第84回:お客さまの声・成功事例を見る時の注意点と分析のススメ

PodcastはiTunesのPodcastディレクトリからダウンロード下さい。自動的にダウンロードされて便利です

または、以下のプレイヤーからご視聴下さい。クリックするとスタートします。

今回の内容について

幸いなことに、この間久々にポッドキャスト全体、ワールドワイドで9位か7位のトップポッドキャストに入りました。一応月刊1万ダウンロードということでたくさんの方に聞いていただけているのかなということで、嬉しいなという気持ちです。

それはさておき今回の話題に入りたいと思います。今回はタイトルの通り、「お客様の声」という話です。

これは例えばホームページ作成やいろいろなサービス、WEBで言えば一番多いのはホームページ作成、或いは広告関連かと思います。みなさん必ず見ると思います。

やはりこういうお客様の声とかっていうのは、昨今どうしても自分たちでねつ造したりとか、ステマだったりとか、そういう話がありますので、みなさんもある程度注意して見ているとは思うのですが。

でもきちんとお客様が書いていて、その内容が本当に審議してあるというものももちろんたくさんあります。ほとんどがそういうケースだと思います。

ただ、そういう本当に真実が書かれているケースであったとしても、注意しなければならないポイントというのがあるんです。例えばそれが本当に良いレビューばかりで、「じゃあ自分たちもここにお願いしたら、このツールを使ったらきっとうまくいくんじゃないか」というふうに思ってしまうというのは、少し危険です。

そのお客様の声ですか、制作事例ですか、成功事例というものが真実であったとしても、それがそのままみなさんの元にプラスとして訪れるとは限らないんですね。

今回はそれについてと、それを検証していく過程で得られるものというところを、お伝えしたいと思います。みなさんがお客様の声を見るときの注意点と、その注意することによって得られるもの、こういうことをしてくださいということをお伝えしたいと思います。

まず成功する、成功事例に載っていたり、制作事例の中で大きく売り上げが上がったとかで1位になったとか、SEOみたいなところですね、というふうになっている場合です。

まずみなさんに押さえておいていただきたいのは、それがどんなツールを使っても成功する人ではなかったのかどうか、というところなんです。

世の中にはビジネスセンスがある方もいれば、或いはすごく努力家であったり、ひたすら自分自身で時間を忘れてトライアンドエラーを繰り返せる人というのがいるんですね。そういう方は当然成功しやすいわけです。

実際にお客様の声を見ていると、マニュアルを片っ端から見たとか、CDを片っ端から見たとか読んだとか聞いたとか、それから事前にそれに関する分野の本を片っ端から読んだけれども分からなかったとか。

そういうふうに自分ですごく勉強する方やトライしてきた方がいるんです。こういう方というのは、恐らくですが、どんなツールに出会っていたとしても、ある程度の成功を収めていると思います。

つまりみなさんはツールやサービス選びをしたい、どこにお願いするかを選びたいと思うのですが、成功事例の中では、感覚的には半分くらいの方、インパクトのある成功事例を出している人の中で半分くらいの方は、恐らく別にほかの会社さんやツールを使っていても成功したお客様です。

ただ単に何らかのコネクションであったり、もちろんコネクションを持っている、接点を作れているというところも会社の強みだと思いますが、それはそれとして・・・。

偶然出会ってしまって、ここの成功事例にこの人はなったんだな、というケースが多いです。例えばうちのコンサルでもそうですが、このお客様はうちのコンサルではなくても、コンサル選びに疲れて一人でやっていても、時間はかかるかもしれないけれど確実に成功と言えるような結果を残していたのではないかな、と思うことがあります。

そういう方が結構たくさん来てくれるので嬉しいのですが。なので、まずみなさんは成功事例にコメントが載っていた場合は、その後ろにその人自身のパワーがどれくらいあるのかというところを、きちんとチェックしたほうがいいです。

成功事例がそういう人たちばかりだった場合は、そのツールやサービスやその会社さんを使ったとしても、+α自分たちも同じような努力をしないと成功しないということを押さえておいたほうがいいです。

結構これを見誤ってしまって、「ここのサービスを使ったら、ここにお願いしたら、自分たちも同じようになれるんだな」と思い込んでしまう方が多くて。で、実際にやってみると何だか同じようにうまくいかないというケースが多くて。

それで相談してみると、「こんなことをたくさん頑張ってください」と、「そんなのうちで時間がないな、できないな」、というケースがあるんですね。

この続きはPodcastをお聴き下さい。

Podcastが聞けない方はYouTubeでどうぞ。

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム