第98回:Webで勝つためにもっとも重要なのは持続力

PodcastはiTunesのPodcastディレクトリからダウンロード下さい。自動的にダウンロードされて便利です

または、以下のプレイヤーからご視聴下さい。クリックするとスタートします。

今回の内容について

みなさんこんにちは。ラウンドナップコンサルティング代表の中山です。それでは本日もノンスペシャリストのためのWEBマーケティングラジオを始めていきたいと思います。ぜひとも最後までお聞きただければと思います。

今回はテーマとして、「持続力」というものについてお伝えしたいと思います。今の時代、様々な企業がWEBを活用してそこから成果をあげていく、たくさんの企業がそれを行っているわけなのですが。

その中でこの要因、持続力というものがきちんと備わっている企業は強いな、と常日頃感じています。今ネット上に様々なノウハウがあります。

それはSEOとか、広告の戦略とか、WEB制作、どういうふうにホームページを作るかとか、そのほかにも様々なノウハウというものがネット上にたくさんあって、実際それをきちんとやっていくだけでかなり良いものができますし、それを取捨選択してきちんと回していくだけで、成果はある程度あがるような時代になっています。

とても素敵な時代ですよね。昔はノウハウというものは外に出ない、なかなか情報として出ないものですから、自分たちで開発していくか、どこかに助けを求めて結構な高いお金を払って、それを得ながら頑張っていくしかなかったわけです。

それが今情報発信をしなくてはいけないという時代で、かなりの情報が外に出ていますし、昔なら有料だったものが無料でたくさん出ているという状況が今あります。

うちも昔の有料教材みたいなものはどんどん、ほとんど無料で出してしまっていますね。そういう時代の中で、それを回す人材というのは、これはなかなか植えてはいないのですが、とは言え回せる人はいます。取り合いになっていますが。

こういう環境になっていますので、10年前とか15年前とかそういう時代に比べると、非常に企業はおいしい材料、つまりこれをうまく調理すれば成功するよ、成果があがるよ、というものがきちんと目の前にあるような状態になっているわけです。

戦略が立てやすい、WEBを活用しやすい状況にあると言えます。昔であれば、その材料自体をどこか遠くに行って拾ってきたりとか、持っている人から高いお金を出して買ったりとか、そういうことをしなくてはいけなかったわけなので、今は非常に恵まれた時代だと思います。

ただそういう新しいものを試すとか、情報をきちんと咀嚼してやってみる、こういうものはどの企業もどんどんできるようになってきています。

ただ成功と失敗を分ける一つの要因としてもそうなのですが、持続力という隠れた要素、ファクターというものが、なかなか育っていないなというのが今の私のコンサルタントとしての感想です。

例えばいろいろなことをやってみる、もちろんやはり1ヶ月でやめてしまうとかそういうことはあまりないのですが、3ヶ月、6ヶ月やって、1年やって、3年やって、5年やって、10年やって・・・これすごいですよね。

そういったことをやるという企業さんが、あまりないです。実際ではどうやったらWEBで成功するかと言うと、もちろんいろいろなテクノロジーの進化があるので、新しいものを取り入れていくことは大事なのですが。

根本的に大事な部分って、そんなに大きく変わりませんよね。きちんとお客様を集めて、そのお客様を育成して、そしてお客様になってもらう、1回購買が発生して初回客になってもらったらそこからフォローをしていって顧客になってもらうという、そういう流れというのは基本的に変わらないわけです。

それに沿って行えることって、昔からあまり変わっていなくて、集客で言ったらチャネルは増えていますがやることは変わっていません。

見込み客育成に関しても、それが自動化されていたり手段が違ってきたりはしていますが、育成というものをやらなくてはいけないことは変わっていません。初回客に対してフォローしていかなくてはいけないということも、変わっていません。

それぞれに対して、恐らくこれは生涯そんなにすぐに変わらないだろうという部分を、ずっとひたすらやれている企業というのは、強いですね。

それに対して、今これだ、来年はこれだ、今こっちのほうがどうも効果がありそうだということで、あっちこっちにいろいろなことをしてしまっている、そういう会社さんというのはなかなか根本的なノウハウが根付かなくて、うまくいかないケースが多いなと感じます。

それはたぶんWEB業界の人の出入りが激しい、辞めたり入ったりが激しい、そのために属人的なノウハウというのがどんどん外に出て行ってしまうということもあると思いますし。

会社として取り組んでいないから、一貫性のあることをずっと続けていけないということもあると思います。ですがやはり、一番最初の「自分たちはこういうふうにお客様を作っていく」ということを考えて、だったらこれが効果的だということを探す、そのためにいろいろなことをしているのだという意識ですね。

続きはPodcastでご購読下さい。

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム