GoogleAnalyticsの「Fast-Access Mode」問題

Google Analyticsが新しく搭載した「Fast-Access Mode」が、各所で問題になっています。

具体的には

  • 4月のデータについて、アドバンストセグメントを使うと数字が「ゼロ」になる
  • 全般的にデータの数字がおかしい
  • Fast-Access Modeは、データを間引いているので、細かい数字、CRなどが大きく変わってしまう
  • そして、根本的には「Fast-Access Mode」のオンオフがユーザにはできない

といった内容です。

公式からは現時点では特に発表はありません。

 

海外の反応

昨日くらいから、本格的に海外でも反応記事が上がってきています。

I Officialy Hate Google Analytics Fast-Access Mode – SEO Chemist 

  • 不幸なことに、Fast-Access Modeでは、単純にデータが不正確になるだけでは無く、数字自体(HardNumber)が見られなくなることがある。具体的には「ゼロ」になってしまうのだ
  • 最悪なことに、この機能をオフにすることはできない
  • 公式ヘルプでは50万PV以上のサイトにしか当てはまらないと書いてあるが、それより遙かに少ない場合でも、このモードに入ってしまっている

続いて実例です。実際のAnalyticsの画像も載っていますが、ぽっかり5月があいてしまっています。
※私自身もこんな感じです(^_^;) 

Google Analytics Advanced Segments Broken | Search Engine People

  • アドバンストセグメントで「広告以外」を選択したら、突然5月のデータがまるまる見えなくなった
  • 日付を変更しても、セグメントを変えても変わらない

こちらの方は、数字自体が4倍になってしまったとのことです。確かに画像を見るとおかしいです。

Google AnalyticsのForumでも、コメントが上がってきていますね…。

 

Fast-Access Modeについては、公式ヘルプによると

表示しているデータが、サンプリングされた、あるいは統計的に処理された状態であること。
セグメントを追加したり、ディメンションを追加したりして、全体の合計VISITSが50万を越えると サンプリングが行われる。

計測範囲のVISITSが問題であって、「今あなたが」見ている計測結果のページの合計PVではない(例えば単ページを見ているなど) 

少なくとも今の状態ですと、解析すらできない状態なのでそこは直してもらいたいですね。

後は、そもそもこれはデータが多くて重くなってしまうことを避けるためにGoogleが導入した物ですが、このように解析数値自体に影響が出てしまうとしたら、少なくともON/OFFはさせてもらいたいものです。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム