第120回:日本政策金融公庫の面白いツール、カスタマーサポートとの連携の重要性など17年9月1週の注目NEWS

今回の内容について

今回は「日本政策金融公庫の面白いツール? カスタマーサポートとの連携の重要性 など17年9月1週の注目NEWS」という内容です。

PodcastはiTunesのPodcastディレクトリからダウンロード下さい。自動的にダウンロードされて便利です

または、以下のプレイヤーからご視聴下さい。クリックするとスタートします。

エピソード詳細

まず最初にお知らせです。
隔月発行している紙のニュースレターの最新号を発送しました。

今回の内容は

  • Amazonなどをはじめとする大手にどう立ち向かっていくか、あるいは、立ち向かわないとしたらどういう考え方をすればいいか
  • モノ売りからコト売りへの流れ、いったいどうしてそうなっているのか
  • 新しい技術のキャッチアップについての考え方

等になっています。

すでに登録いただいている方は自動的に透明の封筒でお送りしています。

興味があるという方はホームページの登録フォームからご登録ください。無料です。また、いつでも解除できます。

Zendesk CEO「カスタマーサポートとマーケティングの連携が鍵」

宣伝会議のメディア、アドタイ(AdverTimes)にZendesk CEOミッケル・スヴェーン氏の「カスタマーサポートとマーケティングの連携が鍵」というインタビューが掲載されていました。

日本ではあまり見かけませんが、セールスフォースやAmazonのWEBサービス系EC2など海外のツールでは、掲示板形式のところに質問を投げて、そこに回答がつくようなチケット制のサポートが行われています。

カスタマーサポートセンターを通じて様々な問題を解決していきながら、お客様の悩みを蓄積する仕組みをとっています。

Zendeskは、こういった形式のサポートを支援するツールのひとつです。弊社でも使っていたことがあります。

お客様ごとに、この人はこういうことに悩んでいて普段こういうことを考えているんだなというのがわかります。メールや電話ではない形で、お客様の悩みを収集して共有できるので、とてもおもしろいツールです。

このZendeskのCEO、ミッケル・スヴェーン氏のインタビューがアドタイに掲載されています。ぜひ読んでいただきたい記事です。

カスタマーサポート部門とマーケティング部門の連携が大事だよ、という内容です。

これは、弊社がホームページを作る際には必ずお伝えしていますし、ヒアリングもしていることです。

ホームページを作るとき、いかに反応が得られるホームページを作るかというのは、お客様についてさまざまな情報をもらえるかどうかにかかっています。

しかも、その情報がみなさんの頭の中にある「脳内お客様」ではなくて「ナマの声」がどれだけ得られるかというところが、かなり重要になります。

続きはPodcastでご購読下さい。無料です。

 

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム