ラウンドナップWebコンサルティング代表メールマガジン

1週間に1度程度メールマガジンを発行しています。全て代表の中山自身で書いておりますので、どうしてもコンサルの状況などにより不定期発行になります、ご容赦下さい。その分、他にはないものをお伝えしていきます。ご興味のある方はご登録下さい。
→ メールマガジンの登録・その他のバックナンバーはこちら

【ウェブコンサル通信】背伸びすることの危険性

ml_bn_catch配信日:2012年9月7日(金)

みなさん、おはようございます
ラウンドナップ・コンサルティングの中山です。

9月に入って最初の週末が近づいてきました。

少しづつ秋めいてきて、あんなに暑かったのに少し寂しくなるのは、人間の性でしょうか。

とは言ってもまた暑くなるようですが…。

夏は暑いのが「当たり前」ですが今年は想像以上の暑さで、インパクトが大きかったですね。

そしてこの「当たり前」。
これはマーケティングにおいては諸刃の剣となる存在です。

今回はこの「当たり前」に潜む怖さと、つきあい方について書いていければと思います。

よくお客さまにお話しする内容なので、どこかで聞かれた方もいらっしゃるかもしれないですね。

「期待通り、100%」だと、ちょっとがっかりする

誰かがある商品を検討していたとします。

そのセールスページにはとても魅力的なことが書いてありました。

お客さんは白昼夢を見ました、これはこうなるに違いないと。

そして、高かかったのですが実際に買ってみました。

期待通りでした。

なのでお客さんは少しがっかりしました。

あれ、何かおかしいですよね。
なぜなら、期待通りだったのにがっかりしているからです。

でも、そうなんです。
人間「期待通り、100%」だと、ちょっとがっかりするんです。

 

商品やサービスに対して「この望みを叶えてくれることは当たり前だろう」というハードルを買い手側は持っています。

感覚としては110%くらいにできると

  • 「思っていた以上にいいものだった!」
  • 「思った通りのものだし、しかも気づかなかったこんな良いところもあった!」

と思ってもらえて、顧客満足度は上がるんですね。

これが「感動」に繋がり、シェアや口コミにも繋がる、1つのしくみです。

戦術として「100%」を出さないという考え方

コンサルをしていても「それはどうなんだろう…」と、首をかしげられる事が少なくないのですが

商品の魅力の10%くらいを隠して、マーケティングを行う

ことも、手段としては十分ありだと思っています。

買った人が残りの10%に気づいたときに、一気に喜んでもらえるからです。

ソーシャルメディアで口コミされやすいようにすることも大切です。

  • 買った後に気づく「価値」を仕込んでおく
  • 思わず人に言いたくなるような「価値」にする
  • 必ず使っていれば気づく「価値」にする

等を行うと「おどろき」「プチ感動」が生まれてそこから話題になって行きやすいんですね。

また、逆に

  • 過剰な期待をされないように注意する
  • 売りたいが為に、話を大きくしない(当たり前ですが)

こともものすごく大切です。

感動より、失望のほうがシェアされやすいので、場合によってはそれはあっと言う間に広がります。恐ろしいです。

残りの10%の感動は、ひとつひとつに担当からの直筆のお手紙を入れる、といったことでもいいんです。商品は商品だけで成り立っているわけではありません。

購入までの体験、実際の利用、周りから見えるモノなら周りからの声などなど…モノが関わってくるモノ全てが「商品」の一部です。

 

それでは本日は以上です(^_^)

本日を乗り切って、皆さんよい週末を!

自社サイトにリンクを集めなければ…を考える時に行うべき「12の自問自答」

20120906_link-building.181348■今回のオススメ記事。SEOに興味のある方は

ペンギン・アップデートがだめ押しになり、リンク構築のやり方は大きく変わってきています。

今必要なのは「いかに価値あるコンテンツを作り、それを周知してもらい、リンクを張ってもらうか」という観点。

では、具体的には?今回は、それを考えるための「自問自答」についての記事です。12のTIPSと、2つのポイントです。

→ 自社サイトにリンクを集めなければ…を考える時に行うべき「12の自問自答」

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム