方法も、きちんとポイントを押さえないとトータルでマイナスになってしまうかもしれません。それを避けるにはどうしたらいいのでしょうか?

【TOP6】ユーザにとって魅力的なWebサイトを作るための「制作の6ステップ」とは

買い手に寄り添えるサイトを、サクサクと作れるかというと、そこにはやはりノウハウやノウホワイというものがたくさんあります。そんなサイトを作るためにおすすめの「6つの」制作ステップ、具体的にはユーザテストを組み入れたステップをご紹介します。

GoogleDocsのフォーム機能は、マーケティングに使ってはいけない

Googleドキュメント(Googleドライブ)のフォーム機能はとても便利。しかし、注意していただきたいのは、Googleドキュメントのフォームは決して「マーケティング向きではない」という点です。使っているとしたら今すぐ見直しをオススメします。いったいどういうことでしょうか。

Googleの著者情報でむしろクリック率が悪化した?人間心理と色彩理論から考えるポイント

Googleの検索結果に表示される「著者情報」これは重要です。しかし、ただ設定するだけだとむしろ検索結果からのクリック率が悪化してしまう事例があります。それはなぜか。人間心理と色彩理論がポイントです。

WEBサイト改善に役立つ「ユーザーテスト」は【競合】の観点を入れることで本領発揮する

ウェブサイトの改善を進めていく際に、アクセス解析のデータからの改善以外にも、ぜひ使っていきたい手法の1つが「ユーザーテスト」しかし、ただ行うだけだと効果が出ないことも。マーケティング目的なら押さえるべき1つのポイントが有ります。

【背景】Googleの完全SSL化でキーワードが全部(not provided)になると何が問題なのか?

Googleの検索が完全にSSL化され(not provided)だらけになるのは、早ければ11月頭のようです。そうなった時、キーワードごとのLPの改善などは、できなくなります。ではそれは完全に不可能になるのでしょうか。というと、今まで通りとは行きませんが、手段はありそうです。

サイトの回遊率・離脱率改善の第一歩は「行き止まり」を無くすところから

サイトのコンバージョンレート改善、その一端として「手をつけやすく」「仕組み化しやすい」ものとして、回遊率の改善と離脱率改善につながる「行き止まりページの排除」について、そのやり方と背景を。

サイトの品質管理に便利、GoogleAnalyticsだけで「サイト内のリンク切れ急増」を自動通知させる方法

まだまだ、CMSではなくいわゆる昔からのWEBサイトで運用するケースもあるかと思います。そんな時にサイトのリンクチェックを自動化するためにはどうしたらいいか?GoogleAnalyticsだけで実現する方法をご紹介します。

信頼されるWEBサイトを作るためにまず押さえるべき「信頼の4分類」

どんなWEBサイトであっても「信頼感」はとても大事ですよね。その信頼感を醸成していくときに押さえておくと違うポイントがあります。それは、そもそもの「信頼感」は実は4種類に分けられる。その上で「どこを上げていくか」がカギだということです。今回はその内容をお伝えします。