企業のHP制作やネット活用なら、Webコンサルによる分析提案から制作・運用までの幅広いサービスが最適です。

Webの場合競合調査にはどんな方法がありますか?

ウェブで販促を行う場合は競合調査はどんな方法がありますか?

一般的にマーケティングで使うフレームワークをそのまま使えます。例えば3C分析などです。ただ、オフラインの世界と異なり実際の姿が見えないので、そこを補完するために、実際に店舗に赴くなどの補足をすることをお勧めします。

Webマーケティング、ウェブでの販促というとデータを見て何かやる印象があるかも知れません。しかし実際としては通常のマーケティングと同様です。

フレームワークとしても、競合調査であれば3Cがまず使われることが多いですが、それ以外でもマーケティングミックスの4PやSWOT分析、PEST分析などのマクロも使いながら戦略を立てていきます。

しかし、往々にしてデータだけ見ていると頭でっかちになってしまい、自分の考え方の偏りに気付けなかったり、ハッとするような発想ができないことがしばしばあります。

そこで私は、実店舗調査など、できるだけ目で見て体感して得られる情報を追加して、その上で戦略や戦術を考えることをお勧めしています。

それを「顧客目線での調査」として、自社も競合も体験することをお勧めしています。

どういう接客をされたら、どんな情報がHPにあったらいいのか。そういったところを体感することで、顧客目線に近づきます。頭で考えていると最初は難しいです。

そして、自分の頭の中にあるものを全部顕在的に言葉とか文字にする。意図的にやらない限りは気づかないことがほとんどですが、形にすると自分の思いが見えてきます。

そしてこれを、組織全体で共有されればものすごく強い。それだけ、体感してイメージできるかは大事です。

具体的な内容は、弊社のeラーニングメソッド「ラウンドナップWebメソッド」でお伝えしていますよろしければ有料ですがご覧下さい。

ラウンドナップ・Webメソッドについて →
https://www.roundup-consulting.jp/service/method-detail/

一部を抜き出した動画を公式YouTubeチャネルにアップしているのでご覧下さい。

ウェブを活用するために、お客さまを体験して顧客視点を持つ「ラウンドナップ・Webメソッド」(中山陽平)

その他のFAQコンテンツ

タイトルとURLをコピーしました