コンテンツはなぜ重要か

今や、WEB戦略・WEBマーケティングにおいて「WEBコンテンツ」を作れるかどうかは非常に重要なスキルになりました。

例えば、集客の観点でも、コンテンツは重要です。なぜなら、大きな集客手段である検索エンジンは、検索者にとって「有益なコンテンツ」を検索結果の上位に出そうとするからです。誰の役にも立たないようなコンテンツでは、なかなか集客できないのです。

また、今はTwitterやFacebookといったSNS(ソーシャルメディア)の動きも見逃すことはできません。ソーシャルメディア上で話題になったサイトや商品・サービスは一気に認知度があがり、サイトへのアクセス数も増えます。この時もやはり重要なのは「コンテンツ」。ソーシャルメディア上で話題になるようなコンテンツが必要です。

見込み客育成の観点でも、コンテンツは重要です。なぜなら、お客さんは様々なコンテンツを吸収して、あなたの商品の質を判断したり競合との比較をしているからです。

コンテンツとは何か?

コンテンツという言葉は漠然としてます。実際、明確に「これがコンテンツだ!」と決められるものではありません。

それではなんなのでしょうか。簡潔に言えば

「コンテンツは、WEB上でコミニュケーションする手段」

です。電話・メール・手紙・会話・チャット…そして、WEB上では主にコンテンツで私たちは相手と対話します。

特にビジネスの場合それは顕著です、殆どの場合「コンテンツ」を通じて、買い手と売り手はコミュニケーションを取ります

コンテンツを通じないコミニュケーションは、電話問い合わせや問い合わせフォームなどくらいです。

今や買い手は様々なコンテンツを通じて、売り手の事を知り、競合他社との比較を行い、そして購買やサービスの申し込みなどに至ります。コンテンツを通じて、私たちはお客さんと繋がります。

コンテンツの品質=コミュニケーション力

コンテンツの質が悪かったら、自分たちが提供している商品やサービスの情報を、できるだけ正しく相手に伝えられていないとしたら、それは売り手としても買い手としても不幸せなことです。そして売上にもつながらないでしょう。情報を伝えるコンテンツの質が悪かったり、あまつさえ間違っていたり、さらには「コンテンツが存在しない」のなら、どんなに良い商品やサービスでも、その価値は相手には届きません。

コンテンツの品質は、現実世界で言うコミニュケーション力です。

ただコンテンツを作ればいいというものではない

従って、コンテンツを洗練させることは、すなわち、お客さんとのコミュニケーションを最適化するということです。

何も考えずに作られたコンテンツは、意味が無いどころかノイズになってコミュニケーションの邪魔をします。

リアルの世界のコミュニケーションを想像してみて下さい。「好きなタイミングで」「好きな事を」「好きなだけ」「好きな人に」話せば、それでコミュニケーションになるでしょうか。

ならないですよね。

 

WEBの世界でもそれは同じです。コンテンツも

  1. 「適切な内容を」
  2. 「適切なタイミングで」
  3. 「適切な相手に届ける」

少なくともこれを考えて作らなければなりません。

相手のことを考えて適切な「コンテンツ」を作ることが大事

そしてその前提として、

  • ターゲットは誰で、どんなニーズやウォンツを抱えていているか把握し
  • そのニーズやウォンツを満たしていくまでに、買い手はどんな思考のステップを踏んでいるかを理解

することが必要です。

マインドフローコンセプトダイアグラムに通ずる部分です。

また、ターゲットとする買い手が「どんなコミニュケーションを普段しているのか」「どんな方法で情報を得ているのか」といった事を知ることで、自分たちの情報をうまく「見つけてもらう」というインバウンド・マーケティングにもつながっていきます。

相手のことをいかに考えきれるか。そして、これはビジネスですから、マーケティング的にお客さんのことをきちんと把握して、その上で適切な内容を、適切なタイミングで、適切な相手に届けられるか、ということが大事です。

「コンテンツが大事」なんて今に始まったことではないよね、という声に対して

コンテンツが大事ということは、決してここ最近始まったことではありません。インターネット黎明期からすでにコンテンツによって、見込み客を集めて育成し、販売に至らせるビジネスモデルを組んでいるところは、ありました。

前職、10年近く前から、私自身も完全インバウンドな集客に関わってきているので、それは実感として分かります。

しかし、Googleの変化や買い手のリテラシや購買行動の変化によって、過去の何十倍もコンテンツの重要性は高まっています。もっともっと見つめなくてはいけません。

「コンテンツ・マーケティング」「コンテンツ戦略」という言葉は適切か?

コンテンツ・マーケティングやコンテンツ戦略という言葉は、解釈が2つに別れる言葉です。

その主な原因は「コンテンツ・マーケティングやコンテンツ戦略」という言葉の曖昧さにあるのではと思っています。

  • コンテンツを使ったマーケティングなんて昔からやられているじゃないか
  • 何をやるにしても、コンテンツが介在するのは当たり前じゃないか
  • コンテンツだけではどうしようもない、サーチマーケティングやソーシャル・マーケティングの様なものがあって、その中でコンテンツを使っているだけだろう

どれも、その通りだなと感じます。

2011年末「コンテンツ・マーケティング」という言葉がまだ日本で有名ではないころに、コンテンツの重要性がこれからはより増していくと思い、専門サイトを立ち上げました。その時も作りながら同じ事を思っていました。これは今に始まったことではないよね、と。

コンテンツはそれ単体では力を発揮しないので、例えばサーチマーケティングやソーシャルメディアマーケティング、メールマーケティングなどと同列に語るのはおかしいです。

また、コンテンツ戦略やコンテンツマーケティングはどうしても「流入メディア」を想起させてしまいます。

しかし、

  • コンテンツの重要性はどんどん増していく
  • 昔以上に「コンテンツ」そのものの作り方や使い方のノウハウが必要とされる
  • 他の様々なマーケティングを横断する存在として、他のマーケティング手段とはある程度独立した形で「コンテンツ」のノウハウが蓄積されるべきでは

と思っています。

従いまして、「コンテンツ戦略」というより「戦略的コンテンツ制作が需要だと思っています。

このノウハウ集もその思いでまとめています。

 海外の動向は引き続きチェック

とは言え、海外での「content marketing」の検索数はどんどん伸びています。目の前の事実は事実として捉えるべきだと思っています。これからもチェックしていきます。 

というわけで、コンテンツを作るにあたって、特定のマーケティング手段との辛味ではなく純粋に「WEBコンテンツ作成」のノウハウをまとめました。この連載がお役に立てば幸いです。

この特集内のコンテンツ一覧

その他

その他のコンテンツ