ホーム » podcasts » 第210回:「アマゾンの制裁」の概要と、あなたも対岸の火事ではない!根っこの問題について
東洋経済ONLINEの記事にて「アマゾンの制裁で会社を潰しかけた36歳の告白」という記事が話題になっています。賛否両論様々な意見がありますが、これはECサイトだけの話ではなく、Webを中心とした様々な商売でも同じようなリスクをはらんだ体制になっていることが少なくない。それに気づいて頂きたいです。そして根本的な原因は?それは経営者の行動にあると考えています。詳しくは、この動画か、iTunes/Googleの音声ポッドキャストをお聞き下さい。

今回の内容について

【第210回】アマゾンの制裁の概要と、EC関係なくても、あなたも対岸の火事ではない!根っこの問題とは?

東洋経済ONLINEの記事にて「アマゾンの制裁で会社を潰しかけた36歳の告白」という記事が話題になっています。

賛否両論様々な意見がありますが、これはECサイトだけの話ではなく、Webを中心とした様々な商売でも同じようなリスクをはらんだ体制になっていることが少なくない。それに気づいて頂きたいです。

そして根本的な原因は?それは経営者の行動にあると考えています。

詳しくは、この動画か、iTunes/Googleの音声ポッドキャストをお聞き下さい。

YouTubeで動画形式で配信しています

YouTubeにて動画にて配信しています。内容自体は同じです。お好きな方をご覧下さい。

エピソード詳細

今回のテーマとしては、Twitterでも話題になっていた内容です。

「Amazonの制裁」という言葉がTwitterの方でトレンド入りしていました。東洋経済オンラインの記事ですね。

「Amazon の制裁」について賛否両論というか、同情的な声もあれば、「商売としてリスクヘッジしていないやり方はダメだよ」っていう声もあったりします。非常に興味深いです。

商売を自分でやっている方もいればやっていない方もいて、いろんな感じ方があります。

商売をやっているにしても、従業員という立場なのか、経営者という立場なのかで、いろいろ違ってくるものがあります。

いろんな意見が飛び交っています。誹謗中傷というよりは自分がどう感じたのかというものが飛び交っているんで、面白いですね。

「Amazonの制裁」は決して他人ごとではない

Amazonについての話ですが、詳細はわからないです。

一方の意見しか分からないですし、載っている情報についても、ウラ取りをしたわけではないです。なので、概略はお伝えしますが、詳細については、ちょっと置いておきます。

こういうものは決して、Amazonを使っているとか、それからECサイトを運営しているということだけではなくて、商売全体としてこういう危険性を孕んでいる企業は多いですよね。

今回は、そういうことにまず気づいていただきたいです。

それと、じゃあそれに対して経営者や営業部門の上の方にいる方は、一体どういうことを考えていかなければならないのか、ということを、WEBのマーケティングとかセールスの話題を中心にお伝えします。

たった一つの販路が潰されて・・・

今回の「Amazonの制裁で会社を潰しかけた36歳の告白」。私が38歳なので2つ下なんですけれども、肉体的にもだんだん厳しくなってくるような年だと思うんです。

Amazonは、私もアカウントは作ったんですが出品したことはないんですが、確か、固定の金額と手数料で運営できたと思います。

そこで何が起きたかっていうと、売っている商品に関して、突然Amazon の方から、その商品に関してNGが出たと。知的財産権とそのため権利を侵害しているということで、ざっくりいうと、おそらく誰かが、コピー商品が送られてきましたよ、というふうに通報をAmazonにしたんじゃないかなということです。

さらに、少し前に、突然、50個ぐらい急に代引きで商品を買って、でも商品を受け取らないで返してきた、というお客様がいたらしいんです。Amazonの仕様として、代引きは受け取らなくてもレビューが書けるようなんです。

そういう状況で、もしかしたら何かこう悪意のあることがあったんじゃないかな、っていうような、推測でしかない話です。Amazonでは情報提供は全然してくれないらしいんで、そういう推測の話になります。

モールに出店すれば集客の最低レベルはクリアされるが

じゃあ、そこに対して、どうしていればよかったのかな?っていうところですね。

結構いろいろなコメントを見ていると、「 Amazon だけじゃなくて、いろんなモールへ出品するのが当たり前だよ」とか、Amazonだけを使い続けてリスクヘッジしなかったのが問題だと、そういうような話になってます。

実際、私は、ECの業界は規模感的に合わないので、やらないケースが多いんですが、今であれば、楽天とかヤフーとか、そういうモールに出店しつつ、その後のいろんなフォローとかロイヤルカスタマーを作っていくとか、アップセルをするとか、それからリストを整理して、顧客台帳に対して何度もアップするとか、クロスセルをかけていく。

そういう流れを作っていくのが基本で、「Amazonに一本に絞って、そこの集客力を利用して、商品流して売上を上げていくだけ、というのは危険だよ。」そういう話が元々ECではあるのは大前提とします。

モールの魅力っていうのは、どう考えても集客力です。

集客って、一番大変かつ重要な部分ですよね。どんな人を連れてくるのか、販売意欲がある人を連れてこれるのか、どれだけいっぱいつれてこれるのか。そういったところで、 Amazon とか楽天さんとかそれからヤフーさんとか、そういうところであれば、一応購買意欲を持った人が、そして、一定の「買う」っていうことを経験してきた人が、どんどん入ってきます。

なので、一定のお金を払えば、買う気満々の人がたくさん歩いている路面店の前に自分のお店をポンと出すことができる、っていう状況なわけです。

 

続きはPodcastかYouTubeでお聞きください。


お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さい。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム

中山 陽平

株式会社ラウンドナップ代表取締役社長/コンサルタント。ラウンドナップ・Webコンサルティング代表。2004年から国内外のマーケティング情報を配信中。Podcastは月間1万DL。2016年技術評論社より書籍『勘違いをなくせば、あなたのホームページはうまくいく』出版。

View all posts