ホーム » podcasts » 第208回:24時間YouTube配信弁当屋から小売業・飲食業がWebマーケティング的に学べる点とは
今回は、24時間YouTube配信によって売上を大きく伸ばしたと言われる弁当屋の事例を元に、 小売・飲食のウェブ活用の難しさの実態と、事例から得られるポイントについてまとめています。 詳しくはPodcastをお聞き下さい。

今回の内容について

今回は、24時間YouTube配信によって売上を大きく伸ばしたと言われる弁当屋の事例を元に、

小売・飲食のウェブ活用の難しさの実態と、事例から得られるポイントについてまとめています。

詳しくはPodcastをお聞き下さい。

YouTubeで動画形式で配信しています

YouTubeにて動画にて配信しています。内容自体は同じです。お好きな方をご覧下さい。

エピソード詳細

まずは、お知らせです。

Youtubeでの動画配信を始めました

従来、iTunesのポッドキャストで配信をしていて、そこで購読をされている方が一番多いです。それ以外にポッドキャストやiTunesがよく分からないという方向けに、サイトでの配信も行っています。

また、Youtubeのが慣れているという方も多いです。そのため、Youtube の方では、タイトル画像に音声を乗っけて定期的にアップしていました。

最近はYoutube もきちんと見るビジネスマンの方が増えているそうです。なので Youtube では、動画で、ノーカットで話している様子も含めて流すことにしました。

実際映像で見ることによって伝わる行間を、より感じて頂ければと思います。

今までは、ポッドキャストの音声を撮って、それを動画の方に流して、Youtube にもアップして、という流れでした。今後は全部動画で撮ってしまって、音声を抜き出してポッドキャスに流す、という形でやっていきます。

今までポッドキャストを聴いていただいた方は、合わせて Youtubeを観ていただければと思います。過去分は全部、音声だけではありますが配信されています。この機会に昔のものも聞いてみてください。

Youtubeを観ていただいている方は、かなりゴチャゴチャしているのがわかると思います。
音声だけのときはごちゃごちゃでいいんですけれどもね。マイクとかポップフィルターとか、今は無いんですが、いつもビデオ会議の時に使っているいろんな機材があって、ごちゃごちゃしています。まだ整理ついていないのでご容赦ください。

お弁当屋さんが24時間生配信をした、というニュースから

では、今回のテーマです。飲食業の方の Web 活用につながる一つのネタをお伝えします。

トゥギャッターで紹介されていたので、見たよという方もいらっしゃるかもしれません。

お弁当屋さん、どこだったか、ちょっと場所がわからないんですけれども、お弁当屋さんが店内をYoutube で生配信することによって、かなり繁盛しているそうです。

趣旨としては、防犯面です。お弁当も盗まれるらしいんですね。お弁当盗むって相当難しそうなんですけれども、盗む人がいると。そのために見回りのスタッフなんかもいたそうです。

それが、Youtubeの生配信でマイナス面を解消することによって、結果として相当売り上げが上がって、店長さんが相当いい感じになったよっていう話の文脈です。

これは、どちらかというと防犯面の話でトゥギャッターでは、まとめられていたんですけど、マーケティング面として非常に面白いなあと思ったので、今回ご紹介します。

テレビで放送されたらしく、それの紹介のツイートがまとめられていてそれを見ましたが、実際の動画は、私は見てないんです。なので、細かい部分で誤解もあるかもしれません。

あくまで、24時間ライブで、Youtubeを店内で映したらどうなるか、という観点で、今回、面白いと思うところを紹介します。

単価が低い小売や飲食はWebに大きな予算をかけにくい

小売や飲食は、すごく Web の活用が難しいんですよ。

Web の活用には、ホームページを使って見込み客を集客して、見込み客を育成して販売をしていく。そういう基本的な、鉄板の流れがあるわけなんです。

けれども、それが最も得意としているのは、なるべく商品単価の高いものなんですよね。一番最たる例は、家とか、高い什器とか、そういった3桁4桁5桁のものっていうのは、年間10個もいらないですね、月間1個売れたら、もうそれだけで相当量の利益が出ます。

お金をかけていろんなWeb のことをやったとしても、いわゆるペイするっていう、かけた費用に関して十分な利益が出てくるよという状態になるんですね。

こういったものをできるだけ、実は Web 業界では扱いたいわけなんです。

なぜかというと、小予算であればあるほど、できることは当然少なくなってきます。また、かけられる人件費も減ってきます。

ということは、やっぱりエース級の人材は入れられないですし、Web 業界のツールって、こういうのを使いたいなーと思うと、2桁万円ぐらい平気でいくものが多いんですよね。

10万円とか、安くたって3万円とか。それだと単価が低い業界に対しては使えないんですよね。

なぜかというと、そのツールを入れた瞬間に、それ以上の売り上げを上げなきゃいけません。そうなると飲食や小売のような薄利多売のビジネスに対して、そういうのはちょっと使えないですよね。

なので、ほとんどこの業界に関しては Web がマッチしない状態になっています。

続きはPodcastかYouTubeでお聞きください。


お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さい。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム

中山 陽平

株式会社ラウンドナップ代表取締役社長/コンサルタント。ラウンドナップ・Webコンサルティング代表。2004年から国内外のマーケティング情報を配信中。Podcastは月間1万DL。2016年技術評論社より書籍『勘違いをなくせば、あなたのホームページはうまくいく』出版。

View all posts