第183回:中小企業白書・小規模事業白書から見える、生き残るために今行っておきたいこととは?

PodcastはiTunesのPodcastディレクトリからダウンロード下さい。自動的にダウンロードされて便利です

または、以下のプレイヤーからご視聴下さい。クリックするとスタートします。

今回の内容について

4月26日付で経済産業省・中小企業庁から小規模事業白書と中小企業白書の2019年版が出ました。PDFで全文閲覧できます。

今回の柱とは何か?はもちろんのこと、相変わらずのテーマとなっている「事業承継」と「IT活用(IoT等含む)」について、その下敷きとなっている「中小・小規模事業者が行っていなければならないこと」について、お伝えしています。

いろいろなことに置き換えをしながら読んで頂くと良いかもしれません。その観点での使い方をお伝えしています。

エピソード詳細

今回のテーマは、中小企業白書と小規模企業白書の最新版2019年版についてです。

経済産業省、中小企業庁から発表されています。4月26日のリリースだったらしいのですが、私が気づいたのは今日です。

全文、それから概要が、経済産業省のホームページに掲載されています。

中小企業庁トップページの「白書統計情報」の中に、小規模企業白書と中小企業白書が PDF でアップされています。

これは販売されるはずですが、買っていただいてももちろんいいと思いますし、 PDF でも全部無料で見られます。今は英語版もあります。まだ英語版は今回は出てないのかな…

印刷してもらってもいいのですが、私は本の読み方がわりと一周回ってまた線を引いたり付箋を貼ったりするので、買っています。PDFでしたら、Kindleなどで見てもらうといいですね。

中小企業白書、本文の方は長いです。

具体的な理由やデータが載っているので、もちろん興味のある方やこれを聞いている方の中で中小企業とか小規模企業の方々をサポートする立場にある方は、ぜひ元のものを読んでください。

そうではない、いわゆる事業経営者の方々は、ぜひ概要だけでも見て、その中で気になる部分については本文を参照していただくと良いでしょう。

経営者が中小企業白書を読むべき理由

理由は二つあります。

一つ目は、自分たちの抱えてる問題が業界的な問題なのか、中小企業全体で抱えている問題なのか、あるいはそうではなくて他では特に問題になっていないが自分たちの中では問題になっているようなことなのか、この切り分けが出来るということです。

業界全体として問題になっている、例えばそれは雇用の問題であったり、働き方改革をする対応の問題であったり、そういう風に横断的に課題になっているものであれば、どうやって解決するかは、そういう方向の情報を取りに行けばいいと思います。

それに対して、自分たちのところ以外はそんなに困ってるわけではないということがあれば、自分のところに何か内在的な問題があるのではないかということになり、その観点からの様々なリサーチや改善活動を行っていくことになります。

そこの大きな切り分けができると思います。

業界全体だから諦めようとかそういうことではありません。

困ってることは基本的に全部解決していく方向で経営者は考えていかなければいけないわけですが、その第一歩をどちらの方向に踏み出すかという点で見ていただくといいですね。

また特に中小企業や小規模企業の経営者の方々は忙しいです。

そうすると目の前のことやマネジメントなど、色々なことを同時にやっていて、人によってはプレイヤーであり営業も行っているとか、トップ営業もやっているとか、そういう状況だとなかなか、自分の会社の中の問題を内省する時間がなかったり、気付けなかったりします。

その時に、この業界全体、中小企業や小規模企業の中で抱えている問題や問題意識というものを見ることによって、実はうちもそうなのではないかと思って調べたら、やっぱりそうだったという発見がある。

そういう、自分達も気付けなかったような問題に気づくことができるという利点もあります。

是非そういう観点で、移動中とか寝る前とか、少しずつでも目を通してみてください。

できれば、2年前3年前ぐらいまで遡って、概要だけでもチェックをすると、こんな風に世界は動いているんだということが分かりやすいです。

2019年版の中小企業白書は、昨年とほぼ同テーマ

さて、今回の2019年版の中小企業白書と小規模企業白書の内容は具体的にどうだったかというと、大きなトピックスとしては、昨年と変わっていないです。

昨年は、「生産性をあげましょう」というところと、「事業承継」というところ、それに合わせて様々な補助金が行われていました。

今年もそうです。

ただその中で、去年いろんなことをやってきて、特に事業承継のところは「こういう成果がありました」とか、実際の事例も載っています。

中小企業白書では、そういった蓄積していきたいナレッジの公開もされているということになります。

ただテーマ大きくは相変わらず、経営者の世代交代という「事業承継」と、それからIT化というよりは「時代の変化、構造変化への対応が必要」というところです。

あともう一つは昨年、今年も含めてですが、各地で色々な災害がありました。

今回の中小企業白書、小規模企業ではその防災や減災についても大きく柱としてあげている感じです。

続きはPodcastでお聞きください。

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム