第182回:他分野での気づきにも繋がるのが【勘違いHP本】の隠れた活用法

PodcastはiTunesのPodcastディレクトリからダウンロード下さい。自動的にダウンロードされて便利です

または、以下のプレイヤーからご視聴下さい。クリックするとスタートします。

今回の内容について

今回は、他分野での気づきにも繋がるのが【勘違いHP本】の隠れた活用法という話題です。

拙著「勘違いを無くせばあなたのホームページはうまくいく」は、HPのための本と思われがちですが、実際は外と中の使い分け、中小・小規模事業者の立ち回り方などウェブに限らない実践知識がたくさん入っています。

いろいろなことに置き換えをしながら読んで頂くと良いかもしれません。その観点での使い方をお伝えしています。

エピソード詳細

今回のテーマは、「他分野での気づきにも繋がるのが、勘違い HP 本の優れた活用法」という内容を送りしたいと思います。

「勘違い HP 本」というのは、私が2017年の年末、今から1年半ぐらい前に技術評論社様から出した書籍です。

この本のちょっと違った活用の仕方について、おすすめのやり方をお伝えします。

なぜかと言うと、昨日 Twitter の方を見ていたら、具体的な名前は伏せますが、他の AI とかそちらの分野の方が、「この本はホームページに関する本だが、 AI に関しての外と中についての取り組み方についてすごく参考になる」ということで書いて頂いていました。それがすごく嬉しかったからです。

基本的にはWebについての話なのですが、「ホームページ以外のところでもすごくいろんなことがわかりやすくなりました」というお声をいただきます。

そこに関して気づいてくれた方は、もちろんそのまま継続していただきたいですし、また、本を読んでいただいた方、みなさんに、こういう使い方もあると知っていただきたいというのが今回の趣旨の一つです。

もう一つは「ホームページは自分にはあまり関係ない」という他の部署の方でも、こういう気づきを得られることがあるということをお伝えしたいというところです。

書籍は1500円、1600円程度ですが、書く方は一年掛かりでいろんなこと考えてやっているものが凝縮されています。その観点も含めて是非読んで頂きたいです。

改めて自分で読んでみると、もっといろんなことを書きたかったな、出したかったな、というところもあります。

また次に本を出すと言うと、いろいろ手続きや時間が大変なので、動画教材などで出そうかと思ってはいます。

その中で、他分野やそれからホームページ以外の普通の Web 全般といったものでも役に立ったというのケースは、前半です。

書籍をお持ちの方は、目次を一緒にご覧ください。

第1章から第10章とあり、割りと後半の第5章・第6章ぐらいから、個別のコンテンツやSEO、リアルとの関わり合い、アクセス解析、そういったWeb 特有の部分が入ってきます。

その前の一番大事な部分、一番力を入れて書いた、そして一番伝えたかったのは、第1章から第4章です。

ここは、そもそもホームページはどういう風に取り組むべきか、社内体制の作り方、パートナーとして選ぶ会社を選ぶ時にどのような考え方をしたらいいのか、ホームページを作っている最中に何を気をつけるべきで、どのようにに関わっていかなければならないのか。

そういったところに、かなり紙幅を割いています。

ここに紙幅を割いている本はあまりないということで、今回の企画が通ったのではないかと思うのですが、全体の1/3以上がそういう個別具体論、技術論ではなくて、そもそも論になっています。

これは全部私の方で実践していた結果のもので、すごく地に足が着いた内容になっていると自負しています。

本の中では、ホームページ作成会社や、うちのような Web コンサルティング で作るケース、あとは広告代理店の広告の絡みで作るケース、ここは、そういったホームページ制作のケース中心に書いています。

ですが、ホームページ以外でいうと、例えば販促周りで言えば、リアル系の販促会社や、それから店舗関係のアドバイザーといったところと契約してる方もいるでしょう。

また、いったい自分たちでどういう商品を仕入れたらいいのか、店舗作りをどうするかなど、自分たちでやっている方々にとっても、こういう考え方をして、「自分たちはこれをやって、こういうところは外に出すことを考えた方がいいんじゃないか」、「今の業者さんとの付き合い方をこういうふうに考えていったらいいんじゃないか」と、いろんな立場の方々にとって気づきがあるはずです。

例えば、第1章の大きな章題としては、「ホームページのビジネス活用に関する勘違い」というタイトルになっています。

続きはPodcastでお聞きください。

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム