企業のHP制作やネット活用なら、Webコンサルによる分析提案から制作・運用までの幅広いサービスが最適です。

【中小企業のWeb戦略】次のチャンスに飛び出していくために、今守るべき物は?

今週のトピックス

目に見えない恐怖が支配する今、パニックにならないようにするだけでエネルギーを使う中

自分のためにも社会のためにも、この世の中を維持していかなければいけないと、精神をすり減らしているのではないでしょうか。

良くも悪くも、もっと後に来るはずだった、肉体的距離が離れた状態で、我々はどう以前と同様に安心してコミュニケーションを取るのか、という事象に、向き合わざるを得ません。

そして同時に経済・経営という課題も突きつけられています。

精神的負荷が大きいです。

一番心配しているのは、このコロナが落ち着いた後に、元に戻れるかどうか。

なんとか耐えて、メンタルのダメージを最小限にし、浮上の時にはじけて飛び出せるように。

それをサポートする情報を、とにかく出していきたいと思っています。

よろしければ、以下の動画ないし音声に触れて頂ければ幸いです。

よくある精神論的嘆きではなく、実践の部分までお伝えしています。

[臨時回] 何よりも「働く人」そして「会社」を生き延びさせ、病まないことを最優先にして下さい – YouTube

[臨時回] 何よりも「働く人」そして「会社」を生き延びさせ、病まないことを最優先にして下さい

動画を直接見られない方は以下からジャンプしてご覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=wa7ltC0kflM

[第230回]新型コロナで身動きが取れないなら、種まきとなるWebマーケ施策を行おう – YouTube

[第230回]新型コロナで身動きが取れないなら、種まきとなるWebマーケ施策を行おう

動画を直接見られない方は以下からジャンプしてご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=cDQMs-FDP14

両方とも、Podcast音声版はいつも通りiTunesか、Web配信をご利用下さい。

内容は同じなのでお好きな方を。

日刊情報配信からピックアップ

[email protected]です。

[1]カスタマーサクセスは、決して新しい物ではなく

https://mklnd.com/2y4eLg0

カスタマーサクセスは、決して新しい物ではなく昔からある顧客ロイヤリティの話の延長にあります。重要性は増しています。なぜなら、類似している商品も多く、すぐに真似される世の中だからです。

安定して事業を伸ばして行くには「あなたの所でなければならない理由」を時間軸と共に蓄積できるかどうかが鍵です。

なぜ時間軸かというと、時間は誰にとっても同じ速さですから、先にやった方がサボらなければ優位に立ち続けるから。

そんなカスタマーサクセスについて、小売業の例があり、切り口として面白かったのでシェアします。

Ulta社は「顧客との関係を構築し、維持するためのコミュニケーションツールとしてロイヤリティプログラムを活用」REI社は「価格や配送料などの要因で底辺との競争を避け、代わりに共通のコアバリューで顧客を獲得」他にIKEAものっています。翻訳ツール経由でも良いですので、海外の情報も是非。

※続きはWebメソッドのページで配信→「2020年3月24日_カスタマーサクセスをどう捉えるか」

https://method.roundup-consulting.jp/courses/602956/lectures/15026965

[2]この融資案内、100%乗ってはダメです

大体決算期に多いのですが、FAXでの融資案内です。

それが今年はコロナにかこつけているのでしょうね、多いです。

この融資案内、100%乗ってはダメです。なぜなら詐欺だからです。昔からある「融資保証金詐欺」で、融資の話を進めていくと、融資金額の一部を「預かり金」として2割3割の金額を振り込ませて、そのままドロンです。

最近はそれっぽいHPまで立ち上げて、一般的な金利の不動産担保ローンなどを載せて、より巧妙にだますケースもあります。

Whoisでドメインを見たら、2週間前に立ち上げたばかりのサイトだったりするのですが、作ろうと思えば安く楽に作れます。

まずFAXについては無視するのが一番ですが、気になってしまうかも知れません。そうしたら、検索してみて下さい。詐欺なんだという情報が見つかります。

お気をつけ下さい。

※続きはWebメソッドのページで配信→
「2020年3月25日_FAXでの融資詐欺にご注意を、頼むなら国のコロナ関連融資」
https://method.roundup-consulting.jp/courses/602956/lectures/15029485

[3]言葉と統計(のようなもの)による誤認誘導の例

https://bit.ly/39ln4RB

恐らくPR記事ですが、言葉と統計(のようなもの)による誤認誘導の例として取り上げます。

このWeb担フォーラムのタイトルだけ見ると、折り込みって反応率高い!と感じてしまいがちです。

しかしこれは「地元情報を求めている人は、折り込みチラシ(=新聞)を取っている事が多い」だけですよね。

対してWeb広告は、新聞を取っていない人も含めてですし、能動的に見ていない人も多いですから、低いのは当然です。

母集団が違う物を比較しても意味が無いのですが、折り込み広告会社のPR配信なので、折り込みを良く見せたいわけです。自分の商材をアピールするためなら事実をねじ曲げてもいいのか?と思います。

残念ながら統計データ系のPRはこういう物が多いです。皆様もご注意下さい。

※続きはWebメソッドのページで配信→「2020年3月26日_折り込みチラシとWeb広告の比較記事に見る誤認誘導の例」

https://method.roundup-consulting.jp/courses/602956/lectures/15063161

ーーー
[email protected]の登録はこちらから、もちろん無料です → https://lin.ee/5NzoMnY
ーーー

バックナンバーのお知らせ

過去分ニュースレターのご案内

※ラウンドナップ・Webメソッドの中で、PDF版とePub版を配信開始しました。メソッドをご利用の方は無料で閲覧できます。

また、今まで通り過去のニュースレターをKindleで出しています。2015年から2018年まであります。99円ですが、アンリミテッド使える方は無料です。
著者ページ → https://www.amazon.co.jp/-/e/B078JLLTHJ

2019年度版もいずれ出しますね。

書籍は最初の一歩にお勧めです

Amazonか大手書店で販売中です。既に中古があったりと、物の循環がとても速くなった今という時代を感じます。

さて、この本は、企業のウェブ担当者・経営者などの方に伝えたい内容がメインです。フリーランスでマーケターとしての腕を上げたい、SEOや広告のテクニックを学びたいという方向けの本ではありません。

Amazonだと中身が見られないので、そこだけ気にして頂けると、ミスマッチも少なくなるかなと思います。

是非読まれた方はブログやAmazonなどでレビュー書いて頂ければ幸いです。

今後の配信コンテンツの方向性を決める上で、是非生の声を頂きたいです。

今すぐAmazonでご購入ください → http://amzn.asia/15AeH9k

冊子版もご購読下さい

冊子版の情報誌を郵送費用含めて完全に無料でお送りしています。特に中小・小規模事業者の事業主の方にお役に立てるように構成しています。

内容の例(2016年1月号)

  • 巻頭「リセットする習慣がついてしまうと危険」
  • 変化の早い時代に食らいつくためには?
    • 年々Web担当者のストレスは増える
    • 成果への最短コースが求められる
    • インプットの負荷も加速度的に増加
  • ストレスから開放されることの価値
    • ストレス環境下では力を発揮できない
  • オウンドメディアをやろうとするなら気をつけたいこと
    • 目的を履き違えているケースが多い
    • オウンドメディア作成サービスは要注意
    • 確認してみてください、まずはコピペから
    • 指標も成果に直結するものが提案されないとダメな兆候

お申し込み頂きますと最新のバックナンバーが届きます。

→ 紙版ニュースレターの無料郵送のご案内 – [Webコンサルティング会社]ラウンドナップ(全国対応)

終わりに

ラウンドナップ・Webメソッドに、コアメソッド以外のコンテンツを追加しています。撮って出しですが、今回のLINE@で拾ったようなニュースについて、 [email protected]では500文字しか打てないので、会員限定で10分くらいで深掘りして配信しています。

よろしければ、この機会にご登録下さい。月980円です。
https://www.roundup-consulting.jp/service/method-detail/

では、また来週、メールしますね。

中山

タイトルとURLをコピーしました