第92回:Podcast版小規模企業白書の要点とは?

PodcastはiTunesのPodcastディレクトリからダウンロード下さい。自動的にダウンロードされて便利です

または、以下のプレイヤーからご視聴下さい。クリックするとスタートします。

今回の内容について

今回はこの記事(小さい会社のウェブに関わるなら、小規模企業白書は必読 – Webコンサルタント中山陽平公式サイト)でもご紹介した『小規模事業白書』の要点についてお伝えしています。中小企業庁のホームページから実は誰でもダウンロードしてみられるようになっています。

小さな会社を助けている方は、ぜひご覧下さい。

 

年の瀬、新年という一息つくタイミングを利用して、いろいろな情報収集をしていくことが非常に重要です。その中で、今回オススメのものがあります。それは、「小規模企業白書」というものです。

このPodcastをお聞きいただいている多くの方は、おそらく大企業というよりは中小企業の方々のサポートをしていらっしゃるのではないかと思います。

または、中小企業の中で自社のマーケティングをうまく回そうとしているなどのケースが多いのではないかと思います。

日本の企業の中で、中小企業がどのくらいあるかというと、ほとんどが中小企業です。大企業が、だいたい1.1万者くらいありますが、中小企業は380.9万者くらいあるというデータがあります。

つまり、3~400倍、中小企業のほうが多いです。さらに、その中小企業の中で従業員数が、製造業は20人以下、それ以外の卸売、サービス、小売などに関しては5人以下という小さな会社が、実は中小企業の中の「小」のほう、つまり小規模事業者という分類に属します。

それが、中小企業380.9万者のうち、325.2万者ということで、9割近くが小規模事業者ということになります。これは、個人事業主の方なども含みますので、実態としては法人とイコールではないのですが、そのような小規模企業が日本の多くの企業を占めるということです。

そのような企業の実態が、この「小規模企業白書」には詰まっているので、ぜひご覧いただきたいと思います。ただ、「白書」というと分厚くて簡単に読めるものではないだろうという印象を持つかもしれませんが、それはその通りです。書籍として買うと、厚さ2cmくらいあるものですが、実は買わなくても中小企業庁のホームページから無料でダウンロードできます。

PDF版、HTML版が誰でも見られるようになっています。一部の事例が載っていないこともありますが、それ以外のデータなどは基本的に全て載っています。

さらに、「概要」というPDFに、要点のみをまとめたものがあり、iPhoneやアンドロイド携帯などでも十分見ることができます。ちょっとした隙間時間などに見て、イマジネーションを膨らませて、来年自分がどう動こうかというヒントにしていただくのにちょうどいいと思います。

続きはPodcastでお聞きください。

 

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム