ホーム » メルマガ » HowとWhatを分離することで、ノウハウの収集はとても楽になる

こんにちは、ラウンドナップの中山です。三寒四温でしたがだいぶ落ち着いて参りましたね。また、新しい生活が始まった方も多いかと思います。良い門出になることを心よりお祈りしております。

さて、今回のテーマです。WebやITに対して苦手意識のある方むけに、情報収集に関して押さえて頂きたいポイントについてです。

情報収集に関しては、なんども取り上げているので「またか…」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。ただ、それは大事だからでもありますし、今回の内容は多分まだどこでも書いてないと思いますので、是非お読み下さい。

結論から言えば「HowとWhatを分離することで、ノウハウの収集はとても楽になる」のです。

顧問・継続コンサルサービスでもお伝えすることが多い内容ですね。

WebやITの話題に触れない方が難しいのが今の時代

日々、いろいろな情報に触れていて感じますが、どんどんと「プログラム」や「システム」などいわゆるIT的なトピックスに関わる情報は増えています。

それは当然のことで、これから業務を効率化したり、より改善を進めるために新しい物を取り込んでいくためには「AI」「機械学習・ディープラーニング」「アルゴリズム」「クラウドツール」などの話題に、どうやっても触れざるを得ないからです。世界のリソースがそこに集まっています。

なので、理想を言えばそれをそのまま取り込んで、嚙み砕いて自社に活かすということができればよいですね。ただ、それは現実的にはかなり高いハードルです。

実際、そういった事例を見てもやっぱり大企業だったり、人材に余裕があるようなところが多いです。小規模/中小企業の方としては

「とはいってもなぁ…」

「うちで実現できないような記事を読んでも仕方ないか…」

と感じてしまうのは当然でしょう。

では、そういう情報はミュートしてしまうのが良いかというと、それは非常にもったいないです。エッセンスの部分はぜひ取り込んで頂きたいからです。

手段と表向きの理由を「あえて」無視することでエッセンスが見いだせる

その方法としては、

「システム」というHow(手段)と、「コロナ」という”表向きの”理由をあえて無視して読む

がオススメです。

ここ数年、極めて経済活動的に厳しい状態にあった日本では、様々な取組が行われて来ましたよね。それは壮大な実験の繰り返しだったわけで、参考情報として宝の山です。

しかし、その様な事例を見ると、大概の場合

  • システムを導入して、うんたらして、こうできてコスト削減できました!
  • コロナなので、これこれをして、客単価が上がりました!

のように、手段としてはシステムが出てきますし、理由としてはコロナが出てきます。

これ、そのまま飲み込もうとすると、自分たちも同じようにシステムを使わないと行けないし、コロナは今からやっても手遅れかな、と感じてしまいます。

ただ、実際は

  • システムは手段に過ぎない、大事なのは「何を実現したらいいか」
  • コロナは、言い方は悪いが組織を動かすあるいはPR的な理由、大事なのは「それでなにを変えたかったのか」

という「What(何を?)」」さらにはその先の「Why?(なんで?)」が大事なんです。

例えば…Google×くら寿司の記事

例としてはこんな記事があります。Googleクラウドの顧客事例記事なので、敬遠されがちな記事かと思います。

くら寿司:GKE や Edge TPU などを駆使して来店から会計までを完全自動化し、新しい生活様式のためのサービスを提供 | Google Cloud Blog
https://cloud.google.com/blog/ja/topics/customers/kurasushi-gke-edge-tpu

実際、私もこの業界にいなかったら、あまり興味を持たないだろうなと思ってしまいます(笑)

もし私が飲食店経営者だったらと想像しますと…

「Googleクラウド…?難しそう、専門化じゃ無いとだめかな、お金もかかりそう、うちにはまだ早いかな…自動化するといっても、そこまで規模感のある店舗じゃないし、とりあえずルール決めと、周りがやっていることをやっておこう。それよりも資金繰りが…」

のような気持ちになっていると思います。で、記事を読まないと思います。用語も分からないし。

ただ、手段であるGoogleクラウドとコロナという前提を「あえて」スルーすると、こんな姿が見えてきます。

  • 入店から会計まで全部従業員の仕事じゃなくなれば、従業員負担が減る
  • 注文に必要な機材を買わなくて良くなれば、固定費が減る
  • 今のお客さんは、わざわざ人を呼ぶのではなく自分でやれる方が満足度が高い

そして明確に書かれては居ませんが、以下の様なことも想像できます

  • テーブルで支払う値段が分かっているか、テーブルでキャシュレス決済できる方が好まれる
  • できるだけ「汚れた物を触らない」ようにすると、採用も楽になる
  • 動かないと大混乱なので、繁忙期にも耐えられる仕組みでないと危険

システムとコロナを省いてみると、以外とシンプルでストレートアヘッドなことだったりするわけです。

見えてきた物に対して、今の自分たちでも少しでも対応できることはないか?を実行する

で、これに対してシステムなどではなく別の手段で実現できないか?と考えていくわけです。

  1. 「あの工程は、お皿にこういうルール付をするだけでだいぶ楽になるのでは?」
  2. 「こうすれば、自動的にお会計の金額くらいは出せるのでは?」
  3. 「スマホじゃなくても、紙注文対応にするだけで、声を出したくない人に喜ばれるのでは?」
  4. 「商品の価格を揃えれば…」

などなど、でてくるのではないでしょうか。

この記事に限らず、経営していた記事も、HOWを分離するだけでいろいろな「気づき」が得られる物です。

実際、今最もさまざまな実験が繰り返されているのは、そういう分野です。

ぜひ、そこからいろいろな物を取り入れて頂ければと思います。

そうすると、段々ITへの苦手意識も減っていくと思いますよ!

 

それでは今回は以上です。


お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さい。

24時間受付 お問合せメールフォーム

中山 陽平

Web活用を本気で頑張りたい企業の成功とノウハウ蓄積を支援。小さな企業専門の伴奏支援。戦略立案から実行提案・診断・HP制作などを提供。無制限全国対応のアドバイザリ・顧問や嫌な営業対応代行など一気通貫で外部の専門家としてお守り。2001年に業界に入り支援経験600社以上。技術評論社から書籍出版、WebセミナーPodcastは月間1万ダウンロード。

View all posts

最新のメルマガ

月別メルマガバックナンバー

運営Webコンサルタント紹介

中山 陽平

Web活用を本気で頑張りたい企業の成功とノウハウ蓄積を支援。小さな企業専門の伴奏支援。戦略立案から実行提案・診断・HP制作などを提供。無制限全国対応のアドバイザリ・顧問や嫌な営業対応代行など一気通貫で外部の専門家としてお守り。2001年に業界に入り支援経験600社以上。技術評論社から書籍出版、WebセミナーPodcastは月間1万ダウンロード。