国内・海外のWeb活用・ウェブマーケティング情報を2004年から10年以上発信中。Web戦略からSEO・コンテンツ作成・SNS・HP制作ノウハウ・SNSなど幅広く公開しています。実践したノウハウはコンサルや制作に注入。

カテゴリー: Web戦略全般

Webコンサルタントは成果を上げるために「Web」を外す必要がある

認知というか検索数の関係で私もしばらくは「Webコンサルタント」と名乗りますが、アクセス解析がウェブ解析になりただの解析(アナリティクス)と自らの定義を変えていったように、WebマーケティングもWebコンサルティングも、Webという言葉を外す時期に来ているという実感です。

Web活用できる企業になるための無料ガイドブック配布開始しました

【無料ダウンロード可能】ネットで情報収集はするが量が多すぎて優先順位づけと実行可能性の面で悩んでいる、企業経営者・Web担当者の声をよく頂きます。短期的目線の細かいノウハウではなく、経営者目線で見た中長期的な視点での体制の作り方について、約15,000文字でまとめました。

【コンテンツ作成】日本語に対する感性が企業に与える影響について

結論から言えば、自ら情報を出して顧客接点を持つのは当たり前、その上で、企業内には一定レベル以上の日本語力と言葉の感性を持った「情報発信の種」となる人間を育てる、あるいは採用することが必要です。では具体的にはどういうことでしょうか。

「Webコンサルタントになるには?なりたい」という方へ

Webコンサルタントになりたい、あるいは将来そこに向かいたいという方にご相談されることは少なくありません。企業のWeb活用をサポートする方々が増えることは、とても重要なこと。だから、とても素敵な流れです。今回は、この商売につく前に考えて頂きたいことについて書きました。

Podcast第82回公開しました – なぜウェブで成功できる企業は一握りなのか?についてです

まだまだウェブを活用し成果につなげられている企業は一握りです。ではなぜそうなのでしょうか。それはヒトモノカネなどの問題以前に1つ大きな考え方の問題があるからです。これに気づかずに流されていると、一部の企業が勝ち続ける世界は変わりません。ではそれはいったいなんでしょうか。

地域商圏・ローカルビジネスがリンクを獲得するための3つの方向性[SEO]

SEOにおいて外部リンクの獲得は重要ですが簡単ではありません。特に地域商圏・ローカルビジネスではなおさらです。また、ちまたのメディアで記事になるようなやり方は、専門人材・捻出費用があることが裏の大前提になっているものも多いなと感じます。そこで今回は、ローカルビジネス向けのリンク獲得の方向性について3つの指針をお伝えできればと思います。

実践で役立つペルソナの作り方で重要な「一人称設定・具体化・フロー」

ペルソナは役に立つ?役に立たない?ただのキャラ作りになってしまうから、時間の無駄だ…。マーケティングにおいて賛否両論・多種多様な意見がある物の1つが「ペルソナ」作りです。結論としては「意味のあるペルソナを作れば、意味がある」と考えています。つまりは作り方と意識の持ち方の問題。では、具体的に何を考えれば良いのでしょうか。

[Podcast第81回]:マーケティング・オートメーションツールを導入するタイミング

MAに関わらずツールという物は、「ツールを使おう」から入ると失敗するケースが多いです。そうではなく、マーケティングを回していて出てきたニーズを解決する物として「ツールに出会う」という流れにしないと、ツールに使われるか、あるいは使いこなせないまま終わる事が少なくありません。

カスタマーエクスペリエンス向上は白昼夢からは生まれない〜6社のトップが語るポイント

カスタマー・エクスペリエンス(CX)は様々な文脈で語られますが、セールスとマーケティングの中でも重要な存在です。なぜなら、カスタマー・エクスペリエンスの向上は、営業コスト削減と利益アップのために有効だからです。ではどうすればいいのでしょうか?今回「UserTesting社」のブログからエッセンスをご紹介します。

パーソナライゼーションの成否は「ほど良い距離感」を取れるかで決まる

今やマーケティングにおいては、様々な場所でパーソナライゼーション(パーソナリゼーション)が行われています。ただ、パーソナライゼーションは一歩間違えると悪感情を抱かせ、販売に対してマイナスの影響を与えてしまうリスクも秘めています。では一体どういうことに気をつければ良いのでしょうか。

2016年版:SEO入門者むけナレッジチェックリスト「64項目」

Webマーケティングを行う上で、避けては通れない重要なものの1つがSEO(検索エンジン最適化)です。今回はSEO入門者の方向けに「これ知っていますか?」というリストをご紹介します。調べてみて「こんなものがあったのか」という発見と気付きにつながれば幸いです。

コンサルで「差別化ポイントってなんですか。強みってなんですか」と安易に聞くことの危険性

お客さんのマーケティング、コンサルティングでWebサイトを作るとか、ランディングページを作るとときに、お客さんの方から色んな情報をもらおうとします。そのときに安易に「差別化ポイントってなんですか。強みってなんですか」とポンっと聞くんですね。この考え方は危険です。ではなぜでしょうか。