第94回:HP制作は非常に便利な振り返り手段

PodcastはiTunesのPodcastディレクトリからダウンロード下さい。自動的にダウンロードされて便利です

または、以下のプレイヤーからご視聴下さい。クリックするとスタートします。

今回の内容について

今年最初の話題は、昨年末に中小企業白書と小規模事業白書についてお話させていただきましたが、その中で特に小規模事業者と呼ばれる、従業員、資本金の少ない企業が厳しいという話題をお伝えしています。小規模事業白書やその概要部分について詳しく知りたいという方は、前回、前々回のPodcastをぜひお聞きください。今回は、1月6日のウェブ版のNHKニュースで、それにつながるようなニュースがありましたのでご紹介したいと思います。

内容は、WEBの特集で、「中小企業2017年問題」ということで、団塊世代の経営者が70歳を迎え始めるのが2017年以降ということです。

何が問題かというと、小規模事業白書の回を聞いていただいた方はお分かりいただけるかと思いますが、「高齢化」です。高齢化で後継者がおらず事業承継ができないので、どんな良い技術をもっていても廃業せざるを得ない方が増えていくのではないかということで、どうしたら後継者難による廃業を食い止めることができるかという内容が、このニュースの中で扱われています。

このようなニュースが特集で出ることは珍しいので、興味深く拝見しましたが、やはりここでも跡継ぎがいないということで一つ例として挙げられているのが、東京墨田区のタイル販売工事会社ということで、製造業系です。

その中で社長さんが言っているのが、「明日自分が倒れたらどうするんだ、と、この歳になると考えます。目の前の仕事を必死にしてきたけれども、いざ後継者を考えるとなると、とにかく難しい。」

きっと同じようなお気持ちの方も、いらっしゃるのではないかと思います。

これは、団塊世代の中小企業経営者にかかわらず、とても大事な部分です。事業を承継して跡継ぎに滞りなく事業資産を渡していくということは、経営者として非常に重要な任務の一つと言われています。

企業規模にかかわらず、事業承継というものは社長、経営者にとってとても重要なものとして常に認識しなければならないものです。

その上で、このニュースの中では状況改善の方法の一つとして、商工会が中心となって「企業健康診断」というものをすることが重要であり、成果を挙げているということです。

続きはPodcastでお聞きください。

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム