ホーム » podcasts » 第213回:中小企業・小規模事業者にお勧めのウェブ人材育成スタート方法とは?

今回の内容について

【第213回】中小企業・小規模事業者にお勧めのウェブ人材育成スタート方法とは?

今回は、人材難が続く中小企業・小規模事業者の方々にむけて、ウェブを活用とするコアとなる人材の育成方法についてオススメのやり方をお伝えしています。

よくある落とし穴や、辞めてしまったら?などの疑問にもお答えしています。 人材の選定やその後どうするかなどについては、今回は省略しています。

それらの内容については、eラーニングサービス「ラウンドナップ・Webメソッド」で公開していますので、そちらをご覧下さい。

詳しくは、この動画か、iTunes/Googleの音声ポッドキャストをお聞き下さい。

YouTubeで動画形式で配信しています

YouTubeにて動画にて配信しています。内容自体は同じです。お好きな方をご覧下さい。

エピソード詳細

今回のテーマは、どこの企業でも持っている課題「人材をどうやって育成するか」についてです。

採用、人選、育成・・・人材の悩みは尽きない

中小企業・小規模事業者の方々にとっては非常に大きな課題ですね。

人材の流動性が上がってきていたり、採用に対してそこそこ人が集まってきているのは、まだまだ大企業ばかりです。中小企業・小規模事業者には、なかなか人が流れてきていないのが現状です。

そもそも採用しなければいけない、という話はあるんですけれども、それ以外に、採用したけれども、Webをこれから構築していくために誰をアサインしようかな、誰を使っていこうかな、ということを考える必要があります。

人選も重要になってきますし、この人に決めたという段階で、どうやって教育をしていくのか、またこれも悩み事です。

場合によっては、今は任せる人はいないし、今のところ自分でいろんなことをハンドリングしていきたい、お客さんのことをわかっているのは現状ではやっぱり自分かな、ということで、経営者の方自身がハンドリングされるケースというのも多いです。

特に小規模事業の方々では多いでしょう。また、個人事業主の方にとっては、それが
当たり前です。

ここにはいろいろな課題があって、一つ一つ解決していかなければなりません。

トータルで解決したいという方は、e ラーニングのラウンドナップメソッドを、月々980円で見ていただくのが一番早いです。

今回の放送のなかでは、その中でどうやって育成したらいいの?という部分についてお話します。

育てるべきはWebの専門家ではなく「あいだに立てる人」

こういう人にやらせてみようか、ということで、その人の適性を見ることも、もちろん一つの目的としてはあります。

でも、やっぱり育っていってもらわないといけない。では、どのような姿に育っていかなければならないのか。

別に専門家を育てる必要性はないんですね。

そうじゃなくて、間に立つ人間をうまく育てていくのが、中小企業にとってはベストとだと、私は経験上考えています。

そこに至るまでに、何をさせればいいのかというところが非常に悩ましい問題です。

「とにかく体験させに行く」は育成の落とし穴

ここでよくある間違いは「なんかよくわかんないけど、とにかく体験させに行く」っていうところなんですね。ここは落とし穴です。

間違いっていうのは、例えば、Web のことを知らせなきゃいけない、何が起こっているのか分からせなきゃいけない、ということで、いきなりセミナーに行かせたり、展示会に行かせたり、それから商品説明会に行かせたり。そういう、「とりあえず行って現場を感じてこい」みたいなやり方は間違いです。

言葉にすると何かこう意味がありそうなんですけれども、非常に漠然としたやり方で、まず教育をはじめるっていうところ。教育というとちょっと上から目線な言い方になるかもしれないので、育成と言ったほうがいいかもしれないですね。

こういう、目的もなくとりあえず情報に触れるというやり方は、基本的にほとんど意味がない。意味がないばかりかマイナスの効果になってしまうことの方が多いです。

なんでかというと、情報を正しく吸収していく、価値ある形で自分の中に取り込んでいく、栄養として取り込んでいくためには、事前にそれが正しいか正しくないかという判断基準を、ある程度自分の中に持っていないと成立しないんですね。

それがない状態でいくと、すべてを取り込んできてしまうことがあります。

行く先によりますけども、ベンダーに行くのだったら、ベンダーさんの言いなりのこと全部覚えてきてしまって、手先のようになってしまったり。

あるいは考え方みたいなフラットな協会などのセミナーに行ってしまうと、そこの考え方に染まってしまって、物事を多面的に見られなくなってしまう。あるいは全てを否定する。

いろいろ見てきたんですけども、「ぱっとするものなかったです」と言って、「Webなんてこんなもんだよな、自分はなんでこんなことやらされてしまったんだろうな」って思ってしまう、そんな感じに分かれてしまうんですよね。

 

続きはPodcastかYouTubeでお聞きください。


お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さい。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム

中山 陽平

株式会社ラウンドナップ代表取締役社長/コンサルタント。ラウンドナップ・Webコンサルティング代表。2004年から国内外のマーケティング情報を配信中。Podcastは月間1万DL。2016年技術評論社より書籍『勘違いをなくせば、あなたのホームページはうまくいく』出版。

View all posts