第97回:提示されたデザイン案の判断基準が分からない時は

PodcastはiTunesのPodcastディレクトリからダウンロード下さい。自動的にダウンロードされて便利です

または、以下のプレイヤーからご視聴下さい。クリックするとスタートします。

今回の内容について

今回は、デザインについての話です。デザインは分かりづらい、どうやって決めたら良いわからない。デザイナーの方と上手くコミュニケーションが取れない、など悩む方は多いですね。

私自身DTPデザイナーとWebデザイナーを経て、マーケティングやコンサルの領域には行って参りましたので、そこの部分については肌間隔が両方の立場であります。

そこで今回は、そのコツをお伝えできればと思います。

弊社のお客様からのご相談の中でも、「デザイン案を提示されたが、それをどう評価したら良いかわからない」「発注しようと思うが、それぞれについてどのような形で情報を出していけばよいかわからない」といった、デザインに対しての接し方、見方、評価の仕方がわかりづらいという声を、いろいろなところから聞きます。

きっと、デザインに関して胸を張ってきちんと判断できるという人は、もともとデザイナーであったり、その関係のお仕事に就かれていた方を除けば、まずいらっしゃらないのではないかと思います。特に経営者の方に、悩まれている方が多いです。

ではどのように接していけばよいのでしょうか。それには二つのポイントがあります。

一つ目は、「提示されたものに対してどのような姿勢を持つべきか」ということです。

二つ目は、「自分自身の判断基準や知見を拡げていくにはどうしたら良いか」ということです。

この二つを育てていくということを、ぜひおこなっていただきたいです。もちろんいろいろな判断基準、質問の方法はありますので、今回ご紹介しますが、やはり自分の中に「良いもの」のストック、例えば「今の若い人にはこういうものが良いのだ」などといったものが溜まっていないといけません。その二つが両輪となって、正しくデザインというものを評価できるスタート地点に立ちます。

まず一つ目の、提示されたデザインに対してそれをどう評価したら良いのかということですが、これはみなさんすごく苦労なさっていると思います。当然、提案する会社さんはそれに対していろいろな説明をされると思います。それに対して、なんとなくよくわからないからきっと良いものなんだろう、かっこいいから、社員が「いい感じ」と言っているからそれでいいんだろう、とOKして決済してしまうというケースがかなり多いです。

これは、お互いよくありません。

続きはPodcastでご購読下さい。

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム