ラウンドナップ・コンサルティング公式ブログ 代表中山陽平が記事執筆。コンサルのノウハウ進化のための情報収集の一部を発信中。2004年〜開始。

MailChimpに学ぶメールマーケティングのベストプラクティス

2016年8月09日Mailchimp

メールマーケティングは、うちのコンサルでも見込み客育成の観点や顧客化の観点でお勧めしている物であり、効果はしっかりあります。

メールは親しい人やグループでのやりとりに使用する手段としてはNo1ではなくなったかもしれません。そこに特化したメッセンジャーアプリやチャットツール、アプリにC2CでもB2CでもB2Bでも圧倒的に負けています。

Podcast無料セミナー配信中ただ、メール良いところはその独特の近くも遠くもない距離感です。もしサービスに対する問合せ手段がチャットしかなかったら、Webの良いところを潰すことにもなりかねません。

なぜならWebの良いところは安全地帯から必要な情報を自分で探せることにあるからです。

このあたりは無料セミナーとして配信している、うちのPodcastの第83回でも「チャットサポートツールのぜひ」という文脈でお伝えしています。

ご興味のある方はよろしければお聞き下さい。iTunesDirectoryでオフィシャル配信しています。

→ 「ノンスペシャリストのためのWebマーケティングラジオ」を iTunes で
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zhong-shan-yang-pingno-non/id750899892

世界で使われているツールのやり方から学ばない手はない

NewImage

文章さえ書ければこんなにコストもかからず、メッセージを伝えられて、誰にでもある程度通用する見込み客育成手段はありません。

しかし、メールマーケティングはどうしても嫌われがちです。一部の企業の大量配信や、迷惑メールという実害もあるため仕方ないとは思います。そのためノウハウもあまり出ません。

これは国内だけではなく海外でも同じで、あまり情報が無いのが正直なところです(SEOとコンテンツマーケティングが多すぎるだけかもしれません、ネタが尽きないので)

そこで、今回、別のブログで、恐らく世界一?1,200万人が使っているメールマーケティングツールのMailChimpのメール配信方法について、記事を書きました。

これからはじめる方の予備知識としても、今やっている方の次の一手の材料としても面白いかと思います。

よろしければ以下のリンクからご覧下さい

▶世界1,200万人が使うMailChimpのメール配信を深掘りする – Webコンサルタント中山陽平公式サイトhttps://www.roundup-consulting.jp/nakayama/mailchimp-case-study/

単純な配信時間や配信曜日などの分析でも、持って帰って頂ける物がきっとあるのではと思います。

NewImage

Mailchimpはまだ国内でローカリゼーションして持ち込んでいる企業はないと思います。なので、日本語にまともに対応して、しかも使う価値のあるレベルの物はBenchmarkEmailしかないと思います。

今後MailchimpやCampaignMOnitorなどが持ち込まれたら、また日本のメールマーケティングは変わっていくでしょう。ダブルオプトインも、速く義務化されるといいなと思うところです。

 

追伸:死んでいるメールアドレスだらけにもかかわらず「5万人配信」と自慢げに書いてあるメールマガジンも、いかがな物かと思います。ブランディングを狙っているのかもしれませんが、本当に全員に送っているとしたら、コストと迷惑メールに入るリスクと天秤にかけたら、速くクリーンナップした方がいいです。印象も悪くなりますしね。

話は逸れましたが、よろしければ記事ご覧下さいませ。

▶世界1,200万人が使うMailChimpのメール配信を深掘りする – Webコンサルタント中山陽平公式サイト

Webコンサルタント中山陽平公式サイトお悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム