ホーム » メルマガ » Chrome Dev Summit 2021で押さえたい2つのこと

目次

今週のトピックス

こんばんは、中小企業のWeb活用パートナー、ラウンドナップWebコンサルティングの中山です。

気がつけば、加湿器が必要な空気ですね。急いで引っ張り出して使っています。アロマエッセンスが使えるものもありますね。個人的にはレモン系で甘くないものがおすすめです。

さて、先週ですかね、Chrome Dev Summit 2021がオンラインで行われました。

動画はこちらです。

▶Chrome Dev Summit 2021 | Keynote: What’s new in Chrome – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=Df2U9-R-OJs

これ以外にもいろいろ関連動画ああります。きちんとした日本語字幕がありますので、興味のある方はざっとでもご覧頂ければと思います。

この動画については、大きくは

  • よりプライバシーを重視していく流れ
  • 使いやすいWebサイトはより重要性を増していく(CoreWebVital)
  • ビジュアルデザインはユーザーに委ねる部分がどんどん増える

この3つが大きいですね。

ぜひ押さえていただきたいので、2点だけざっくり説明させてください。

こういう流れにあるのだなということは、最低でも押さえておいたほうが良いです。

よりプライバシーを重視した広告…とは?どうすれば?

サードパーティCookieの排除を中心として、ユーザーの行動や趣向などを外部に知られないようにする、というのが今の流れです。しつこく追跡してくる広告などがわかりやすいかもしれません。

ただ、とはいえ、その人に合わせた広告なりが表示されたほうが、みなさんとしてもありがたいですよね。

全然興味がないものばかりでてきたら、鬱陶しさは倍増ではないでしょうか。

なので、外部にあなたのプライバシーを知られずに、でもあなたにあった情報を配信できることを実現するために「プライバシーサンドボックス」という一連のさまざまな技術が現在実験されています。

例えば、最も初期からあるFloc(フロック)は、あなたの情報は外部に出さず、ブラウザにだけ保存しておき、さらにそれを個別の行動がわからないように、数字に変換して、その数字に合わせて広告などのコンテンツを表示します。

 

…分かりづらいですね!

 

詳細は個々では省きますが、広告活用はどんどん二極化が進むでしょう。予算としては月間30-50万円、年間500万円位が分水嶺に思います。

それは、今はAI・機械学習をいかにコントロールできるかが、広告の効率を上げるための最重要項目だからです。そのためにはデータが必要です。データは広告出稿しなければ得られません。

大量の広告を出してデータが取れれば取れるほど学習は進み最適化されます。少額でちょっと広告を出すくらいでは、機械学習はまともに働かないので、効率よくならないんです。

売っているサービスによっては、どうやってもペイしないケースもあるでしょう。また、予算をふるのは難しいというケースもあるでしょう。

 

恐らくGoogleにしても他社にしても、少額向けの広告メニューは出してくると思います。

学習済みのモデルを利用するですとか…。このあたりのアンテナを強く張っておくことをお勧めします。

広告よくわからない!SEOだけでいいや(自然検索だけでいいや)!と考えるのはやめたほうが良いです。

取れるなら機会損失を最小限に取っていくことが大事だからです。自分のサービスに自身があるならなおさらです。

取れなかった分は、将来顧客として世の中に放流されているわけではなく、他社に取られている、とお考えください。

ビジュアルデザインはユーザーに委ねる部分がどんどん増える

レスポンシブデザインと言うと、ザクッと言えば「画面サイズに関わらずきれいに表示できる仕組みを施したデザイン」ですよね。

端的に言えばPCとスマホ両方で見られるホームページです。

ただ、Googleはそれだけではなく

  • 文字サイズ
  • ダークモード
  • 全体の色味など

もレスポンシブデザインに含めると言っています。つまり、ユーザーに委ねるべきということです。

そもそもビジュアルデザインの効果ってどんどん活躍の場が減っているんですね。

 

それは

  • スマホが増えて画面サイズが小さくなり、やれることが減った
  • ロゴやメインビジュアル、全体のカラーくらいは覚えているが、ほかはそれほど気にしていない
  • デザインがとてもよいからといって、それがそのままサービスや商品の質に直結するとは考えない(盛ってるだけと思われる)

などの理由です。

 

それが、このGoogleが今回発表したレスポンシブデザインの考え方が浸透すれば、もっとビジュアルデザインのできることは減っていきます。

色合いや文字サイズ・フォントまでコントロールできるのが当たり前になれば、微妙な要素のすり合わせや色合わせ、バランス調整などする意味は激減します。

そもそも、きれいに作ったからと言って売れません

だいたいそもそも、きれいに作ったからと言って売れません。

不快感を与えない及第点のレベル感と、お客さんが想定しているイメージに沿っているかという点をカバーできていれば、後は自己満足の世界にすでになりつつあります。
だいたいこだわりがあるのは、印刷時代を主として経験している世代なので、代替わりするとどんどん変わっていくのではないでしょうか。

みなさんも、自分のホームページ、いじると汚くなってしまうんじゃないかと不安になるかもしれませんが、多少崩れても、生っぽいほうが売れますよ。

 

また、テキストコンテンツも、

  • 本当にきちんとインタビューや取材を受けた上で、プロが書く
  • 現場の人が脳内を吐き出していく

どちらかでないと反応は取りづらくなります。

 

中途半端に制作会社に書いてもらっても、ダメなんです。特にSEOでは。
なぜか?こたつ記事だからです。

ネットで検索したり、ちょっと調べたら出てくる情報の継ぎ接ぎになるからです。

文章が上手い下手は、人間にとっては関係しますが、Googleにとっては対して問題になりません。文章がうまくても、オリジナリティが低ければ、評価は低いです。

 

もう今だって、飽和していますよね。同じような比較サイトたくさんあるじゃないですか。

 

現実的に、毎回プロのライターに取材して書いてもらったら一本20万とか平気でしますので、自分たちでひねり出して、整理やセカンドオピニオンを私達などから受けて修正、自分たちで公開してく、そうしないと、露出もそうですし、反応は取れないです。

もし「Webの会社ならなんとかしてくれる」と丸投げしている方がいたらやめたほうが良いです。

だいたい、Googleから見れば金太郎飴みたいな記事になります。

うちのコンサル先で動画に力入れているある会社さんがありますが、編集や撮影の仕方などはまだまだ言っては悪いですが素人ですが、YouTubeでの再生回数すごいです。そしてそこからHPに来てお客さんになってます。

 

うちも、そういう伴走してのブーストアップをどうしたらもっとできるかを、今一生懸命考えております。

 

と、長くなってしまいましたが、思うままに書きました。

技術の変化が速いので、やるべきこともどんどん変わっていっています。

 

キャッチアップ難しいですね。

終わりに

YouTubeが低評価の数を表示しないようにするようです。これを書いている現在はまだされてないみたいですね。

ただそもそも、全部数字出さないようにすればいいと思いますよ。

数字が出るのが当たり前のように感じるかもしれませんが、例えば他にGoodやBadボタンを表示しているものとしては動画や音声系サブスクがあると思いますが、あれはあくまで個人の趣向を伝えるもので、数は表示されていません。

YouTubeとSNS系だけですよね。

自分が好きなものを気持ちよく見るには数字なんてないほうがいいですよ。そうすれば数字稼ぎで迷惑なことをする人も減りますし、それで浮ついた商売する人も減るでしょう。

YouTubeがすべての動画の「低く評価」数を非公開に | TechCrunch Japan
https://jp.techcrunch.com/2021/11/11/2021-11-10-youtube-is-removing-the-dislike-count-on-all-videos-across-its-platform/

ただ、低評価の数が出ないだけでも、周りに判断基準を委ねる人の同調行動は減るでしょうから、効果はあるのではないでしょうか。評価が公に明示化されるのって、普通はストレスですからね。

それでは今回は以上です。

またメールしますね。


お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さい。

24時間受付 お問合せメールフォーム

中山 陽平

Web活用を本気で頑張りたい企業の成功とノウハウ蓄積を支援。小さな企業専門の伴奏支援。戦略立案から実行提案・診断・HP制作などを提供。無制限全国対応のアドバイザリ・顧問や嫌な営業対応代行など一気通貫で外部の専門家としてお守り。2001年に業界に入り支援経験600社以上。技術評論社から書籍出版、WebセミナーPodcastは月間1万ダウンロード。

View all posts

最新のメルマガ

月別メルマガバックナンバー

運営Webコンサルタント紹介

中山 陽平

Web活用を本気で頑張りたい企業の成功とノウハウ蓄積を支援。小さな企業専門の伴奏支援。戦略立案から実行提案・診断・HP制作などを提供。無制限全国対応のアドバイザリ・顧問や嫌な営業対応代行など一気通貫で外部の専門家としてお守り。2001年に業界に入り支援経験600社以上。技術評論社から書籍出版、WebセミナーPodcastは月間1万ダウンロード。

SNSでも情報配信中

共有