第61回:上手くいかない時は 必ず1つ上の「そもそも」から考える。

PodcastはiTunesのPodcastディレクトリからダウンロード下さい。自動的にダウンロードされて便利です

または、以下のプレイヤーからご視聴下さい。クリックするとスタートします。

今回の内容について

今回のテーマなのですが、いろいろな方から質問をいただくので、たぶん偶然だとは思うのですが。今回はいろいろなことをやっているけれど、なかなか結果に結びつかないと。

もちろんこれはWEBマーケティングの話題ですね。WEBマーケティングにおいて、例えばSEOをやりました、リスティング広告をやりました、ソーシャルをやりました、メールを頑張りました、いろいろなことをやって、それぞれについて頑張っているつもりだけれどなかなか効果が現れない、成果に結びつかないということでご相談をいただくことがよくあります。

それは立ち話レベルもあれば、もちろん契約ということもあるのですが。今回はこれについてよくある問題点というものを一つご紹介したいと思います。結構全体の半分くらいが、これが原因になっているケースが多いです。

なので今回の問いかけみたいなものもあるわけですが、ぜひ一度頭の中で揉んでいただいて、そういうふうになっていないかなということを考えていただければと思います。

やるからにはきちんと成果を残さないと気まずいですしね、実際のビジネスにも響きませんから、なかなかうまくいかないということになってしまいますよね。

それでは本題です。ではなぜうまくいかないか、もちろんいろいろな原因があります。そもそもの施策の品質の問題であったり、見当違いなことをしているようなケースもあるわけですが。

一番根本的にまず確認していただきたい点は、手法から入るのではなくて、きちんと目的と全体を見たあとに手法、施策を考えるということなんです。これが意外とやられていません。

それは意識的な場合もあれば、多くの場合は無意識なのですが。例えばアクセスを上げよう、もっと集客をしないと結局にっちもさっちもいかないぞということで、自社のグーグルアナリティクス、アクセス解析ツールを見てみると、ほとんどのケースで検索エンジン経由、オーガニックのアクセスが多いと。

ここを伸ばすのが一番インパクトがあるよねということで、じゃあSEOをやるしかないよね、みたいな。コンタクトを作るしかないよね、みたいな流れになることってよくあると思います。

もちろん今の話の流れというのは自然です。ただ自然であるがゆえに結構疑わないのですが、どんなときでも必ず今どうだというところから始めるのではなくて、本来どうあるべきかというところから考えないと、結構狭い視野でものを考えて施策を実行するような事態になってしまいます。

例えば目の前に転がっている課題が集客だとして、それはなぜ集客しなければいけないのかというのに一回立ち戻ったほうがいいですね。

なぜ集客しなければいけないのかと言ったら、大概の場合はコンバージョンが得られない、お客様からの問い合わせが得られない、資料請求が得られない、実際の申し込みや購買行動というものをお客様がとってくれない。

そのためには母集団としての集客数を上げなくてはいけないという流れだと思います。ということを考えたときに、自社のサイトのことを一旦見直して、或いは競合を見て。

確かに自社に関してはオーガニック、自然検索、SEOと言いますか検索エンジンからの流入が多いと。けれど目標としている利益、売り上げでも利益でもいいのですが、それを達成するというところから始めたら、本当にオーガニック、つまり検索エンジン経由のアクセスを増やすのが一番の早道なのか、というところから問い直してみてください。

結構状況を見てみると、例えば全くこの商材って一般的にもよく使われるし、話題にもなっていることだから、全く行っていないリスティングを行ったり、或いは来たユーザーに対してのリマーケティング広告を行ったり。

広告文が浮かばないというのであれば、Googleに広告文を生成させる機能もありますし、そういった有料の広告をやってみたほうが、ゴールとしての利益、或いは売り上げに辿り着きやすいケースが結構あります。

目の前の状況だけを見て、近視眼的に見ると、どうしても今のインパクトとして大きい自然検索というものを上げたくなってしまうのですが、ではなぜその自然検索を上げなくてはいけないのか、集客しなくてはいけないのかというところから考えると。

それは利益をあげたいからだよね、目標がこれくらいで現在未達が20%くらいあるからそれを埋めなくてはいけないと。だとするとこれくらいのコンバージョンレートだから、逆算していくとこのくらい集客しなくてはいけないね、という流れだと思うのですが。

いや、ちょっと待ってください。本当にそれだけですか?

この続きはPodcastをお聴き下さい。

youtubeでも公開しています

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム