Google翻訳が歌う!台湾YouTubeで月間第一位

全然WEB戦略などとは関係なさそうな切り口なのですが、バイラルという物を考えるのにとてもいいなー、と思いましたのでご紹介です。

Google翻訳というサービスがあります。これを使うと、たくさんの言語間で機械翻訳を行うことができます。

Google 翻訳は、57 種類の言語を瞬時に翻訳できる無料の翻訳サービスです。Google 翻訳が対応している言語同士なら、どの組み合わせでも単語、文、ウェブページを翻訳できます。(Google翻訳ヘルプ

また、「音声を聞く」という機能があって、これを使うことで実際の発音も確認することが出来ます。

そして、これをうまくRemixして音楽を作っている方がいるんです。

なんと、YouTubeで台湾月間1位だそうです。

名前はそのまま“Google Translate Song”。元ネタはOfficialGoogleBlogのこの記事です。

▼Official Google Blog: Google Translate: the remix

ひとまずご覧下さい(^_^)

動画はこちら!

 

作った方がどれくらい意図しているのか分からないのですが、バイラル系コンテンツのお手本のようだと思いました。

単純に自分の曲をYouTubeでアップしているだけでは、全然見てもらえなかったのではないかと思います。

インターネットでバイラルを起こす場合、インターネットやPCに詳しい層をも巻き込まないといけないですよね。

「Google翻訳」という要素を絡めることで、一気にブレイクしました。

 

人が紹介・推薦・オススメをするときの心理

ソーシャル・ネットワーク上で、人に何かを勧めることと言うのは、やはりいろいろと悩ましい物です。

なにかをオススメするとき、
それが誰かに向けてでは無く、ストリーム全体に向けてのつもりであったとしても

  • 「勧めた物が実はよくないものだったらどうしよう…」
  • 「自分だけがおもしろく感じただけで、他の人にとってはどうでもいいものだったら、嫌だな…」

という気持ちが働き、バイラルを阻害します。

しかし、この動画の場合

「Google翻訳を使っておもしろい物作ってる人がいる!」

だけでいいんですね。

このように、自分の価値観などを挟まなくても紹介できるものは、拡散しやすいです。

 

どんなコンテンツが拡散しやすい?

簡単にまとめると

  • あまり難しいことを考えずに人に紹介できて(学生時代のたわいない話でも思い出してください)
  • 実際見てみると、おもしろくて、見た人の中で色々考えさせられる物で(後残りする、人に伝えたくなる)
  • 共通言語の上にのっかている

この3点を満たしていることが、より大きく大きく!という方向でのバイラルコンテンツの条件です。

狭いセグメントにターゲットを絞る場合は、共通言語を重視して、その上でできるだけ「作ってる人に親密感」がわくような物がいいですが、このあたりはまた改めて…

 

それはともかく、是非一度ご覧下さい(^_^)

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム