ラウンドナップWebコンサルティング代表メールマガジン

1週間に1度程度メールマガジンを発行しています。全て代表の中山自身で書いておりますので、どうしてもコンサルの状況などにより不定期発行になります、ご容赦下さい。その分、他にはないものをお伝えしていきます。ご興味のある方はご登録下さい。
→ メールマガジンの登録・その他のバックナンバーはこちら

【ウェブコンサル通信】ライティング・デザイン・三人称目線が勝負を決める

ml_bn_catch配信日:2014年11月30日

みなさんこんばんは、ラウンドナップの中山です。 週刊発行途切れました、無念です。理由としては所々の業務が分単位で重なってしまった&講演とセミナーが続いたことにあります。しかしやはりお金を頂いているクライアントさんが最優先です。ご容赦いただければ幸いです。

ちなみに、声帯炎のことをご心配いただいてありがとうございます。まだちょっと後遺症残っているのですが、普通に喋れるくらいに回復してます。でも、怖いですね突然全く声が出なくなるのですから…。リスクヘッジの重要性を感じた11月でした。みなさんも体にだけは気をつけてくださいね。

今週も明日明後日は解析士の一般向けと企業研修です、でも今年はこれと、明日の上級のDAY2を行って修了です。全部で今年は対象250人くらいでしょうかね、ウェブ解析士講座をやってきました。

来年は、企業研修の状況にもよりますが、少し減らし気味になりそうに思います。下から盛り上げるプロジェクトをウェブ解析士とは別にやっていきます。4月には法人化しての第一期が終わります。仮決算を見て来期の絵を具体化していこうと思います。

やるやる詐欺だったセミナーなども、定期的な事例勉強会かワークショップとして開催していきたいなと。

ただ、いわゆるマーケティングセミナーみたいなものにはしません。

なぜなら、最近自分たちの仕事を振り返ってみてみると、うちのサービスは「マーケティングコンサル+人材育成(企業ナレッジ蓄積)」が軸で、それを実現するために、一般にある様々な手段を使って成果を上げる、という形で、中長期型だなぁと感じているからです(とは言えちゃんと成果はもちろんあげます)なのでそういう内容の勉強会にしたいなと。「すぐに売上が上がるー○○セミナー!」みたいなものは、それが得意な人にお任せしたいと思います(それが悪いわけではなく役割分担)

話は変わって最近のトレンド

最近のトレンドですが、何をするにしても「文章力」「デザイン力」そしてそれを評価するための「3人称目線」が必要だと感じる日々です。

Webのコンテンツで文章が必要なのは当然ですが…。

コンテンツ・マーケティングについては、いろいろと記事も書いておりますが、Webでメッセージを伝達する最もメジャーな手段がテキストではない他のものになる日は、おそらく私が生きている間は来ないでしょう。

なぜなら、文字が生まれた1万年以上前から今まで、ずっと物事を伝える手段は言語であり、それを記す文字と発生する言葉だったのです。

インターネットがそれを大きく変えるかというと、ずっと見てきた感触としては、むしろ「ブースト(増幅)」であって「代替」ではありません。おそらく人間はそういうものなのです。視覚優先の生き物なのです。 なので

  • 最も基礎となる「内容」を伝える【ライティング】
  • それをわかりやすく100%伝える【デザイン】
  • 評価をするための【三人称目線】

が、三本柱になります。実際この三つを持つと企業は強いです。

昔からそうですよね、ダイレクト・マーケティング全盛期だった頃に成功していた人を思い出して下さい。間違いなくライティングが上手く、それを相手に合わせてみせることができる広義のデザイン力があり、それを顧客目線で何度もトライアンドエラーを繰り返しながら良くしていく【三人称目線】を持っていました。

今もそれは変わりませんよね。お客さんにリーチさせる手段や媒体が変わっただけです。相手に響くメッセージを、相手が受け取りやすい形で発することができれば、相手は動いてくれます。それが成果につながります。

そこをとことん突き詰めるとき、最も効率が良いのは表面的なテクニックやTipsを学ぶことではなく、その根底にあるスキルを学ぶことです。そのうちの重要な3つが先ほどのものです。

そして、もしみなさんが「そんなことはすでに分かっている」のであれば、次はターゲットの「コンテキスト」です。会員さん向けニュースレターには書きましたが「シチュエーション」と「心理状態」を押さえることが重要です。

これは重要な概念です。例えば「キャッシング」というキーワードは激戦の激戦の激戦という状況ですが、例えば「キャッシング」というキーワードを入れる人は、どんなシチュエーション」や「心理状態」なのか。それを考えると、攻める糸口が見つかります。 気軽にお金を借りる人なのか?急に欲しいものが?入院?携帯代が払えない?今すぐ払わないとカードが止まる?学費が払えない?パチンコ?そもそも自転車操業?そう考えるとひとつのキーワードの後ろには無限の世界がつながっていて、そしてそれぞれが別のキーワード群につながっていきます。

MTDDCで少し話したハーレーダビッドソンとかばん屋の話もそうです。

 

と、ザクザクと書きましたが、改めてまとめると

  • ライティングとデザインと目線が大事
  • その次にシチュエーションや心理状態が大事 です。

ぜひ、この辺を考えてみてください。 全然わからない!と言う方には、おすすめの一手があります。

それは「お客さんを徹底的に観察すること」

MTDDCでジョハリの窓を使いましたが、右上ですね。

いいですよ。

と、今回は、少し勢い重視で書いてみました。 もっと知りたい、わかりづらい、という部分がありましたらご一報下さい。

またメールしますね。
セミナー、ご依頼お待ちしています。楽しいのです。 

追伸

追伸:MTDDCはスライド公開する予定ですので、また告知しますね。
勝手に公開するのもまずいと思いますので…。

また、たくさんの方ご来場いただきありがとうございました(^^)一つでも多くお役に立てていれば幸いです。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム