ラウンドナップWebコンサルティング代表メールマガジン

1週間に1度程度メールマガジンを発行しています。全て代表の中山自身で書いておりますので、どうしてもコンサルの状況などにより不定期発行になります、ご容赦下さい。その分、他にはないものをお伝えしていきます。ご興味のある方はご登録下さい。
→ メールマガジンの登録・その他のバックナンバーはこちら

【ウェブコンサル通信】発想の範囲に無意識に「足かせ」がはめられる理由

ml_bn_catch配信日:2012年4月26日

 

みなさん、こんにちは。WEB戦略ラウンドナップの中山です。
今回もいつも通り、雑談のようで雑談ではないはなしです。

今、ECStudioさん、改めChatwork株式会社さんを中心に毎月開かれている「IT飲み会」の帰りです
→ http://www.it-nomikai.jp/
→ http://on.fb.me/IbkYGj(写真)

今回も、たくさんの出会いがありました。

すべてのことが興味深いです、そして楽しいです。楽しめます。

というかそもそも「楽しめるようになる」ことが大切なんですよね。

そうそう「楽しめるようにする」という行為ってとっても面白いんです。

これができると、商売に対する視座が1つ上に上がります。

それは、無理やり何かやりがいを見つけるということではないです。宗教でもないです。

そうではなくて面白いのは、見方によって、物事の評価は簡単に変わることに気づけるから

言い方を変えると、どの視点で見るかによって

発想の範囲に無意識に「足かせ」がはめられる、ということ。

どういうことか、というと、

「目の前の仕事だけを見るという超ミクロ的な視点」

ではなく、もっと上空の

「会社としての仕事の位置づけという視点」

より上の

「業界全体で見た時に自分がやっていること、という視点」

より上の

「自分の30年後の姿という視点」

「ビジネス界全体からみた自分の事業の将来の姿や形という視点」

という段階になると、すごく面白い。ということです。

WEB関連って、他の業界より単純作業が多いと思いますし、単調な作業も多いかもしれません。

でも、そこにきちんと「楽しみ」を探していけるかというのは、

精神衛生上というレベルではなく、ビジネスとしてとても大切。

なんですよね。

足かせが、いったん外れた人の発想力はすごいです、いい意味で斜め上から言葉が飛んでくるんです。

凄くシンプルな例で言えば

ハンバーガー店を新たに立ち上げる時に

「どうやったらマクドナルドやロッテリアと戦っていけるんだろう」

と考えるのか

「お昼の楽しい時間を、有意義に過ごしてもらうために、ハンバーガーを通じて何ができるだろう」

かでは、発想の幅が全然違ってきちゃうじゃないですか。

そこが、とってもとっても大切です、よね。

例えばとして、この流れでSEOの話をしますね。

先日、Googleが、ウェブスパム(要はタチの悪いブラックハットなSEO)について、その対応を強化すると発表しました

#ホワイトハットとブラックハットSEOの違い
→ http://on.fb.me/JAEFIb
こういう時に必ず話題になるのが

「どこからがブラックハットなの?」

「何をしたら、どれくらいの数やったらブラックハットになるの?」

といった話です。

でも、大事なのはそんな「いくつまで?」といった、目先の議論ではないんです。

そうではなくて、GoogleがどういうふうにSEOというものを考えているか。

それに沿っていれば、ホワイトです。

そうでなければブラックです。

Googleはこう言っています。

適正なサイトの価値 > Googleが認識している価値 = SEO不足

適正なサイトの価値 ≒ Googleが認識している価値 = ホワイトハット

適正なサイトの価値 < Googleが認識している価値 = ブラックハット

これに照らし合わせれば、何がブラックなのかは、自然とわかるのではないでしょうか。

数の問題では、ないですよね。

この視点から押さえておくと、多少Googleに変化があっても、リスクは少なくすみます。

Googleは理念で動いています。

なら、こちらも理念レベルで考えないといつまでも、追いかけっこになってしまいます

無茶なことをするのは、いつかブーメランになって返ってきます。

インパクトの強い販売手法は揺り戻しも強いんです。刈りすぎるんです。

企業を継続発展させるために、何をすべきか。

そんな視点で考えると、いろいろなことが楽しくなってくるのではないでしょうか。

本日は以上です。

また、メールしますね。

 

追伸
チャットワークの無料相談が、私の設定ミスでどうも書き込めない状態だったみたいです。

解説してから、個別のOneToOneの相談になってしまって、なんでなんだろうなと思っていたのですが、ちょっと謎が解けました。

ChatWork株式会社の藤井さん、ありがとうございます。

相談お待ちしています。
ベストエフォートですが、誠心誠意。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム