ECサイトでのモバイル利用は増えるもCVはまだまだデスクトップ

ecommerce-top-traffic-is-mobile

GoogleのMobilePlaybookからモバイル対応表示、そしてモバイルフレンドリーアップデートといった流れも示す通り、Webにアクセスするデバイスとしてモバイル端末(スマートフォン・タブレット)の利用率は上がることはあれど、下がることはありません。国によってはほとんどがモバイルというケースも有ります。

ただ、だからといって、購買フローの頭からおしりまで全てがモバイル端末で行われるかというと、やはりそうではないようです

この点に関して、アメリカeMarketerに、レポートが有りましたのでご紹介します。

概要としては「トライフィックデバイスとしてはモバイルがデスクトップを脱いた、しかしコンバージョンデバイスとしてはやはりデスクトップが優勢だ」という内容です。

以下のチャートをご覧ください。

NewImage

元記事はこちらです。

▶Mobile Pushes Past Desktop for Ecommerce Site Traffic – eMarketer

データの詳細を抜粋すると

  • モバイルデバイスが2014年の5月から1年間でデスクトップを除いてECサイトのトラフィックの一位に踊りでた
  • 主要因はスマートフォンによるトラフィックの増加
  • タブレットはむしろ減っている
タブレットの使われ方が、どちらかというとデスクトップよりな気はしていますが、いわゆるパソコン以外の端末からのトラフィックが増大している傾向はやはり止まらないようです。

コンバージョンデバイスはデスクトップ

しかし、元記事にはコンバージョンについても言及されております。それは

  • 収益発生デバイスとしてはモバイルはまだまだ少数
  • 2014年5月から1年間でモバイルからの収益は23%→27%にあがったのみ
  • 2015年5月のBrandingBrand社の発表によると、デスクトップはECサイトの収益3,663,000,000ドルの内、73%を占める
という状態。まだまだ実際に購買を行うデバイスはデスクトップです。

実際、自分が使っているところを想像すると、マルチデバイスが前提にはなりますが、初期段階でモバイル最終的にはデスクトップという流れが多い印象です。

これは業種業界等によっても異なる部分は当然有ります。

しかし大事なのは、自分たちが目前にしている潜在客・見込み客・初回客・既存客が、

  • どんなシチュエーションでどんな気持ちでいるか考え
  • どのデバイスからアクセスしているか想定し
  • それを前提にした時に、いったい買い手に何を見せればいいかを考える
  • 仮説を立て、出す情報を厳選する

という、考え方です。

これはホームページ上でコンテンツを活用して購買フローの後押しをする際の鉄則でもあります。各プロセスの段階ごとに買い手が必要とするコンテンツを、買い手が最も吸収しやすい形で提示できるかどうか、それが非常に重要です。

モバイル対応は銀の弾丸ではない

モバイルが強くなった強くなったと言われますが、だからといってモバイル対応させればその分アプローチできるマーケットが広がるわけではありません。即座に収益につながるというわけではありません。

あくまで、買い手の購買フローをもっと幅広くサポートできる土台ができた、位の感覚で捉え、モバイル対応は本当に出発点にすぎないと考えることをお勧め致します。

ただホームページ(ホームページ)をモバイル対応させるだけで、大幅に売上が伸びるということは、ほとんどありません。それは、手段でしかないですよね。

いかにしてそれをうまく使うか?を考え、そしてやっぱり最後は、買い手の立場で考える、それを徹底していくことが重要です。

この記事がご参考になれば幸いです。

 

Photo by Flaviz Guerra

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム