ホーム » 第237回 :「バタフライ・サーキット」と「パルス消費」を巷の言説に流されず、適切に理解する

今回は、ThinkWithGoogleで2020年1月に公開された、「バタフライ・サーキット」と「パルス消費」についてです。

これについて、Googleがフラットに紹介しているにもかかわらず,各所で「新しい概念」「マーケター必読」「大きな変化」などと、書かれています。

しかし実際に内容を押さえて、素直に捉えてみるとそれは決して新しい概念でも、何かの大きな変化でもなく、きちんとマーケティングなどを行ってきた人であれば「当然」のものです。

その理由と、そしてその上で、AIDMAやAISAS等と比べたときに、何を私達は押さえるべきか、なぜパルス消費などと言う幻想が生まれてしまったかについて、お伝えしています。

「さぐる」「かためる」を蝶のように行き来するバタフライ・サーキットとはなにか:バタフライ・サーキットと 8 つの動機
https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/articles/search/butterflycircuit3/


お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さい。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム

中山 陽平

株式会社ラウンドナップ代表取締役社長/コンサルタント。ラウンドナップ・Webコンサルティング代表。2004年から国内外のマーケティング情報を配信中。Podcastは月間1万DL。2016年技術評論社より書籍『勘違いをなくせば、あなたのホームページはうまくいく』出版。

View all posts