【ウェブコンサル通信】「安いサービスほど怖い!気をつけて!とはどういうこと?」

ml_bn_catch (1)
みなさんこんにちは、ラウンドナップ・コンサルティングの中山です。シルバーウィークはいかがお過ごしだったでしょうか。

疲れが取れた方、むしろ疲れた方…様々にいらっしゃると思います。休みとなると何かしなければと思ってしまうのは、どうも私たちの性なのかもしれません。

ちなみに私は、肉体的にかなりキております…運動不足でしょうか…2歳の息子を連日連れ回して背中が軋んでおります。
 

近況報告ですが、コンサルティングという仕事について少しお伝えできればと思っています。

そこで、これは正直色々なところから反論というかチクチク言われるかもしれないな、でもお客さんのことを考えたら書かなければならないなということを、まず一部コンテンツにしました。

実は、こういう内容は企業の中での「発注・検収力アップ」社内研修などでは前からお伝えしていました。とは言え一般公開するのは初です。本当にクローズドでしか言えないことは省いておりますが、結構踏み込んで書いておりますので、ぜひ発注側の方はご覧頂ければと思います。

→Webコンサルティングサービスを選ぶ時の判断基準とは?

こういう内容でよくありがちな「いいから、うちを選べ」的な内容ではありません。最後に一応サービスへのバナーを入れている程度です。

「いいから、うちを選べ」にできない理由はもう一つあります。というかできないのです。

長い目で見て幅広いお客さまに価値を提供できるサービスになりたいと考えておりますが、現状弊社のサービスは「自分でやる気がある」「丸投げではなく自社を巻き込んで欲しい」「ノウハウも欲しい」といった、二人三脚型の方のみ、承っております。なので、とにかくうちに〜という流れにできないというのもあります。

お問合せに対しても、結構「こちらから他の会社をおすすめする」「お役に立てないとお断りする」ケースが実はあるのです。

「安いサービスほど怖い!要注意!とはどういうことか?」

これからWebの世界で勝って行くなら、本気で立ち向かわないと難しいです。とりあえずホームページを作れば問い合わせが来た時代は終わりました。適当に地域キーワードやターゲットキーワードを入れたサイトを作っていればOKの時代は終わりました。

きちんと事業を分析して、それを元に他社に負けない強みや色を出して、伝わるようにアピールしていかなければなりません。外部の会社に丸投げしてよろしく!ですむ問題では無いんです。

みなさんの得意なところと、外部の人間としての得意な所を合わせて、立ち向かっていく体制を作ることが重要です。

だって、みなさんのご商売を一番知っているのは、みなさんご自身ですよね。そして、伝えたい思いや、日々の業務に掛ける情熱をお持ちなのも、みなさんですよね。皆さん自身が伝えられるようにならないで、どうするのでしょうか。

私たちはそこを引き出し、どうやったら伝わるかを考え、案を出し、そしてそれを形にして改善のサイクルを回して結果につなげていきます。言ってみれば我々はきっかけづくりとブースターの役割です。

二人三脚じゃないと成功しないというのはそういうことです。

お互い頑張らないといけないのです。

だから、安いサービスは怖いのです。

一番ダメなのは、適当なヒアリングシートに記入したら、担当者がそれを元に数字をいじって、Webサイトが機械的にでき、それを最初だけ電話でちょっと相談に乗ってもらえたと思ったら、あとはおまかせ…のようなパターンです。

親切なようで全然親切ではない。なぜなら、最初からバッチリな方向性のサイトができることなんてほとんどないからです。改善のサイクルを回しながら、自社とマーケティング会社(コンサル会社)で考えて考えて成功に近づいていくものです。

言い換えれば、自分たちで効率良く走れるようになるまで一緒にやってくれるパートナーが必要です。特に中小企業の方々のように兼務・忙しい・専門知識を仕入れる隙がない、といった方はなおさらです。

安いサービスほど怖いのです…。なぜならそういったところを「自分でできる」「教材がある」などの言葉でごまかしているケースが多いからです。

本当に、気をつけてください。とにかく今日はこれをお伝えしたかったです。安いサービスほど怖い。怖いので、ちゃんと吟味してないといけないん、です。

厚化粧をしたようなサービスが結構有ります。

(掲載写真もPhotoshopで加工しまくられてサイボーグみたいな写真になっているサービスもありますが…)

安いのは、安いなりの訳がある、それは食品でも衣服でもWeb関係のサービスでもみんな同じです。そして投下した時間は帰ってきません…。

もちろん高ければ高いほどいいわけではないですが最低ラインが有ります。どの辺?というのは具体的にはここでは書きづらいので、先ほどご紹介したコンテンツをご参照頂ければ幸いです。

悩んだらお問合せくださいね。このサービスどうなの?など、実はこっそり聞かれます。

私が知らない場合は、こっそり覆面問い合わせ電話したり知り合いに聞いたりします。録音型電話相談室など作ろうかと思っていますが、あったら皆さん使いますか?^^; 
メールが面倒くさいという方向けのサービスです(ジャストアイデアです)

ちなみに良いサービスも沢山ありますので、ご安心下さい。今は昔に比べたら悪いサービスは結構淘汰されていると思います。弊社も提携しているサービスたくさんありますが、それはそういった調査の中から見つけたものも多いです。

世の中、本当にいいものが、それとマッチする所に飛んで行くようになればいいなと日々思います。そんなことを考えながら今日も深夜まで仕事をしております。深夜は好きです。きっと生い立ちに関係があるのだと思います。

その辺りも新サイトでは書いているのでよろしければご覧ください。

→ 会社概要・代表者紹介はこちらから

  ※実は結構恥ずかしいのですが…

それでは本日のメールは以上です。

シルバーウィーク明けできっとメールボックスは一杯になっているかと思いますが、息抜きになっておりましたら幸いです。

それでは、またメールしますね。

 

追伸:競合サイトを丸裸にする競合調査サービスを開始しました。

https://www.roundup-consulting.jp/competitor-analyze )SimilarWebProという月額60万円くらいのツールを使って得たデータを元にした分析サービスです。

ただいまモニター価格で39,800円の払いきりでご提供しています。ご興味のある方はお早めにお申込み下さい。

普通ではわからない他社のマーケティング状況がわかるので真似したり参考にしたりすると、とっても良いですよ!また改めてメールで告知したいと思います。

お悩みの方は お問合せフォーム などからご一報くださいませ。
 
 

 

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム