「どうしたらいいのか分からない中小企業・小規模事業者の方々、まずはお気軽にフォームからご相談下さい」

営業をかけられたときの判断基準が分かりません

Web会社の売込み営業の良し悪しが判断できない 全ての営業が悪いわけではありません。良い物・今は不要 そもそも不要など、自社の状況をもとに決めるべき。 安易に受け入れるのも、全てを一律断るのも良くない。 今は不要でも、良さそうならリレーション保持も大事。

巷では電話営業をするウェブ会社はダメだ、ですとかリアル系のアプローチを毛嫌いするムードがあります。

しかし、あれはあくまでIT・Web業界という「電話が苦手」「電話ではない方法でないと解析できない」などの理由もあり素直に受け取って良いものではありません。

色々なタイミングで営業は受けるものです。電話営業やFAXだからといって全てが悪いわけではなく、良い物もあるので一概に判断はできません

ダメな物ももちろんあります。また、良い商品でも今不要なものもありますので、きちんと吟味が必要です。また、良いサービスなら今は不要でも将来のことを考えて、情報提供だけ受け続けるなどリレーションを作っておくのも重要です。今だけ見ると失敗します。

とは言え、業界の状況を把握できるようになると、なぜその営業が来たのか、裏にどんなサービスが控えているのか、不要か必要か、いくらまでなら払ってもいいかなど判断がつくようになります。

そのためには、営業の収支構造や、いくらまでなら販促に使って良いのか、社内の人員の余剰状況などもある程度知っていないと行けないため、そこを見据えて年単位で育っていく道筋を想定して頂ければと思います。

お勧めの解決策

  1. コンサルサービスをお使い頂き、何かあればいつでもご相談下さい。
  2. ヒアリングさせて頂き、必要不要をアドバイス致します。
  3. 場合によっては、御社に代わって、外部担当者として直接やり取りします(弊社のような企業がいることが分かれば、以後同様の営業が来づらくもなります)

日々、たくさんの方々のご相談に乗っています

お問合せはこちら
お問合せはこちら

こちらのコンテンツもご覧下さい

eラーニングのススメ

eラーニングメソッドの中でもコンテンツとその周辺について詳しく解説しています。ぜひご覧下さい。ウェブ活用全体について、実際に中小・小規模事業者の方々へのコンサルティングのベースになっているノウハウを動画で配信しています。

ご検討のために音声セミナーを

Webコンサルタント中山陽平の「中小企業を強くする」実践ウェブ戦略Podcast

iTunes公式ディレクトリ他でも配信している無料音声セミナー(ポッドキャスト)でもコンテンツに関して扱っています。まずはコンテンツ関連の回から、そしてその他の回もぜひチェック下さい。

このホームページをフォローする
中小企業むけWebコンサルティング会社【株式会社ラウンドナップ】
タイトルとURLをコピーしました