第96回:Webコンサルタントになりたい、という方へ伝えたいこと

PodcastはiTunesのPodcastディレクトリからダウンロード下さい。自動的にダウンロードされて便利です

または、以下のプレイヤーからご視聴下さい。クリックするとスタートします。

今回の内容について

みなさんこんにちは。ラウンドナップコンサルティングの中山です。本日もノンスペシャリストのためのWEBマーケティングラジオを始めて生きますので、最後までお聞きいただければと思います。

今回のテーマですが、「WEBコンサルタントになりたいのですが・・・」ということです。これは実は何件かご質問いただいているのですが、そちらについての回答として今回お送りしたいと思います。

内容としては、将来WEBコンサルタントになりたい、そういうことをやりたいけれど、いったい自分はこれからどういったキャリアパスを踏んでいけばいいのか。

或いはこれから社会に出るけれど、将来そういうことをするためにはいったいどうすればいいのか、WEBの企業に入ったほうがいいのか、それとも一般企業でまずはいろいろな業務経験を積んだほうがいいのか、みたいな観点もあります。

既にWEB業界で今似たようなことをしていて、これからその辺りのスキルを付けていくためには、いったいどういうことを覚えていくのが最も効率がいいのか、そういった観点もあります。

これは非常に毎回どう答えればいいのか悩ましい部分ではあるのですが、今回一つの考え方をお伝えできればと思います。

まず一つは、一番最初に考えていただきたいのですが、自分が行いたいことは本当は何なのか、ということです。どうしてもみなさん、WEBコンサルティングをやるんだ、WEBコンサルタントになるんだ、というところから入ってしまうのですが。

実際やりたいことを突き詰めていくと、それは別にWEBコンサルタントではなくほかのものでもいいのではないか、というケースがよくあります。

なので、結論から言ってしまえば、まず自分は何をしたいのか、どういう貢献をしたいのか、ということを考えていただきたいのです。それによって相当やらなければいけないこと、カバーすべきこと、学ぶべきことというのは変わってきます。

中小企業を丸ごとサポートしたいです、という場合、実はすごく幅広いです。これはいわゆる経営コンサルタントさんなんかの領域ともかぶるわけなのですが。

WEB、どこまでカバーしているかと言うと、解釈にもよりますが、まずそもそも経営戦略というものは大きく三つくらいに分かれるのですが。

一つが3C分析とか、4Pとか、ファイブフォースとか、そういうふうにフレームワークでいろいろなことをこねくり回すような競争戦略の部分というのがありますし。

それからその上に企業戦略とか、どこに自分たちがリソースを割いて利益を得ていくのかという、企業としての方向性の問題がありますし。また組織戦略なんていうものもあります。

そういった競争を行っていく際の、バックのリソースですね。或いは企業としての強みを維持するための、様々な活動というものを行うための組織戦略、そういったものが集まって経営戦略というものがあるので。

ではその全てをカバーするのはWEBコンサルタントではなくて、経営コンサルタントだと思います。一般的にWEBってどこかというと、やはり競争戦略の部分ですね。

競争の中の一つのチャネルとしてWEBがある。ほとんどの企業さんの場合、

WEB以外にリアルの対面であったり、基本的にリアルの販売チャネルがあって、それと平行してWEBが存在するわけですから、競争戦略の中の一部のエリアについてカバーするのがWEBなんですよね。

そこだけで終わるかというと、またWEBの中でも様々な手法があります。SEOであったり、広告戦略であったり、ソーシャルであったり、今であればもっと細かく動画とか、こういう音声系とか、リアルとのシナジーを狙う部分とか、IoTとか、いろいろなものがあります。

まず考えていただきたいのは、自分がやりたいのはどこまでなのかということです。もし一番細かい手法の部分、例えば私はコンテンツ戦略に関してとにかく企業をお助けしたいんだと。

企業が情報発信する際のやり方とか、どんなことを書けばいいのかとか、日本語の使い方とか、更に言えばそれを海外にアピールするためにはどういうことをやっていかなければならないのか、という部分に特化するのであれば、WEBコンサルタントなんて名乗るよりも、コンテンツ戦略アドバイザーとかそういう感じの内容が分かりやすいものにしてしまったほうが、ブランディングしやすいです。

それに研究対象として情報収集することが、その分野に関してすごくとがりやすくなると思います。ただやはりその上流工程には行けないので、いかにそういう人たちに対してアピールするか、という部分は重要になってきます。

そうではなくて、例えばWEB全般のセールスとマーケティングみたいな話になってくると、またこれもいろいろな手段を使い分けながら各分野のスペシャリストみたいなものをコントロールというか、いろいろお願いしながら全体の戦略を動かしていくようなことになります。

この辺りがもしかしたら一般的にWEBコンサルタントのイメージになってくるのかもしれません。

続きはPodcastでお聞きください。

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム