Googleのアルゴリズム変更関連情報まとめ~35%の「クエリ」であって35%の「検索ボリューム」ではない

Google鮮度重視アルゴリズムアップデート11月3日にオフィシャルブログで発表された、「鮮度重視」のGoogleアルゴリズム変更が話題です。

パンダアップデートの倍くらいある「35%」のクエリに対する影響であり、さらにすでに導入済み(日本も)。

アルゴリズム変更後間もないので、各所「変わったよ!」と言った記事がほとんどですが、これからいろいろな情報が飛び交うと思います。

とりあえずまずは足下を固めないと!ということで、GoogleJapanが言っていることと、本家Googleが言っていること、そしてSEOmozなどいくつかの有名なサイトの反応についてポイントをまとめました。

日本語版OfficialGoogleBlog

▼Google Japan Blog: 検索結果がよりタイムリーに
http://googlejapan.blogspot.com/2011/11/blog-post.html

  1. 昨年発表したCaffeine ウェブインデックスシステムによって素早くたくさんのページをインデックス登録できるようになった。
  2. 今回のアルゴリズム変更で、そういった新鮮な情報が上位表示されやすくなった
  3. 35%の検索クエリに関係している。
  4. 最新の出来事・注目トピック」のフレッシュさ、「定期的に開催されるイベント」「繰り返し更新される情報」について最新の情報が上に出る確率、などが改善した

本家OfficialGoogleBlog

▼Official Google Blog: Giving you fresher, more recent search results
http://googleblog.blogspot.com/2011/11/giving-you-fresher-more-recent-search.html

  1. あなたがそう意識しないでいたとしても、最新の情報を知りたいという場面はあるはずだ。
    例えばなんとなく「オリンピック」と検索したとき、1900年のアテネオリンピックの話を知りたいと思うだろうか?
  2. 検索クエリによっては、今までよりもっともっと早く新鮮な情報を検索結果に載せないといけないと感じている
  3. 検索する人によって、必要とする情報鮮度は異なる。それをうまく感じ取れるようにアルゴリズムを変更したつもりだ

SearchEngineLand

▼Google Changes Algorithm to Favor “Fresh” Results | Search Engine Journal
http://www.searchenginejournal.com/google-freshness-algorithm-change/35667/

  1. Googleは年間500以上のアルゴリズム変更をしていると言われているが、今回のように35%ものクエリに影響する物は珍しい
  2. Googleは2007年以降から「QDF(Query Deserves Freshness)」と言う考え方で、ニュースや自然災害など特定のクエリについて必要さを決めていた
  3. 今回のアルゴリズムはそれをよりインテリジェントかつ広範囲に行ったような物である
  4. 昔からある、オーソリティのあるページが、単に新しいだけのページに順位上負けてしまうこともあるだろうが、それはそのクエリで検索する人新しさを重要視しているということなのだ
  5. SNSの台頭で、よりフレッシュな情報を集めるにはSNSという流れができつつある。それをGoogle検索に引き戻したいという狙いがあるのでは?

SEOmoz

▼Google’s “Freshness” Update – Whiteboard Friday | SEOmoz
http://www.seomoz.org/blog/googles-freshness-update-whiteboard-friday

ホワイトボードフライデーで取り上げられていますね。






  1. あくまで35%の「クエリ」であって35%の「検索ボリューム(検索数)」ではない。ここを誤ってはいけない。
  2. 新しいタイプのアノテーションリンクが現れた。サイトリンクとは異なる、けれど個別ページへの直接のリンクだ
  3. 最新情報に関してはRSSベースでの情報収集をしているのではないか
  4. RSSのLast-Modified等も見ているかもしれない、RSSはきちんと更新した方が良いと思う
  5. 今回のGoogleのアルゴリズムを考えると、定期的に行われるイベント、例えば「Texas Top Chef」というドラマで上位表示させたければ、全てのエピソードについて定期的にコンテンツを作り続けないといけないということだ。
  6. 今回の影響を受けている検索クエリーかどうかは、検索結果に「 eight hours ago」などと表示されているかどうか、その数が多ければその可能性が高い
  7. フレッシュな情報についてはGoogle+で得た情報を使っている可能性がある。
    シェアされた数やプラスワンボタンを押された数、Google+にその記事が投稿されたかどうかを見ている可能性がある

TEchCrunch

  1. 無意識に最新の情報を知りたいと考えている、例えば「大統領選挙」「アカデミー賞」「サッカーの試合」「会社の利益」などに影響がでるのでは
  2. 例えばAppleの最新の四半期の情報を知りたいときに「Apple 2011 Q4 earnings」ではなく「Apple earnings」と検索すれば上位に新しい情報が並ぶようになる
  3. 他に、電気製品や車などのレビューも、新しい物が上位に出るようになるだろう

終わりに

Googleニュースでの関連記事一覧はこちら

鮮度を狙ったSpamなども出てきそうですね。いたちごっこ加速でしょうか。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム