IE8の互換表示モードリストから自分のサイトのドメインを消すには

IE8には悩まされている方も多いかと思います、いや多いはず。

多くないですか、いやそうでも(以下略)

IE8はIE7から随分と一気にレンダリングの仕様が変わったのと、気がつけばWindowsUdateでどんどん広まっていたので、なかなかしんどい問題です。

きっちり設計してればそんなに崩れたり動かなくなったりしないのですが、いかんせんスピードと対人月効果みたいなもので動いているタスクの場合、そうもいかず。

CSSハックが裏目に出たりと、諸所修正に追われていました。

そんなんをMicrosoftは見越していたのか、互換表示モードというものがついていますね。

これをONにすると、IE7での見た目に準拠した形になり、さらにドメインごとにそれがリストに入り。

設定が保存されますので、いちいち毎回切り替える必要はないです。

サイト運営者側で、どちらのモードで見せるか変えられる

とは言え、運営者側で強制的にどちらからのモードで見せたいこともあるかと思います。

例えば、IE8にがんばって対応したから、とかIE8には対応できそうになりから、とりあえず問答無用でIE7で見せたいという場合でしょうか。

これは可能で、metaタグで決められますよね。

正確には、ユーザの互換表示設定を一時的に上書きできます。

具体的には以下ですね。

  // IE8モードで見せたいとき

  <meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=EmulateIE8″>

  // IE7モードで見せたいとき

  <meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=EmulateIE7″>

とは言えこれは一時的に上書きするだけで、リストから自動的に外してくれるわけではないです。

ではっそれが無理かというとそうでもないみたいです。

以下の記事をご覧ください。

▼IEBlog : IE Compatibility List Pruning

  http://blogs.msdn.com/ie/archive/2009/07/01/ie-compatibility-list-pruning.aspx

具体的には

  1. <meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=EmulateIE8″>と書く
  2. サーバのルート直下に「IEStandards.xml」をおく
  3. 2のファイルの中身は<IE8StandardsMode/>だけ

としておくと、自動的にサーバがXMLを取りに行き、リストからも消してくれるそうです。

というわけで、もう完璧だ!と思ったらこのXMLの設置をおすすめします(^-^  

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム