第131回:梨農家の改善ノウハウをクラウドファンディングで公開?など11月第4週トピックス

今回の内容について

今回は、梨農家の改善ノウハウをクラウドファンディングで公開?など11月第4週のトピックスで押さえて頂きたいポイントをまとめています。

梨農家『阿部梨園』さまの改善事例について、とても興味深いのでぜひご覧頂きたいです。

PodcastはiTunesのPodcastディレクトリからダウンロード下さい。自動的にダウンロードされて便利です

または、以下のプレイヤーからご視聴下さい。クリックするとスタートします。

エピソード詳細

12月目前ということで気温も下がってきました。今朝も幼稚園にうちの子を送り出すときに息を吐いたら、白い息になって、もうずいぶんと寒くなってきたことを感じました。インフルエンザなども流行っているようですので、皆さんお体に気をつけてお過ごしください。

では今回、11月第4週のニュースをご紹介していきます。

梨農家の改善ノウハウをクラウドファンディングで公開

まず、ひとつめは、とても面白いのでぜひチェックして欲しいニュースです。

「阿部梨園」という栃木県宇都宮市にある梨農家がクラウドファンディングを行っています。

「自分達が経営改善のために行ってきたノウハウを公開するために資金を集めたい」という内容のクラウドファンディングです。

これだけ聞くと「それでお金集めるの?」という感じにもなるのですが、中身を見てみると非常に面白いです。

実際400件以上の経営改革を、大学のインターンシップで入ってきた方と若い経営者が一緒になって進めていった結果、非常に大きな成果を上げた、そのノウハウなんですね。

3年で、当初抱えていた問題のほとんどが解決し、生産管理もスマートに行えるようになったそうです。このあたりにはITやWEBの技術もいろいろ入っているようです。さらにブランディングまで成功したということです。

そして農家にとって利益を確保するために大切な「直売率」。これがほぼ100%。99%を超える梨をすべて阿部梨園ブランドで販売。これらをわずか3年で達成したということで、相当の努力はあったと思います。

この非常に生々しい様々なノウハウを公開していくためのクラウドファンディングだということで、見つけたときには、非常に面白いなと思いました。

すでに支援は目標金額を超えており、100件のノウハウに関してはオンライン上でノウハウサイトとして作って公開します、ということが決まっています。

さらに200件、300件とノウハウをどんどん出しますよ、ということで、現在も募集は続いています。

生産者や一次産業の経営ノウハウはレアで貴重

なぜこれが面白いと思ったかというと、このような生産者や一次産業のノウハウが外にでることは、これまで無かったんですね。

そもそも一次産業がITやWEBからかなり遠い産業です。生産機器に対してのネット対応などは進んでいる状況ではありますが、販売やブランディング、マーケティングに関して改善活動を行って成功した事例というのは、製造業と同様、なかなかありませんでした。

ブランディングに成功して、直売率が上がっていて、具体的な数字はわかりませんが利益率や売上も上がっている、そのような事例というのは、その業種専門のコンサルタントの方々は持っているとは思いますが、外に出てくるということはなかったんですね。

阿部梨園さんとしては、直売率が上がったことが一番嬉しかったということです。

それ以外では、高級品や贈答品としてのブランド化に成功、PRによるイメージの確立、販路拡大、単価の改善、会計や労務のクリーン化、合理化、仕組み化・・・このあたりは、iPadのレジを入れたり、freeeなどクラウド型の会計システムを入れたりしているそうです。

さらに、コストの見直し・改善による業務効率の向上、これらは、経営者も働いている方も一丸となって達成したということで、非常に興味深いところです。

クラウドファンディングで支援する際に「勉強会コース」というのがあったので、この方に来てもらって話してもらおうかな、とも考えています。

続きはPodcastでご購読下さい。無料です。

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム