企業のHP制作やネット活用なら、Webコンサルによる分析提案から制作・運用までの幅広いサービスが最適です。

【ウェブコンサル通信】Web活用できる企業になるためのガイドブック配布開始

おはようございます、株式会社ラウンドナップの中山です。少々喉を痛めてしまいましてPodcastを1週お休みしています。

だいぶ治ってきておりますので、次回からまた更新致しますね。そんなタイミングで詰め込みスケジュールでの面談でただ今神戸におります。

ビジネスの効率を3倍にするのが目標ですので、外に出る際は綿密に組んで移動時間を最小にしています。とは言え、お会いするとみなさん楽しくて、いつも後ろ髪を引かれています。

原則としては移動時間は利益を生まないのですが、やはり現地を見ることは大事です。また、経営者としては移動自体が気分転換にもなりますし、まとめて情報をインプットする時間ともなります。

私としては、そこは少しゆるく考えてもいいのかなと思うところです。経営者のモチベーションや気力がなくなったら会社は終わりですよね。

とはいえ、目指すところは「移動しなくても同じ効果を実現できるやり方」であるべきです。

「お会いしてしっかりヒアリングして、お客さまの商売をきっちり理解する」という言葉はいろいろなところで聞きます。言葉の響きがきれいですよね。

それは確かに実現手段としては適切かと思いますが、そこにとどまっていては思考停止です。

本来、お客さまは「しっかり聞かないでもわかってほしい」ものですし、長い時間拘束されるのもバーターとは言えつらい所です。

また、少なくともWebに関して支援するなら(特にコンサルなら)目指すべきはお客さま自身で目をさますことであって、自分たちに依存させてコンサル費用をもらい続けることではありません。

お客さんが自分たちについて理解が進めば、商売の理解についての時間は10分もあれば十分です。ウェブについて知識があれば、更に進んだ話がすぐに進み、お客さんと自分たちで役割分担をして、効率よく施策を進めていけるでしょう。

と、そんなことを実現するためにはどうしたらいいのか?

この点について、第一歩として読んで頂きたい内容をガイドブックにまとめました。

こちらです。

「Web活用できる会社になるには?」無料ガイドブック配布中 – Roundup Inc.
https://www.roundup-consulting.jp/web-hr-guidebook/

A5版で15,000文字ほどで書き起こしています。ご興味のある方はよろしければご請求下さい。

ウェブに対して会社としてどう退治すべきかは、早めに知っておいて損はないと思います。

それでは今回のメールマガジンは以上です。

タイトルとURLをコピーしました