Google Adwordsの「分割」機能が面白い

Google Adwordsに「分割」という機能があります。

実は昨年末から導入されていたらしいのですが、全然気づかず…というか以前あった「Google検索+検索ネットワーク」と「コンテンツネットワーク」の区別を行うだけの機能だと思っていました。

それが、Inside AdWordsで以下のように紹介されていたので使ってみると、これは面白いですね。特にAdWordsの運用期間が長いなどでデータがたくさん溜まっている場合はより面白いと思います。今回はその概要と、個人的におすすめな使い方を書いてみます。

Inside AdWords-Japan: 使いやすくなった [キャンペーン] タブの分析ツール
 http://adwords-ja.blogspot.com/2010/02/blog-post.html

ad_bun01.jpg

分割の仕方

分割の仕方としては、表示している対象ごとに微妙に違うのですが、大まかには

広告グループなら

  • ネットワーク(Googleか検索パートナーか、コンテンツネットワーク化)
  • 期間(日別、週別、月別…、後は曜日別など)
  • デバイス別(PCか携帯か、など)
  • クリックタイプ(URLか、通話か。通話は、リンク先を電話番号にした場合かと思います)

広告は、分割はないです。これは残念なところですので、広告文ごとに分析するなら、広告グループとセットで運用するしかないですね。

キーワードは、広告グループのものに加えて「検索クエリのマッチタイプ」が加わります。InsideAdwordsにも書いてありますが、これはとても有用です。完全一致、フレーズ一致、部分一致のそれぞれに分けてパフォーマンスを見ることができるからです。

詳細は、実際にみなさんのアカウントでいじってもらうと面白さを感じ取ってもらえると思いますが、ひとまず私としておすすめのものを2つピックアップします

1.曜日別のアクセス

広告グループについて、日別や週別などのシーケンシャルなスパンの他に、曜日別にパフォーマンスを見ることができます。

ad_bun02.jpg

日付系の解析は季節要因やイベント要因もあるので、なるべく母集団を大きくしないと危険です。また、長い期間を取ること自体もその間の広告グループ内の広告文やLPの内容を考えないと危険です。

ただ、シーケンシャルな分割だとほんとにそれが大事ですが、曜日の場合、月曜日だけ特別に広告を変えたりですとか、水曜日だけLPが違ったりなどはあまり無いかと思います。なので、そこまで影響は無いかなと(そういうことをやっているならもちろん別ですが)

それを踏まえた上で1年分くらいの期間で見ると、大体特定の広告グループが曜日ごとにどう変化しているかがわかります。トレンドとして。

例えば、うちの場合、

「日曜日はクリック数は少ないが、コンバージョン率は高い(検索母数が少ない分クリック数が少ないが、コンバージョンしてくれる人は、家でもサービスについて考えていて、日曜にゆっくり考えて申し込んでくれているのかもしれない。とすると、以外に個人事業主や非サラリーマン的商売の方が多いのかもしれない」

ですとか

「月曜日はクリック率も高くクリック数も多いが、コンバージョン率が悪い(月曜日は、みな週初のいろいろな処理で忙しく、最終決定に至るまでの時間がとれないかも?」

などの仮説が浮かびました。

それが正しいかは、今後のキャンペーンの結果を見ないといけませんが、ためしに

「月曜日のLPは、急いでいて、決定まで至らない人のために敷居の低い商材を前に出す」、ですとか「日曜日は、最後の一押しをするために、特典のようなオファーをつけるようにする」などを行うことができるかと思います。

2.検索クエリのマッチタイプ

これはInside Adwordsでもふれているのですが、ちょっと違った観点からです。

ad_bun03.jpg

キーワードを素直に出稿していれば、きちんとアクションキーワードを出稿していれば、恐らくほとんどの場合、完全一致が最もコンバージョンが高くなるはずです。まじりっけなしのド直球のユーザだからです。なので、不景気の今、完全一致で全てのキーワードを出稿して、CPA重視の策をとっている場合も多いかと思います、

ただ、ときたま部分一致の方がパフォーマンスがいい場合があります。特に検索数が少ないキーワードの場合によくあります。

その場合、キーワードアドバイスツールでは「データ不足」になっている、何かのキーワード達でコンバージョンが取れている可能性があります。なので、その時は検索クエリを分析してコンバージョン率が高いキーワードをあぶり出し、そこに完全一致で出稿すると、さらによくなることがあります。

そういった、超ニッチキーワードを探すという意味で、この分割はまた一つ有効性を持っているかと思います。

おわりに

分割も面白いですが、フィルタも面白いです。ネットワークタブで特に有効です。いかんせんあそこは数が多いので、クリック数がゼロだったりするものをインプレッションから除いていくなどしていく必要があるかと思います。

そんな楽しい「分割」機能をまだ使っていない私のような肩は、ぜひ使ってみてください。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム