第207回:「テレワーク・モバイルワークへの見方はなぜ2分してしまうのか」

今回の内容について

第207回:「テレワーク・モバイルワークへの見方はなぜ2分してしまうのか」

今回は、テレワーク(リモートワーク)についてです。

ネット上の記事などを見ていると、肯定派と懐疑派の2つに分かれているように思います。

なぜでしょうか。中山の考える理由と、そもそものテレワークに対して持つべき考え方、打開策などをお伝えしています。

詳しくはPodcastをお聞き下さい。

エピソード詳細

今回のテーマとしては、テレワークですね。

いろんな言い方がありますよね。モバイルワーク、リモートワーク、テレワークなど。「テレ」というと、いろんな意味があるんでしょうけども、どうしてもテレフォンのイメージがありますので、何か、違う言葉が良かったようにも思います。

いろんな協会もできちゃってますから、後戻りもできないですよね。「リモートワーク」の方がいいような気がします。

これについて、端的に言えば、肯定派というか「できるよね」っていう人と、「何となく腑に落ちないなー」って言う人に分かれるなぁ、というのが、私としての感想ですね。

私は外部の人間としてお客様と接していますが、大前提として、「リモートでやりますよ」ということでやってます。もちろんそれに関して何か言われることはないですし、またこのリモートワークとかテレワークとかで問題になるような、会社の中の一社員がそういう勤務形態でやることとは少し違います。

ですが、リモートでずっとやっていると気づけることもたくさんあるので、そのあたりも含めてお話しします。

従来の働き方とリモートワークを比べる必要はない

時々、今の働き方、つまりオフィスに集まって、そこでみんなで働くことが基本という働き方に対して、「テレワークやリモートワークの方が優れている、みんなそうなるべきなんだ」という考え方をする方がいます。

私としては、それは違うと思います。

私は、いろいろな事情で、会社でリモートワークしていたこともあるんですけれども、やっぱりコミュニケーションの速度や、やりやすさについては、圧倒的に、会社にきちんと集まって、みんなで近い位置でやれたほうがいいです。

隣の人のちょっとした呟きなんかを拾いながらフォローアップしてあげるとか、それから、
ちょっと気になるけど質問するほどでもないことを、メモ書きにして渡しておいて、後で少しアドバイスを受けるとか。

そういう細かいケアは、やっぱりその場にいて、お互いが見える範囲にいてこそ、できることですよね。

そういったものがやはり、チームの強さになっていきます。OJT的な意味でも、こういうふうに仕事をしているんだなぁと姿が見えますから、そういう意味で、みんなで集まってオフィスで仕事するということ自体は、とても効率的な形です。

なので、リモートワークが、従来の働き方に対して優れているとはまったく思わないです。

リモートワークにも当然メリット・デメリットがある

リモートワークが一番大変なのは、コミュニケーションなんですね。

なぜかというと、ビデオ会議とかもありますけど、基本は文字がベースになっていくんですよね。

ビデオ会議といっても、常時接続でやっているわけではなく、本当に必要な時にやるっていう形です。会議じゃない時に、お互いのちょっとしたコミュニケーションを取るようなことはできないんですよね。

まあ常設でお仕事しているという方もいらっしゃるので、それはすごく面白いなぁと思います。

そういうことを考えるとリモートワークって、決してそんな優れているわけではないです。メリットもデメリットもあるよっていうことは、確実に言えます。

なのでリモートワークと、会社で集まって仕事をすることは、決して、どっちを取るっていうふうに考えるものでもないし、どっちが優れているというふうに取るものでもないです。

そのように、経営者の方も、働いている方も考えていただいた方がいいです。

リモートワークの必要性とは

リモートワークって、じゃあなんでやるのか。じゃあ、やんなくていいじゃん、っていうことなんですけど。

これは、普通に働いている人たちがいて、でも何らかの理由で家でないと仕事ができない、会社に通って働くことが何らかの理由で難しい。あるいは、移動すること自体が遠いとか、
ただそういう理由で無駄が多いとか。そういう理由があると。

働いている内容も、成果物をこう作って見てもらってっていうような、営業さんみたいな活動というよりは、どちらかというと制作など、何かを作るような職種。あるいは書類をまとめるとか、レポーティングするとか、切り出してできる業務であると。

そういう場合に、昔はそれによって、辞めるしかないという状況だったんですけれども、それでやめちゃう人がたくさんいて、日本の生産労働人口が減ってしまう。

それは、ちょっと少子化の今まずいぞ、そういう人たちもちゃんと働けるようにしようということで、じゃあテレワークを推進して行ったほうがいいんじゃないのっていう政府の考え方から始まっていると、私は解釈してます。

 

続きはPodcastでお聞きください。

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム