ホーム » 中山陽平について

中山陽平について

ご挨拶

はじめまして、中小企業・小規模事業者の方々に向けてウェブの活用やホームページの戦略などについてコンサルティング、施策代行実施などを行っている、株式会社ラウンドナップ代表取締役の中山陽平です。

このホームページは、私の公式サイトとして発信している情報をまとめた物です。ご提供しているサービスや、会社について、お客さまの声などは「ラウンドナップ・Webコンサルティング」のサービスサイトをご覧頂ければ幸いです。

→ 「ラウンドナップ・Webコンサルティング」サービスサイト

「中小企業のウェブ活用の第一歩と持続的発展のパートナー」を目指しています。

一般的なWebコンサルタントや制作会社・広告代理店と異なるアプローチで、ウェブ活用とそこからの反響獲得を実現させています。

短期的に売上をあげることだけではなく

  • 中長期的に会社を支える資産となるホームページ作成
  • 作成のプロセスの中で気づく自社の本当の強みの認識
  • 競合や他社参入の危険性、お客さんの思考回路、判断基準の把握運用
  • マーケティングとセールスのためのコンテンツ作成の考え方とライティングテクニック
  • 海外直輸入のノウハウも含めた広範なSEO、広告のノウハウ
  • Webを使った、勝利のための社内の文化や仕組み作り

等に力を入れています。

「中小企業・小規模事業者の方々にWebを活用してもらいたい」

略歴にもありますが、私はいわゆる「独立系」のWebコンサルタントです。そして中小企業・小規模事業者の方々を助けたい、という思いで日々の業務を行っています。

どこの協会にも属せず、商流もどこかに依存しておらず、自社のマーケティング活動による集客やOBの方からのご紹介などでまかなっています。

本来は小さい会社であれば、どこかの商流に加わって紹介先を得たり、協会や団体に入ってその人脈やパワーを借りる方が楽なのですが、それは避けました。

なぜなら、Web業界自体が中小企業の方を向いていないと感じたからです。

独立系を固持している理由

大きな協会、団体、メディア、有名人や有名な会社は、その規模を支えるために単価の高い案件やテクニカルな難易度の高い案件を必要とします。言いかえればアッパー中堅会社から大企業を狙っています。そうしないと、組織がもたないからです。

しかし、そこに依存していたら、言いたいことも言えませんし、やりたいこともできません。

人には「辛い分野をやっているね」と言われます。恐らく単価が低く、成果を出す土壌がまだ育っていないため、難しいよねと言う意味ではと思います。

しかし私は、だからこそ、やる人が増えなければならないと思いますし、そして何より一生懸命日々業務に打ち込みながら悩んでいる方の助けになりたい。

中小企業白書を見ると、毎年苦しんでいる人が減っていないことに気づかされます。小規模事業者白書も同様です。

マーケティングは予算と人員の規模で、やることが全く異なります。世間で多く語られている成功事例やノウハウは、予算や時間もあり人材も揃っている大手の事例です。中小企業の方がそれをそのまま実践するほうが無理があります。

私は、気合と根性でWebの世界に入り込み、発注側から受注側になりましたが、今同じことをしろと言われても無理です。

当時は生活費をギリギリに切り詰め、Web制作の仕事をしつつ、寝る間も惜しんで自社のマーケティングのためにモニター(当時はブラウン管です)に向かっていました。

これを現業で忙しい方に強いるのは無理というか、やってはいけないですよね。

オンライン中心のサービスになっている理由

その思いで、品質は下げずにコストを下げるためにはどうしたらいいか、何をピンポイントで提供したらいいか、どうしたらみなさんに楽しく取り組んでもらえるか…。そんなことを追求して、今があります。

原則、移動を最小限に。オンラインチャット・ビデオ会議・レポートは無駄な数字を並べる物ではなく、省けるなら省く。無駄なことは行わないようにして、お互いが納得できる形を目指しています。

当然オフィスは大きく構えず、社員も増やさず、特に社員行事もなく、質素に、そして随時さまざまな外注ネットワークを使って(クラウドソーシングは使っていません)コストの最適化を図っています。

そして余裕があれば、お客さまに勧められるように、まずは自分たちで様々なツールであったり広告メニューであったり、トライしています。上手くいったらコンサルの中でノウハウとして提供しています。失敗したら下で、注意点がノウハウになります。

その様な形で、日々皆さんと一緒に成長させて頂いています。

予算がなくてもできることはあります

そこそこの予算がなければ、何もできないわけではありません。それは、特定の決まったメニューしか持っていない企業側の理屈です。

企業にとってとくに流動資産ほど大事な物はありません。現預金ほど大事な物はありません。私も小さな企業の社長・代表としてやっていますから、その大事さは身にしみて分かります。

今使える予算を元に、投資対効果の良い物だけ行えばいいのです。

また、今はまだ何もせず、半年あるいは1年間、自分たちでインプットをしつつ、毎月予算を作っていって、満を持して1年後にお声がけ頂くのでも良いのです。

それは形としては何もできていないかもしれませんが、会社としては大きく前進です。

略歴

大学在学中に独立開業

大学在学中にパソコンとインターネットに出会い、のめり込む。学業の傍らSOHOでのWeb制作の仕事や、父親の紙媒体デザイン(DTP)の仕事を行い、Webデザイナーとして開業。

心臓病を患ったこともあり、就職活動は行わずそのまま独立。地縁も人の縁も顧客リストもないところから屋号を抱えてスタート。

SOHO募集サイトでの仕事依頼の他、利益折半での個人の営業さん経由や、自分自身での飛び込み営業などを行いつつ、食べるためにデザイン以外の、ビジネスにまつわる様々な領域に手を伸ばしていく。

また、組織やチーム運営、インバウンド営業、マーケティング、システム系などにも実際に携わり、引き出しをふやさねければ、これからの時代は価値を提供できないという危機感から、複数のWeb系会社やマーケティング系会社にて働く。最終的には、職種としては経理事務以外は一通り経験する。

デザイナーとしては大手ディーラーのUI刷新など順当に行いつつ、何にでも好奇心を持ってしまう性格の関係で、CMSの設計と裏のUI部分の仕組みの構築や、インバウンド営業としては、リーダーとして在籍時のチーム月間最高成約件数獲得なども達成する。

その中で、海外のWebマーケティング情報を中心としたブログを2003年から立ち上げ(Web戦略ラウンドナップ)ブログを通じて企業の中の人とのつながりを作って行く。

独立一本化と法人化

そして、コンサルタントとしてお客さまと直に接する中で、もっとやれることがあるはずという思いで、自分の事業一本に絞って、独立し2012年に最後の会社を退職、2014年に個人事業主から法人成り。

会社の名前の「ラウンドナップ」は人の縁を作ってくれた先ほどのブログ名から取っている。

現在は、Webコンサルティング会社と名乗ってはいるが、ワンストップサービスを目指してカバー範囲を広くしている。

外注ネットワークを背景にして、HP制作や運用、検索エンジン対策(SEO)、オフラインとオンライン連携、広告運用、企業研修、企業を危険な情報や営業から守る顧問として、常時10-20のお客さまをサポートさせて頂いてる。

法人としてはもうすぐ7期目、個人事業主としては2002年から数えると18期目に入る。

2児の父、やや大きめのチワワが1匹。埼玉県新座市在住。悩みは視力低下。

その他

  • 2017年末 技術評論社より書籍出版『勘違いをなくせば,あなたのホームページはうまくいく ~成果を上げるWeb制作・ネット集客・販促戦略の心構え
  • Googleアナリティクス個人認定資格(Google Analytics Individual Qualification)は恐らく日本で10番目前後の初期取得資格者
  • Podcast「中小企業を強くする実践ウェブマーケティングPodcast」は毎月1万ダウンロードを越え、最高でiTunes全体の9位に。三菱UFJ銀行のメディアでもお勧めとして紹介される
  • 経営革新事業認定、経済産業省認定情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)、サービス等生産性向上IT導入支援事業者など。

お悩み・お困りの方へ

「Webを活用できない中小企業をゼロにする」をスローガンに、中小企業専門でサービスを立ち上げました。

ありがたいことに、営業もせずに集客からクロージングまで行えるようになっています。もちろん、その仕組やノウハウも皆さんにお伝えしています。

みなさんも、Webを活用できるようになりませんか?まだまだ本当に活用できている企業は一握りです。成功のためにはモチベーションが必要です。

ぜひ、これを読んでいる方でピンときた方は、このサイトの色々なページを見たり、動画や音声セミナーを聞いてみてください。

そして、興味がわいた方はぜひお問合せ下さい。

あなたの隣を、伴走できれば幸いです。


お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さい。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム