ホーム » podcasts » 第206回:「モヤモヤしたアイディアは役立たない…具体化し落とし込むかが大事。では、そのためのやり方とは?」

今回の内容について

「モヤモヤしたアイディアは役立たない 具体化し、落とし込むかが大事。 では、そのためのやり方とは?」

今回は、アイディアが湧かないわけではないのだけれど、今、実際の行動や、組織の施策まで落とし込めないという方向けの内容です。

どうしてそうなるのか、そしてそれに対する対処策は何なのか?

詳しくはPodcastをお聞き下さい。

エピソード詳細

今回は、そもそも物事を考えたり、アイディアにしていくときには、どうするのがいいのかなというところについて、お勧めの方法をお伝えします。

タイトルとしては、「具体化するための仕組みを持とう」というところですね。

「考えたことが行動に結びつかない・・・」を打開するには

いろいろなところから情報をインプットする、それから自分の中でいろんなことを考える。

自分だけじゃないかも知れませんし、複数の人数でやることもあるでしょう。いろいろな形でアイデアを出していこうと。それ自体は皆さんやっていると思います。

けれども、最終的にそれが行動に結びつかない、という悩みをお持ちの方は、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

それを、行動にまで持っていけてないな、とか、会社として今期動けたかというと動けていないな、というレベルで意識している方もいれば、いつもなんとなく考えているけれども、結局今年も何もしないで終わっちゃったなぁというようなレベルで終わっている方もいます。

どちらでもないという方もいらっしゃるとは思うんですけれども、そういう時に是非抑えていただきたいのが、「全てを具体化していくことをしないといけない」ということなんですね。

あいまいな線のままでは、行動を起こせない

これは、例えば「絵を描く」というプロセスを想像していただきたいんですね。絵を描くのが上手な方も下手な方もいらっしゃると思います。

描くのが難しいもので言うと毛が多い動物とか特に難しいですね。でも自分の頭の中にその動物をイメージすることは、できると思うんですよ。

じゃあそれを紙に書く、頭の中に図があってそれを紙に落とし込む。これって急に難しくなるんですよね。

じゃあ、毛が多い動物じゃなくても、あまり毛がない動物を描くとして、輪郭だけでも落とし込んでみようかって思っても、輪郭だけでも難しいと思うんですよ。

輪郭を描いたり構造を描いて、その後に、毛とか目とか鼻とか、細かい部分を入れていくと、それはさらに難しくなっていくわけなんですね。

これは私が昔、デザイナーの勉強をしようと、デッサンをやっていた時に一番初めに感じたことなんですけど、例えば人間を描こうというふうに思ったときに、頭の中には「こんな感じだよね」っていうのがあるんですけれども、実際に自分で鉛筆で描いてみると描けないんです。なんか変になってしまってどこに何があるのかわからない。

これはやってみるとわかるんですけども、一本の線で描くんじゃなくて、何本もの線を重ねてぼやけたような感じにすると、何でもそれっぽく見えるんですね。

ぼやかした形になっていると、人間は自分にとって都合のいい線とか都合のいいポイントみたいなものを自動的に選びます。そうすると全体として、なんとなくそれっぽいものになってくれるんですね。

これは、「きちっと1本で決めることがいかに難しいか」っていうことなんです。

今は絵のお話をしたんですけれども、これがビジネスアイディアとか、施策にもすべて言えることなんですね。

最終的に自分たちが行動を起こすためには、やっぱりビシッと1本、線が決まっている状態になっていなければならないんですね。

そうすると、ボヤーっとした状態で、自分にとって都合の良い1本をなんとなく無意識に選んでいるような状態では、先に進めないわけです。

考えたことを言葉や文章にして具体化する

では、どうするか。

まず皆さん「考える」ことについて、「頭の中だけで考える」と思い込んじゃっているケースが多いんじゃないでしょうか。

また人と相談するという時も、口だけで相談をしていて、頭の中にあるものをお互いにぶつけ合って、それで終わってしまっている。

そういうことが多いんじゃないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、頭の中だけで考える、話すとかじゃなくて、一人で、頭の中だけで考えている時は、まずそれを「言葉にする」っていうところですね。

独り言ブツブツ言うみたいな形になっちゃうんですけれども、まず言葉にする。さらに言えば。それを人に説明しながら考える。

そういうことをすると、途端に自分の頭の中にあるモヤモヤとした言葉とか定義というものを、ちゃんと相手に伝わるように考えなくてはいけなくなってくるんですね。

つまり、考えていることをもっとちゃんと定義して、固くしていかなければいけなくなってきます。

 

続きはPodcastでお聞きください。


お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さい。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム

中山 陽平

株式会社ラウンドナップ代表取締役社長/コンサルタント。ラウンドナップ・Webコンサルティング代表。2004年から国内外のマーケティング情報を配信中。Podcastは月間1万DL。2016年技術評論社より書籍『勘違いをなくせば、あなたのホームページはうまくいく』出版。

View all posts