企業のHP制作やネット活用なら、Webコンサルによる分析提案から制作・運用までの幅広いサービスが最適です。

[中小Web戦略]年始のスキマ時間を活用するためのオススメのテクニックとは?

今週のトピックス

みなさま、2020年はありがとうございました、そして2021年もよろしくお願いできれば幸いです。

2020年は、外的圧力の強い1年でしたね。
まるで乗っていた列車が突然暴走し出してしまったかのように。

減速をし始めたかと思った夏秋、安心し始めたところに、また加速が始まってしまっています。

期待が高まり、少し先が見えたと思った矢先、何倍ものショックがあったのではと推測します。

中小企業支援をミッションとしている身として、この先3月4月くらいが非常に心配です。

コロナ感染という「分かりやすくすうち見える」数だけではなく、コロナによって結果的に病んでしまったり、命を絶ってしまうという「見えない」「医療の範囲外」の数字。

そこに、医療関係者も、世の中の関心も、メディアの扱いも、薄いように思います。
完璧はありません。バランスをとっていくしかないと思うのですが。

これを読んでいる皆様、いかがでしょうか。

年末年始、張り詰めていた気持ちが切れてそのまま落ちやすい時期です。あえてここはテンションを落とさず、前のめりになって気を強く持つ方がいいのではと、思います。

私も、ウェブで貢献できることをしっかり厚みを持たせていきたいと思う所存です。

年末年始向けのスキマ時間活用むけ音声セミナーを出しました

年末年始は、やることも多く、帰省されないとしても忙しい時期ではないでしょうか。私も、今年は帰省せず家族と過ごしていますが、スキマ時間はあるものの、まとまった時間は深夜くらいですね。

なので、スキマ時間の活用がポイントです。それに関するノウハウを喋りました

ご興味ある方は、スキマ時間活用の第一歩として、すきまこちらをお聞きください。運転中や、移動の間の駐車中に録音したものなので、音が悪いですが、ご容赦いただければ幸いです。

以下の2回が音声版限定(iTunes , GooglePodcast , Spotify , Stitch , PlayFMなど)限定のオンセミ位セミナーです。

第269回:「新年スタートダッシュしたい」方への、スキマ時間でのホームページ改善点発見術
第270回:Google検索品質評価ガイドラインを再読して考える、これからのビジネスの伸ばし方

視聴は以下のスタンドをご利用ください。全部無料です。iTunesがおすすめです。

iTunes公式ディレクトリPodcast音声配信
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/zhong-shan-yang-pingno-non/id750899892

GooglePodcast
http://bit.ly/google-podcast-jp

Spotify
https://open.spotify.com/show/0yBHyUelJHFtby5uD06UxU?si=fL7RT_T9RPivEu7cAjhqFA
ほか「中山陽平 podcast」などで検索ください。

2020年を振り返って感じるのは「実力のないWeb支援会社が露わになっている」

要は今までウェブ業界は守られていた側面があるのです。

具体的には「ウェブ」と言う言葉が持つ「専門的っぽいイメージ」「素人が手出しできないイメージ」こういったものにより、守られてきていたんです。

実際、大した壁があるわけではないのですが。

そしてその「大したことない」ことが、技術の発展や、事業会社の皆さん側の意識の変化で、一気に壊されてきています。

また、ウェブの大衆化によって、ビジネス全体、少なくとも企業のマーケティングやセールスという利益を生み出す部分を把握した上で、ウェブで何ができるかを考えないと、成果が出なくなりました。

結果、ビジネスの成果というところからコミットできないような会社や人は、どんどん成果をあげられず、仕事を失っています。あるいは低価格勝負で生きようとしています。

おそらくコロナも相まってそうとうWeb業界も整理されるでしょう。

 

そして「ビジネスを支援する」色々な会社との直接対決が始まるのです。ビジネスがわかっている会社がWebもできる、そんな方向でないと選ばれませんね。

これはどこかまた音声セミナーか何かで喋ろうと思うのですが。

しかし、それでいいんです。今までがおかしかった。難しい言葉に守られていたのです。

みなさん、パートナー選びはウェブに詳しいだけではダメです。商売をわかっているか、商売の経験があるかを大事にしてください。

私も、飛び込み営業から、提案営業、インバウンド営業やってきて本当に良かったと思っています。感覚も気持ちもわかるからです。

LINEやTwitterなど気になった話題

※今回はなしです

終わりに

暗い話になってしまいましたが、裏を返せば、真剣にWeb経由のビジネスの仕組みづくりをしていけば、ただ綺麗で華麗なホームページがあるだけのところには、勝てるということです。

正しい方向の努力は裏切りません。

無理なく2021年をぜひ踏み出し始めていただければと思います。

それでは、改めて2021年もよろしくお願いいたします。

おなやみの方は、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

全国対応です。

では、またメールしますね。

 

今年を一緒に良い年にしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました