ホーム » podcasts » 第268回:売上が欲しいときこそ、自社のWeb販促が自己中心的になっていないかチェックが必要

今回の内容について

厳しい環境の中でどうしても目の前の売上に集中してしまいがちです。それは仕方がないといえばそれまでなのですが、そういうときこそ、自分たちがどのような販促活動を行っているかに目を光らせる必要があります。

具体的には「表現」「内容」などが、自己中心的になっていないか、さらに言えば法律的にグレーなものになっていないかなど、どこかに丸投げしていればそこが何をしているか把握しているか。

押さえるべきポイントを、今回はJAROの広告審査状況上半期レポートの内容をもとに今回は扱います。

参照ページ
2020年度上半期の審査状況を発表 | JARO 公益社団法人 日本広告審査機構
https://www.jaro.or.jp/news/20201207.html

エピソード詳細


お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さい。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム

中山 陽平

株式会社ラウンドナップ代表取締役社長/コンサルタント。ラウンドナップ・Webコンサルティング代表。2004年から国内外のマーケティング情報を配信中。Podcastは月間1万DL。2016年技術評論社より書籍『勘違いをなくせば、あなたのホームページはうまくいく』出版。

View all posts