世界一のドメイン保有数を誇る「GoDaddy」が10億ドル以上でオークションに

5年以上前から世界一のドメイン保有数を誇っていたGoDaddyが、内々でオークションに出されているようです。元ネタはこちらです。

GoDaddy Is on the Block – WSJ.com :

理由のほどは明かされていません。昨年度の収益(revenue)は7億5000万ドル~8億ドルとのこと。

損益としてどうなっていたかは分かりませんが、ドメイン商売は極端な安売りをしなければ、経費が妙にアップアップでない限りではそれなりに手元に残るんじゃないかと思います。

なので、理由が知りたいところですね。

今は4千300万のドメインを管理しているとか。これからどこが買い付けるのか、あるいは買い手が付かないのかは分かりません。

ただ、若干規模は劣りますが同じドメイン管理をやっている会社「Register.com」は1億3500万ドルで決まったらしいので、一桁違うこの価格はやはりインパクトがあります。

WebMastersWorldをはじめ、次どこが買うのか、あるいはGoDaddyのサービス品質についての忌憚なき意見が流れています。サポートがとても親切だったという声もあれば、全然ダメだったという声もあります。

それだけ利用されていた証ですね。

昔、Googleと同様に中国からサイバーテロを受けて、Googleと足並みをそろえて撤退したりということがあったので、これはGoogleが買い取るのではないかという声がありますが、私はそれはないのではないかなと思います。GoogleDaddyという名前は面白いなぁと思いますが(^-^;

理由としては

  • ドメインを売る場合どうしてもホスティングサービスも求められる。Bloggerでは弱いのでは。
  • ドメイン管理業者になったところで、特にうれしいことがない。ドメインに関する情報は公開されている物が全てであるし、その他の個人情報などについては、もともとの所定の用途以外に使えるようにはならないはず。
  • ホスティングとしては、GoogleAppEngineなどそちらのクラウドサービスに注力するのでは

などです。

  • しかし、それはそれとしてどこが管理業務を引き取るのか。かつてGoDaddy自身がRegisterFlyのデータの引き受けをやったように、どこが引き取るのか。あるいはやってみただけで売る気はないのか。

まだまだ分からないことだらけですが、ドメイン用Adwordsなどなどありますので、動向はチェックしておくのがよいのです(^-^

【関連リンク】

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム