第197回:選択肢の多いウェブの世界で選んでもらう為に必要なスタンス

PodcastはiTunesのPodcastディレクトリからダウンロード下さい。自動的にダウンロードされて便利です

または、以下のプレイヤーからご視聴下さい。クリックするとスタートします。

今回の内容について

第197回:選択肢の多いウェブの世界で選んでもらう為に必要なスタンス

今回は、自社と同じようなサービスがたくさん存在しているWebの世界について、どのように考えると効果的な競争が行えるのかという内容です。

一見全てが敵に見えてくる、ボーダーレスなWebの世界ですが、実際はそんなことはありません。買い手側にある限界や、その他様々な理由が存在します。

では、それは何でしょうかそしてどうすればよいでしょうか。

詳しくはPodcastをお聞き下さい。

エピソード詳細

今回のテーマは、「選択肢の多い世界で皆さんがどういうスタンスを取っていくべきなのか」です。

これは実際のコンサルティングという場でもそうですし、ポッドキャストではご質問としていただいている内容でもあります。

確認しておきたい、経済産業省の災害に関する救済措置

その前に、経済産業省からのお知らせです。

大雨で佐賀県を中心として災害救助法が適用されるという事態になっています。企業の方々で、事業の継続が困難とか何らかの難しい部分がある場合には、特別相談窓口が設置されております。

日本政策金融公庫さんですとか商工会さんなどに、まずはお問い合わせください。

経済産業省のホームページでは、「令和元年8月の前線に伴う大雨による災害に関して被災中小企業・小規模事業者対策を行います」というリリースが8月28日に出ておりますので、そちらをご覧ください。

これを聞いている方々が、被害なく過ごしていらっしゃることを祈るばかりですね。

経済産業省は、こういう場合、ほぼ確実にリリースを出しています。何かありましたらチェックしてください。また、相談窓口で救済措置がないかを確認してみてください。

貸付とかセーフティネット保証とかいろいろありますので、ちゃんと使えるものを使っていこうというところですね。

競合に負けない強みを作って勝とう、というけれど…

では、本題に入っていきます。

夏季休暇中に行かなかったところに行ったりとか、それも1人ではなくて家族で行くなかで、様々な選択を急いで迫られるという場面に遭遇しました。

その中で改めて、どうしたら選ばれるのか、あるいは、どういうところに力を入れると選ばれる可能性が出てくるのかについて、改めてお伝えします。

まず、大前提として押さえておいて頂きたいのは、ネット上で様々なことをするっていう場合、よく「敵は全国区ですよ」あるいは商材によっては「全世界ですよ」という言われ方をするんですね。

その中で勝ち残っていくために、3C分析であるとか、それに準じるようなさまざまな分析を行って、戦略を立てて、勝ち残ってかなければなりません、という流れになっていってます。

けれども、これを突き詰めていくと誰も勝てないんですよね。

なんでかというと、ようするに、これは強みをつくりましょうという話に安易につながっていっちゃうことが多いです。

全国に自分たちと同じ商売をやっている会社がどれだけあるかということを考えると、その中で選ばれるような存在になるということを前提に、強みを構成するとか出すとか作るとかしていくっていうのは、非常に現実的に極めて困難なわけですよね。

やはり、ものすごい強い企業さんもたくさんあるわけで、皆さんがそういう企業さんなのであればその力をネットというものをうまく活用することによって、今まで30%しか出せなかったものを100%出せるようにすればいいよという話にはなります。

ですが、当然のごとく、特に地域商圏などでご商売をしている方々にとって全国と勝負して云々というところというのは、現実的に非常に難しいわけなんです。

まず、その思考から抜け出していただきたい。

なんで抜け出していただきたいかっていうと、別にそこまでしなくても勝てます。

買う人はあなたが思うほど比較していない

また買う方の人っていうのも、全世界・全国と比べた上で皆さんのことを選ぶか選ばないかなんていう判断はしてないですよね。

モノを買うというとショッピングモールみたいなものがよく使われるので、全国区との商売になってくるっていうのは確かにあるんです。

けれども普通の一般的なサービス、そういう比較の対象にのってこないサービスであれば、全国のいろんなものと比べてから探しますか?と考えると、普通の人はそれはしないですね。

そういうのが好きな方は徹底的に調べ上げるかも知れませんし、また価格が高くなればなるほどそういう傾向も出てくるわけですけれども、一般的にはそんなに比較しないですね。

なんでかっていうと覚えてられないですよね。何が良くて何が悪いのか。また何を基準に選べばいいのかということもよくわからないです。

行動経済学みたいなものを見ていると、人間というのはそんなに合理的な判断をしていないということもあります。

続きはPodcastでお聞きください。

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム