第88回:成功事例の中で金額が出たときは要注意

PodcastはiTunesのPodcastディレクトリからダウンロード下さい。自動的にダウンロードされて便利です

今回の内容について

今回のテーマですが、「成功事例の中で金額が出たときは要注意」というお話です。特に、WEBマーケティングのパートナーを探そうとしている企業の方には、ぜひ押さえていただきたいテーマです。

お客様の声や事例はキラーコンテンツ

自分たちがどこかにお願いしようかなと思ったとき、成功事例を参考にします。成功事例に関して、きちんと注意したほうがいいということは、過去のポッドキャストの中でも、様々な切り口で話してきました。

元々、お客様の声や事例というものはキラーコンテンツと呼ばれたのです。キラーコンテンツと呼ばれる、もしかしたら元祖なのかなと思います。

お客様の声、事例、これを集めれば下手したらどんなものでも売れると言われた時代もありました。WEBマーケティングの前の、DMを中心としたダイレクトマーケティングなどでも、事例やお客様の声はすごく活用されていました。

見たことがあるかもしれませんが、変な雑誌の裏表紙にはよく「私はこういうふうにしてお金を稼ぎました」とか、「この水晶を買ったら彼女ができました」みたいなお話って、たくさん書いてありました。そういったものも、その走りと言いますか、一部だったりします。

他人がどう成功したのか、使うことによって自分たちも成功できるのか、ということを考えるために、みなさん、事例は非常によく見ています。

「勝手に成功する人」の成功事例が混じっているケースも

それは、作っている側も分かって作っています。いろいろな人に効果があるということで、必死になって事例を集めたり、もちろん事例に載るように成功するために頑張るという、良いサイクルを作っている会社さんもあるわけです。

その中で、その成功事例が本当にWEBの制作会社やWEBコンサルティング会社や広告代理店、サービスやツールの提供会社が提供している、力とかノウハウによるものなのかというのは、充分に吟味しなければなりません。

これは過去のポッドキャストをぜひ聞いていただきたいのですが、放っておいても成功する人というのはいるんですね。その会社でなくても、そのツールでなくても、たぶん何をしなくてもこの人はうまくいっただろう、という人はいます。

そういう人があるツールを使って成功しましたというときに、あたかもうちのツールを使ったからこの人は成功したんだよ、みたいな見せ方をする企業さんがあるんです。

これは一番信用できない例です。ただこれが、その人がそういう力を秘めている人なのかどうかは、なかなか分からないので、実際に判断するのは難しいのです。

真の成功事例なのか?精査することも必要

成功した方のホームページを見ていて、これは相当自分たちがやっていることと違う、かなりパワフルだなとか、そういうふうに「ちょっとこれ真似できないな」と思ったら、その人の力が強い可能性が高いです。

何だかたいしたことをしているように見えないのだけれども、どうも結果があがっているようだぞ、といった場合は、サービスやツールによるサポートが大きい可能性があります。

この辺りはもう、使っている人に実際に電話して、どうですかと聞いてしまったりすると意外と分かったりします。これは人間力で元々売れてしまっている人なんだな、という方は、話すと何となく分かります。そういう人なんだな、というふうに分かります。

ということで、成功事例って一番精査しなければならないものではあるんです。

「3億円売れました」が真の成功かはわからない

加えて、そこに金額というものが入ってくると非常に人間はその情報に引きずられます。特に、実際にあまりビジネスを今やってきていない方は、ビジネス上の売上げ金額に対する感覚が、あまり培われていません。

2億円売れました、3億円売れました、と言うと、これは個人レベルで考えると「相当なものを売ったな」というイメージになると思います。「2億、3億って、宝くじの1等賞レベルじゃない」と思うでしょう。

企業によっては、1億2億売り上げがあがったといっても、その中の利益率が5%とか10%とかだったりすると、ただ単に左から右にお金が流れているだけ。実際にはたいしたことない場合が多かったりするわけです。

この続きはPodcastをお聴き下さい。

Podcastが聞けない方はYouTubeでどうぞ。

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム