第93回:続・小規模企業白書の具体的要点(Podcast版)

PodcastはiTunesのPodcastディレクトリからダウンロード下さい。自動的にダウンロードされて便利です

または、以下のプレイヤーからご視聴下さい。クリックするとスタートします。

今回の内容について

今回はこの記事(小さい会社のウェブに関わるなら、小規模企業白書は必読 – Webコンサルタント中山陽平公式サイト)でもご紹介した『小規模事業白書』の要点についてお伝えしています。中小企業庁のホームページから実は誰でもダウンロードしてみられるようになっています。

小さな会社を助けている方は、ぜひご覧下さい。

 

今回は、前回ご紹介した「小規模企業白書」についてもう少しお話したいと思います。前回のPodcastの中でいろいろご紹介させていただきましたが、実際読んでみたけれども、概要だけでも情報量が多いので最低限どのあたりの内容を押さえておいたら良いのか知りたいというお声をいただきましたので、気になる部分、ブログでも紹介している部分について、このPodcastでもお伝えしたいと思います。

前回、中小企業と小規模事業者、大企業、この3つは何が違うのかというお話をしましたので、これに関しては今回は省略します。

大企業は本当に一握り、中小企業でもほとんどが小規模事業者と呼ばれるような会社が多いこと、さらに、中小企業のうち小規模事業者が9割以上を占めており、日本の事業者のほとんどが小規模事業者であることをお伝えしました。

今回は、内容を具体的に見ていきたいと思います。

一つ目は、「景況感」というものです。業況判断DIというものがありますが、要するに景気が良いと思っている人、悪いと思っている人の割合を表しています。値が高ければ高いほど、景気が良いと思っている人が多いということになります。

どのように算出しているかというと、景気が良くなった、業況が好転したと思っている企業の割合から、そうでない企業の割合を引いたものです。つまり、100社いて半分が好転したと思っていて、残り半分がそうでないと思っている場合は、このDIは0ということになります。

グラフを見ていただくと、この値はずっと低いところを推移しています。最も低いのが2009年の頭ですが、これ2008年9月のリーマンショックからの流れで落ち込みきったところです。

それ以前にも、平成の大不況と呼ばれた2001年1998年、その前のバブルのときには同じくらいの値まで落ち込んでいるので、これが特別なものというわけではないですが、まだまだその後回復しきっていない、マイナスの傾向が続いていることになります。

これがプラスだった時期は最近では、ほとんど無いと思いますが、大企業も含めますと平成の大不況から脱した後に2004~6年は、割りといい時代が続いていました。ただ、まだ回復しきれていない、その中でのぼり続けていますがまだ中小企業、特に小規模事業者に関しては、20ポイントということで、中小企業に比べ小さい企業のほうがまだまだ景気が回復していないという状況であることが、このグラフを見るとわかります。

続きはPodcastでお聞きください。

お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さいませ。 お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム