「配送無料、店舗受取」でECショップのCRが上がる。やはり強い?

20120307_ecshop_cpys.jpg

昔から広告では「マジックワード」と呼ばれる、反応をあげるために鉄板になっている言葉があります。ECサイト運営者2,574人に聞いた、今役に立つマジックワードを1位〜9位までご紹介します。

ちなみに"Mad Men" とは、ニューヨーク、マディソン・アヴェニューにある大手広告代理店を舞台に、そこで働く者たちを描いたドラマから取ったものです。マディソンのMadです。

今回、2574人のオンラインショッパーに対して、購買を促進しやすいであろうキーワードをヒアリングし、それを集計した記事をご紹介します。

1位から9位まで…やはり「無料」の魔力は強い

これが、グラフです。

ECサイトで購買を促進するマジックワードとは?
出展は元記事から

上から順番に

  • 無料配送:77%
  • 無料返品可能:56%
  • 店舗での返品可能:43%
  • 店でもらったクーポンをオンラインでも利用可能:41%
  • 迅速発送:41%
  • 店頭受取サービス:40%
  • 厳選された…:27%
  • サイトナビゲーションが使いやすい:21%
  • 支払い方法オプション:17%

という結果です。

大きく分けると「無料配送」「返品可能」「リアル店舗との連携」に分かれる印象です。

やはりFree!は特別だ

「普通に数値面だけ考えれば、例えば送料無料!と送料が25セント(20円)!は、大した差はないはず。しかし、感覚的には大きな違いがある」(同記事)

これは、同記事によると、Amazonが全世界で売上を伸ばしていた時、フランスだけ伸びなかったことがあったそうです。原因を考えてみると、フランスだけ最安の送料が25セントだった。

そこで他の国と同様に無料にしたら、他の国と同様フランスでも売上が伸びたそうです。

無料とそうでないの間には、どうやら大きな壁があるみたいですね。

多少安くするくらいなら思い切って無料にするほうが、効果が出そうです。

しかしFreeには気をつけるべき点もある

それは、

  • 高級ブランドは、安易な値下げやフリー商法によってブランドの価値を下げるおそれがある
  • 一度フリー商法を使ってしまうと、値段に目を惹かれるユーザばかり集まり、サービスの質や商品そのものに注意が向かなくなることがある
  • 元の値段に戻しづらくなる

です。

意外に多い「店舗受取系」

これは意外でした。特に海外は日本に比べて土地が広いので、店舗まで出向くのが大変じゃないかと思っていたからです。

しかし、意外に店舗受取などのサービスはありがたい様子。
実店舗を持っている方は、うまく在庫を連携させてやってみてはいかがでしょうか。

コンビニ受け取りもいいですね。このようなサイトがサービスとして提供している模様です。

まとめ

改めて最新の情報が見つかったのでシェアですが、やはり「無料」の響きいいそうです。

他にも、色々とあると思いますし、ECショップはコモディティ商品を主に扱っているのなら、

このようなマジックワードは、乱用すると逆効果になります、バランスを見て、リード部分にちょいちょいっと乗せるのがいいのです。

 

Photo by Renata Rocha

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム