ラウンドナップ・コンサルティング公式ブログ 代表中山陽平が記事執筆。コンサルのノウハウ進化のための情報収集の一部を発信中。2004年〜開始。

【各所の反応まとめ】Googleが新アルゴリズム「Hummingbird」導入、いったいそれは?

2013-09-28_01-27-50

Googleが15周年パーティの折に発表した、新アルゴリズムへの移行。

今までのPageRankアルゴリズムからHummingbirdアルゴリズムへ。

2013-09-28-Hummingbirdいったいハミングバードとはどんなものなのか、いつから変わるのか、SEOはどうすればいいのか、パンダやペンギンはどうなるのか…さまざまな疑問と憶測が舞い飛んでおります。

手元のデータ、お客さんの状況が大きく変わっていないので、私としては、実際のデータ変動のレポート記事などが上がってくるまでは、様子見です。

グーグルも、推奨するSEOの方向性は変わらない、と述べているようです。

具体的には高品質でオリジナルなコンテンツを作っていくのがいい、と述べているようです。従いまして、敢えてという意味も含めて、同じようにしばらく動いていくつもりです。

※実際、そんなに表向きはまだ変わらないのかなと思っていたり。

とは言え、各所の反応は追いかけました。推測も含めて、押さえておくべき情報がひと通り入っているかと思いますので、速報として御覧ください。

Search Engine Landより

まずは定番Search Engine Landから。発表の内容をまとめています。Google側からの回答と考えていいです。

FAQ: All About The New Google “Hummingbird” Algorithm

  • ハミングバードという新しい検索アルゴリズムが導入された
  • すでにひと月前から導入されている
  • PageRankアルゴリズムが死んだわけではない。PageRankアルゴリズムは、Hummingbirdの中で、ページの価値やリンクの価値を知るために、参照される(使われる)
  • ペンギンやパンダなどのアップデートは、どうなるのか。変わってくるのか。Googleの回答としては「全く同じではないが、似たような仕組みは入っている(エンジンの話に例えて)」
  • Conversational Search」を強く進めていく。例えば「What’s the closest place to buy the iPhone 5s to my home?(iPhone 5sを買えるいちばん家から近いところはどこだい?)」といった質問に答えられるようにする。
  • SEOは死んだのか?という質問に対しては「NO」だ。今までどおり、高品質でオリジナルなコンテンツを作ってもらうのがいい。各種シグナルも引き続き重要だ。
  • エンティティ・サーチ(Entity Search)」なんだ

Search Engine Watchより

「Search Engine Watch」Danny Goodwin氏の記事です。氏の推測や意見です。

Google Hummingbird Takes Flight: Biggest Change to Search Since Caffeine – Search Engine Watch (#SEW) 

  • Googleは静かに大きな検索エンジンのコア部分を変更した
  • 全世界の90%の検索者に影響が出るという(ということは、日本もですな
  • より複雑なクエリ(キーワード・キーフレーズ)に対応するために変えたとのことだ
  • 実際にHummingbirdがどう動くか、いろいろと質問が会場からはあったようだが、具体的な答えは無かった模様だ

Forbesより

Forbesの記事より。イベントの後にGoogleで自然言語に関するプロジェクトのエンジニアをやっているScott Huffman氏に聞いた際の、氏の答えが紹介されています。

Meet Hummingbird: Google Just Revamped Search To Answer Your Long Questions Better – Forbes

  • Hummingbirdという新しいalgorithmにした大きな原因の一つは、自然言語に対して強くなる必要があったことだ
  • なぜなら、スマートフォンでの音声検索などが広まってきたからだ。それに対応できるようにGoogleはならなければならなかった。
  • 自然言語に寄る検索が増えて、よりいろいろな言葉(terms)が検索に使われるようになった時、Googleはどう対応するのか。それは「コンテキスト」の理解がポイントだ。
  • コンテキスト(文脈)をGoogleが理解できるようになれば、クエリが複雑になっても、Googleは正しく検索社の意図を把握し、適切な答えを返すことができるだろう

そのためにナレッジグラフもある、ということです。ナレッジグラフをぐりぐりと進めてきたのはこのための布石だったと考えて良さそうです。「検索エンジンは、検索者と自然な会話ができるようになる」ともScott氏は言ったそうです。

SEO by The Sea より

SEO by The SeaといえばGoogleのパテント(特許)ですが、今回も、この特許がHummingbirdでは?という記事がアップされています。

The Google Hummingbird Patent? : 

特許の内容は、イマイチよく分からなかったのですが、同義語共起語が重要だということになりそうです。

国内情報

海外SEOの鈴木さんが、さすがの速報を出されています。

 

 

 

また、SEM-Rで渡辺さんも速報記事を出されています。

[速報] Google、新しい検索アルゴリズム導入を発表 – 「ハミングバード」(Hummingbird)::SEM R (#SEMR) 

他にも速報している大手メディアはありますが、直訳か謎訳ばかりなので、省略いたします。

 

しばらく、様子見です。

私のお客さんでは1ヶ月前に、明らかに大きな変動があったケースは今のところないですね…

 

各変動チェックサイトの動向

Moz(SEOmoz)のMOZCAST天気予報も特に大きな変動はないような…。8月28日より前だったら、分かりませんが。

2013 09 28 01 11 51

ディーボさんのnamazも特に8月末〜9月頭に変動なし

2013 09 28 01 12 48

精錬雨読さんも、データの転載は致しませんが特に異常値はないような。

多方面からの続報を待ちたいと思います。

 

photo by dhiren2

Webコンサルタント中山陽平公式サイトお悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...